10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-01-30 (Wed)
ご訪問ありがとうございます☆

一流役員が実践している仕事の哲学一流役員が実践している仕事の哲学
(2013/01/17)
安田 正

商品詳細を見る

 クロスメディア・パブリッシング様からの献本。以下BOOKデータベースより内容。

一般社員55万人、役職者1000人に聞いた「事実」です。
今、会社のトップにいるような人たちは、どんな哲学を持ち、どんな仕事をしているのでしょうか?
本書では、大手から中小企業まで一般社員5万人(会社全体では55 万人)、1000 人の部長以上の役職者(専務、常務、社長など)を相手にビジネスを行ってきたコンサルタントが、
実際の研修やアンケートを通して発見した「平社員で終わってしまう人」「部長止まりの人」「役員まで行ける人」の習慣、
そして彼らの持っている哲学について述べていきます。 たとえば、
「ごちそうをしてもらった翌日、平社員は90%がお礼メールをしない。
部長でも、80%がメールをしない。
しかし、役員クラスでは100%朝7 時にメールが来る」
のように、役員以上なら誰もがやっていることがあります。
その事実と理由を、全36 項目、余すことなく盛り込みました。
知識や教養としても、ノウハウとしても、自己啓発としても発見のある秀作です。


第1章 平社員と部長と役員の違い
第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事
第3章 平社員で終わる人 部長止まりの人 役員までいく人


「仕事の哲学」…なにやらとても難しそうなタイトルですが、内容はものすごーく簡潔でわかりやすい。
 著者が出逢った様々なビジネスマン(トップから一般まで)を見て得た印象と事実を端的に述べてます。それぞれの章の中でさらに詳細なカテゴリがあり、ラストに的確な一文と著名人の一言が添えてあるのもインパクト大。
内容によってはビジネスシーンだけではなく、日常生活にも応用できそうな事例があったりと。
 例えば内容にもある
ごちそうをしてもらった翌日、平社員は90%がお礼メールをしない。部長でも、80%がメールをしない。しかし、役員クラスでは100%朝7 時にメールが来る
 というのがそれ。ごちそうしてもらったらお礼のごあいさつ。これは大人として常識かなと思うのだけどね。このように生活に密着した事例からビジネス特有の事例まであり、読んでいてなかなか勉強になった。

 本書のテーマはあくまでもトップビジネスマンの心がけ。「一流」になるにはどういう心のモチベーションであればいいのか?
 その実戦方法と具体例が豊富に記載されているので自分的には目からウロコだった。リアルトップビジネスマンはまさに仕事一筋。その仕事に対する意識の高さは尋常ではないな、と本書を読んで感心しきり。ある意味仕事をする上での意識の高揚法が書かれているのではないかなと思ったし。

 自分的にちょっと面白かったのが第一章 12 aboutおみやげ
平社員は、道すがら買う 部長は、有名ブランドの銘菓 役員は、包装紙で決める
 というのがね、ツボすぎて。著者はホント細かいところまで着眼しているなあと。

 堅苦しくなく、サクッと読めるビジネス書。インパクト強い言葉と共に著者独特のビジネスにおける心構えも堪能できてなかなかおトクな一冊でありました。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 紹介したい本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。