03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-01-14 (Mon)
ご訪問ありがとうございます☆

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)
(2012/12/05)
大沼紀子

商品詳細を見る

 やっと出た3巻目。自分的にまよパンの安定の面白さ。以下BOOKデータベースより内容。

夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。今回のお客様は希実につきまとう、少々変わった転校生。彼が企む“計画”によりパン屋の面々は、またもや事件に巻き込まれていく。重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾。

 最近話題のシリーズもの(古書堂とか珈琲店とか)の中で自分的に(こればっか)は一番好きかも。
 パン好きだしねーというのはどうでもいいけど。読んでいて飽きないし、キャラクターも皆個性的で活き活きしていて憎めないヤツばかりだし。
 ラノベテイストなので、軽いかな―と思うと二転三転するストーリーに、割と重いキャラ造形とか。設定になかなかが深みあるなと。

 ヒロイン希実のクラスに腹話術の人形を抱えた珍妙な男子転校生・孝太郎がやってきた!というイントロからしてインパクト大。さらに自称魔術師の医師・阿部とこだまと孝太郎の父親でもある医師・美作。この三人がキーパーソンとなって物語は展開。
 ベースは孝太郎と美作の父と子の葛藤・確執と和解の物語なのだけど、これにまた名(迷?)サブキャラの阿部が絡んで予想外のハートフルストーリーになるのだから面白い。
 今回は希実が大活躍。ねじれた関係の孝太郎と美作をなんとか修復させようと奔走する彼女が健気で一生懸命で、読んでいて思わず感情移入。頑張れ!とエールを送りたくなってしまうほど。奇妙奇天烈だった孝太郎も、実は心の奥に暗く重い影というか闇を抱えていて、ものすごく複雑な心情が良くわかったし。

 で、もうひとり、その孝太郎と美作の父子関係を修復させようと奔走するのが悪評高き医師の阿部。実はそれは誤解だと後に判明するのだけどね。飄々としていてまさに魔法使いのよう。洒落た台詞廻しも全然嫌味ではなかったし。美作との悪友親友ぶりも読んでいて爽快だった。
 2巻がイマイチだったので(自分的に笑)、余計に今作は面白く読めた。キーパーソンの3人だけではなく、レギュラーキャラたちもそこここで地味に活躍してるしね。で、相変わらずパンの描写は美味しそうだし。今回はフルーツサンドがもうね、超絶美味しそうだった。

 大団円の後には何気に含みを持ったラストをもってくるところも巧いなと。
 希実の隠された過去とその母親がさりげなく登場してくるあたり、次巻がむしょうに読みたくなってくる。謎多き希実の過去って一体なんなのか?
 それが明かされることを期待しつつ、次巻楽しみだな!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 大沼紀子
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
こんにちはー☆
ははっ(>∀<)やっぱり2巻はね・・・
私もそうでした・・・(笑)
3巻早く読みたいな~~♪

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
そうなのよねー。
2巻が自分的にアレだった分、
この3巻は楽しめた!
面白かったのでおススメですー☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。