08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-12-21 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)
(2012/12/10)
吉田 秋生

商品詳細を見る

 ジャケ画の青が印象的。いよいよ5巻。待ちに待ってました! 以下裏表紙より内容。

お彼岸の頃、香田家に響いた一本の電話。すずの叔母と名乗る女性は彼女を捜していたという。会ったこともない親戚の出現で、戸惑うすずに三姉妹は…。
家族の「絆」と美しい鎌倉の景観ほ情緒豊かに描いた、大人気シリーズ第5巻!


彼岸会の客 / 秘密 / 群青

 面白かったというか、しみじみとした感動が。ストーリー上の季節は夏なので、それっぽいテーマと雰囲気がとても良いです。
 今回のテーマは自分的に「死」と「絆」かなと思いましたね。まさかまさかの意外な人物に訪れる病魔。本人はそれを冷静に受け止め、周囲も静かに見守っている。他人同士なのにまるで肉親に接するように暖かな人間模様を正直羨ましく思ったり。 そしてメインキャラのひとりであるすず。今まで会ったこともない祖母と叔母が突然会いたいと言いだしてきて──。
 なにやら不穏な雲行きの展開になるのかと思いきや、実は肉親の「絆」を考えさせられる静かな感動作でした。 愛情ってお金や言葉だけじゃないのね、どれだけその人を想っているのか。その想いの大切さを感じたり。

 長女の幸が看護師設定だから、必然的に人の「死」というシーンが登場するのだけれど、いったいどのような看護が患者の心に寄りそうことができるのか。それを模索し悩む幸の姿に思わず感情移入してしまったし。
 すずを中心とした中学生組も青春まっただ中! といった感じで仄かな恋や友情などなど、瑞々しくて夏の鎌倉の日差しにも似てとても眩しすぎる~(>_<)
 これからの三姉妹+すずが一体どうなるのか? 特に長女幸と・次女・佳乃の恋の行方が気になるかな。毎回毎回ホント、無駄のない感動作! 次号も楽しみです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 漫画の感想 * Genre : 本・雑誌 * Category : 吉田秋生
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。