09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-01-07 (Mon)
ご訪問ありがとうございます☆

ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)
(1976/10)
夢野 久作

商品詳細を見る

 とうとう読了してしまいました…下巻…実は自分、かなりというか大変面白く読めてしまったのですが。不覚にも感動したよ…以下BOOKデータベースより内容…と思ったけど、なかった。文庫裏表紙にもない。まあ、内容書きづらいよね、この話。

 ということで、奇天烈・超クセのある上巻とはうって変って、下巻は本格的推理劇の謎解き編と言った感じでした。雰囲気としては江戸川乱歩や谷崎潤一郎、横溝正史(読んだことないけど)あたりに似ているカンジが。
 はっきり言うけど、これはやはり名作&傑作だなと。上巻全体が壮大な伏線であって、下巻はそれを見事に回収してゆくという素晴らしさ。読んだ限りでは矛盾は感じなかったし。

 精神病理をテーマとしているのは変わらずに、下巻でははるか中国・唐時代までさかのぼる予想の斜め上をいく因縁エピソードが超展開。
 「私」の一族の祖先である呉青秀が書いた絵巻物にまつわる想像を絶する物語がなんとも幻想譚っぽくて読ませる。その呪われた絵巻物の秘密を握る正木と若林の両天才。そして「私」の母親とおぼしき呉千代子との三角関係─と、よもやの入り組んだ人間ドラマへと発展。
 その間にも、正木教授の遺書と題する文書が提示され、それがまた映像的構成であったり、寺に預けられた呉家に伝わる呪われた絵巻物の伝承縁起等描かれていたりと、なかなか劇的な構成となっているところも凄かった。真面目な論文形式であったり、旧かな遣いを駆使した伝承文であったり、会話文多用の独白形式であったりと自在に変わる文体に驚かされっぱなしだった。

 読了後すぐに思ったのが、この話は父と息子の葛藤の物語なのだなあと。さらには母から息子への惜しみない愛情の物語でもあると。
 狂気の精神病科教授正木が計画した恐ろしい人体実験。それは息子を犠牲とし、呉一族を不幸に陥れる。そんな息子の逃れられない運命を予感しなんとか回避しようとする母親。
 クライマックスでの正木と「私」の対話シーンがとても感動的だった。ここでほとんどの謎が解決するのだけれど、もっともらしい持論を繰り広げる正木に対し、涙ながらに彼を断罪する「私」の姿に泣けた。作者の狂気と良心を描くバランス感覚のよさに思わず唸ったシーンでもあった。

 同時に天才同士の正木と若林。両博士の対決もスリリングで超絶面白い。どちらが「私」にとって敵か味方か? 真実を語っているのはどちらなのか? 「私」は無事記憶を取り戻すのか? 果たして稀代の殺人鬼・呉一郎本人であるのか? 
 などと、ミステリー要素は充分。おそらく大抵の人が引いてしまうのは上巻だと思うのだけど。はっきりいってキモチ悪い文ではある。
 だけど、視点を変えて読むと、作者の見事な文章技術と卓越した知識が詰め込まれた内容だと思う。当時の精神医療に対する痛烈な批判などはもっともだと思うし、記憶や脳髄に関する知識なども豊富。なによりこの上巻がこの作品の核となっているのだから、ここで挫折してしまうのはとても惜しい。
 冒頭とラストも秀逸。昏迷する「私」の心と精神。出口のない無限ループを暗示するとってもよい構成かと。

胎児よ 胎児よ 何故躍る 母親の心がわかって おそろしいのか

 冒頭の巻頭歌がとても切ない。無垢な美少年・呉一郎の運命が胎児の頃から既に呪われ逃れられない。
 奇書と言われているけれど、自分的には傑作だと。こんな作品、今の時代で書ける作家が果たしているだろうか?
 読了後精神に異常など来すわけもなく、逆に感動で涙腺崩壊したし。煽り文だけで読まず嫌いをしていた自分にちょっと反省。

 運命を仕組まれた子供、呉一郎。と思い、連想したのが即エヴァ。
 両親の愛(特に父親)に恵まれず、自分の思いもよらぬところで運命が回り悲劇をもたらす─こういったテーマは不変で受け入れられやすいテーマなのだなと。
 クセある作品ですが、傑作です。偏見もたずにぜひ読んで欲しいなあ。としみじみ思ったのでした。感動&感涙←涙腺弱いのだ。
 しかし!あのジャケ画はどうにかならんものか? いくら有名な方の手によるものだとしても著しく作品の内容とかけ離れている気がする。ジャケ画変えるだけでも読む人増えると思うよ…なんて余計なお世話だね 笑。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 夢野久作
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by igaiga
なんか面白そうですね(^^)
乱歩チックなのですか。
この方の表紙、特徴ありますから(^^;)
書店で見たことがあったような・・・
図書館にあったらいいな~。
今年読みたい1冊に追加♪

Re: igaiga 様☆ * by 惺
こんばんは!
ビクビクしながら読んだのだけど、
予想外の面白さでした!
上巻がやたらクセあるので、それをクリアできたら
あとはサクサクイケます。
下巻はよもやの感動作で!←あくまで自分的に。
お外で読む際はブックカバー必携かも…笑。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。