05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-12-30 (Sun)
ご訪問ありがとうございます☆

 今年も残すところあとわずかとなりました。早いよ、早すぎるよ!
 今しみじみ一年を振り返ってみると…今年はリアルでの仕事が忙しく、例年ほど本が読めなかったなー、ちくしょう! と言った感じです。読んでもなんだか趣味に偏っていたり、超感動!!! まさにこれがベスト本!!! というのが少なかったような気がする。もっといろんなジャンルの本や、アンテナを張り巡らせていろいろな本を読んでいきたいゾ! というのが来年に向けての展望というか願望。

 ですが、反面、ツイッターでたくさんのツイ友サンと交流させていただいて、そちら方面からの情報・オススメなどを教えていただきとても助かったというか読書の参考になったことがとっても良かったし、収穫でした。
 感動した本はほとんどツイッターから仕入れた本と言っても過言ではない! というほど充実してました、ハイ。

 というわけで、前置き長くなりましたが、今年も行きます。ベスト本ランキング!
 いつもどおり、雑多でカオス過ぎるため、今日・明日と2回に分けて曝していきたいと思います。
 (※注) このランキングは御承知の通り、管理人の独断と完全シュミなので、ご訪問者様のなんら読書の参考にはなりません!

 うっわ! うっざ! つまんねーよ、こんな個人的ランキング!! と思われる方は華麗に即行スルー推奨です。(自分でもうんざりするほど長いと思うしねー><。) それでも読んでやるぜ! という方はどうぞー!

文芸作品
第1位 大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章 サリンジャー
大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章 (新潮文庫)大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章 (新潮文庫)
(1980/08)
J.D. サリンジャー

 いきなり海外作品で。弟・バディ視点からの自殺した兄・シーモア像。難解な文章に隠された兄弟愛に胸熱。

第2位 禁色 三島由紀夫
禁色 (新潮文庫)禁色 (新潮文庫)
(1964/04)
三島 由紀夫

 ゲイをテーマとした衝撃作。(←あくまで自分的に)三島由紀夫の真骨頂?として読んだ。メインキャラの造形はさすがの巧さだったしね。脱帽!

第3位 翼をください 原田マハ 
翼をください翼をください
(2009/09/16)
原田 マハ

 まーったく期待していなかったのだけど、読了後じわじわと感動が。ミステリーとしても読めるし、稀有な女性パイロット譚としても読める、清々しい作品だった!

エッセイ&評論
第1位 おじさん図鑑 なかむらるみ
おじさん図鑑おじさん図鑑
(2011/12/07)
なかむら るみ

 もう何も言いますまい。詳細にカテゴライズされた多種多様のおじさんたちのオンパレードは圧巻の一言。 

第2位 悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 鹿島茂
悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)
(2003/06/19)
鹿島 茂

 タイトルは刺激的。でも内容は愉快。悪女を紹介しながらいつの間にか小説世界にどっぷりとハマれる楽しい一冊だった!

第3位 オタクの息子に悩んでます 岡田斗司夫 FREEex
オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
(2012/09/28)
岡田 斗司夫 FREEex

 オトボケ爆笑本かと思いきや、とっても真摯で真面目なカウンセリング?本。著者の頭脳明晰さ&あったかさが伝わってきた!

ファンタジー
第1位 童話物語 向山 貴彦
童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦


童話物語〈下〉大きなお話の終わり (幻冬舎文庫)童話物語〈下〉大きなお話の終わり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦

 王道本格ファンタジーでした。こういう正統派はあまり読まないのだけど、逆に新鮮だったかも。

第2位 帝国の娘 須賀しのぶ
帝国の娘 上 (角川文庫)帝国の娘 上 (角川文庫)
(2011/12/22)
須賀 しのぶ


帝国の娘 下 (角川文庫)帝国の娘 下 (角川文庫)
(2011/12/22)
須賀 しのぶ

 これもかつて少女小説レーベルだったので、正直あまり期待していなかったのだけど(コラコラ!)、角川版が出たので読んでみた…ら、超絶面白かった!偏見はいかん!と自分を戒めました 笑。

第3位 ミミズクと夜の王 紅玉いづき
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

 コレ…、ファンタジーにカテゴライズして良いよね? とかく評判がよろしかったので挑戦したらボロ泣き。ラブロマンス要素大のちょっとダークなファンタジーだった。

SF 
第1位 拡張幻想 
拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)拡張幻想 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)
(2012/06/28)
不明

 文句なく1位! 新人を含めた日本のSF作家の傾向を知ることのできる貴重な1冊だった。そして、面白い!

第2位 テレヴィジョン・シティ 長野まゆみ
テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)
(1996/07)
長野 まゆみ


テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)テレヴィジョン・シティ〈下〉 (河出文庫文芸コレクション)
(1996/07)
長野 まゆみ

 この作品をSFにカテゴライズしていいのかどうか最後まで迷ったんだけどね…困った時の独断と偏見 笑。 アナナスとイーイーの切ない別れに泣いた。

第3位 カシオペアのΨ C・I・ドフォントネー
世界幻想文学大系〈第20巻〉カシオペアのΨ (1979年)世界幻想文学大系〈第20巻〉カシオペアのΨ (1979年)
(1979/06)
紀田 順一郎、荒俣 宏 他

 これはホント迷って…去年はSF作品たくさん面白いの読んだのだけど、今年はうーん。唯一貴重で驚きのあった作品ということで。驚きといえば、ゴーレム100もかなり驚いた作品だったな。こっちの方がスゴいというか、トンデモ本だったかも。

ミステリー
第1位 グラスホッパー 伊坂幸太郎
第1位 ジョーカー・ゲーム 柳広司

グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
(2012/09/01)
伊坂 幸太郎


ジョーカー・ゲーム (角川文庫)ジョーカー・ゲーム (角川文庫)
(2011/06/23)
柳 広司

 同率だよー。ものすごーく迷ったのだよ、コレも。海外作品もコレといったものが無く…国内ではこの2作が自分的にダントツだったかなということで。どちらも予想外の面白さだった!

第3位 ワイルドピッチ 蓮見恭子
ワイルドピッチワイルドピッチ
(2012/07/19)
蓮見 恭子

 これも斬新な面白さだった。高校野球&ミステリーという自分的にまったく結びつかない素材で。読後感ハンパなく良かった青春ミステリー!


 とまあ、こんなトコでしょうか。
 書いてて気づいたのが、今年は時代物をほとんど読んでいないこと! うーん、みをつくしシリーズ&燦シリーズ位だったか? 面白そうな時代物何かあったら是非教えてくださーい。できればアクション系が良いな♡(あるのか?)

 ということで、明日は国内・海外10作品ずつのホントにホントの2012年のベスト作品。未だに迷ってて10作品あるかなあ…。まあ、いいや。
 とにかく、長々とここまで読んでくださった奇特な方。本当にありがとうございました!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★年間ベスト本
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by まいまい
今年も素敵な本の紹介ありがとうございました。
「おじさん図鑑」おもしろそう!
でも最近の私は、なかなか読書が進まない。
舞城王太郎、一度挫折したので
お正月休みに再チャレンジです(笑)

どうぞよいお年をお迎えください。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
一年は本当にあっという間ですね。
今年もツイッターやブログで絡んでいただき、
本当にありがとうございました。
自分もなかなか時間が確保できなくて読書が進まないー><。
困ったもんだ!

舞城王太郎は…わかります!
完読するのにはなかなか難しいクセ者サン(笑)
再チャレンジ頑張ってくださーい☆
来年もまたよろしくお願いしますねー!

* by 夕惟。
ご無沙汰しています^^;
ツイッターで惺サマのつぶやきを見て、ブログで確認してからコメントしようと思いつつ、年が明けてしまいました
(汗)
長野まゆみさん大好きです(笑)
『雪花草子』懐かしです!!高校の時読んで、あの世界観が好きで、今も本棚にあります^^
文庫になったんですね~買わなきゃ(笑)

紅玉いづきさんも大好きで読んでいます。
(私はどちらかというとファンタジーとか児童文学とか少女向けが多いんですよね;)
『帝国の娘』も本棚にはあるのですがまだ読めていないーー(>_<)
昨年はあまり本も読めず、惺サマの読まれた本をちょこっと読むくらいでした;今年はもう少し読みたいなぁ。
本年はもう少し絡めるようにします^^;
よろしくお願いいたします!

Re: 夕惟。様☆ * by 惺
こんばんはー!おひさしぶりです☆
長野まゆみさん!
いつものSFテイストとは全然違って、ちょっとお耽美なこの作品好きで!
目からウロコのストーリーたちでした。素敵…^///^
紅玉いづきさんもいいですよねー。
ガーデンロストを最初に読んで結構衝撃的だった!
ミミズクもファンタジーでボロ泣きした覚えが 笑。

自分も最近はリアルが忙しくなって読書ペースが落ち気味(>_<)
今年は(も)マイペースで読んでいこうかなと。
こちらこそ絡んでやってくださいね。
今年もよろしくおねがいします!良い年にしたいですね☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。