07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-02-02 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
(2012/03/24)
柳 広司

商品詳細を見る

 やっと来た…図書館の順番が! 待ちに待ってたよ! ということで以下BOOKデータベースより内容。

大日本帝国陸軍内に極秘裏に設立された、スパイ養成学校“D機関”。「死ぬな。殺すな。とらわれるな」―軍隊組織を真っ向から否定する戒律を持つこの機関をたった一人で作り上げた結城中佐の正体を暴こうとする男が現れた。英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライス。だが“魔王”結城は、まるで幽霊のように、一切足跡を残さない。ある日プライスは、ふとした発見から結城の意外な生い立ちを知ることとなる―(『追跡』)。ハワイ沖の豪華客船を舞台にしたシリーズ初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む、全5篇。

誤算 / 失楽園 / 追跡 / 暗号名ケルベロス 前後篇

 前2作を読んだのが遥か昔なので記憶が怪しかったのだけど、コレを読み進めていくうちにだんだんと思い出した!あのテンションと作風は変わらず、今回はちょっとストーリーに変化球をつけて読ませてくれました。

 自分的に一番好きなのは「追跡」かな。あのD機関の立役者・結城中佐の過去が明らかに? という美味しい展開で。
 謎めいた彼の出自もそれなりに隠れた高貴さ?というか。納得のゆく過去語りだったのだけど…そして実は…というこれまた急展開。
 一筋縄では明らかにならない中佐の過去に焦れたりして。一杯食わされました 笑。

 「誤算」もなかなかの面白さ。でも記憶喪失エピソードって他にも無かったっけ? 自分の記憶違い?
 まあ、それはともかく。これもまた裏に裏をかくストーリーで面白かった。ちょっと主人公が超人すぎてリアリティ感じなかったところもあるけれど。
 ミステリアスな流れから次第に真実が透けてくる─という流れはとてもスリリング。
 
 「失楽園」はタイトルロールだよね。これはちょっと入り組んでたというかこじつけ?的な感じだったのだけど(自分的に)、愛する恋人を救おうと奔走する若きアメリカ軍人。その彼を影で操る我らがD機関のスパイという構図が面白かった。

 ラスト「暗号名ケルベロス」は自分的にイマイチ…というか自分の頭では理解できなかった。Uボートに最強の暗号エニグマとガジェットは雰囲気あるある! だけどちょっと難解で…ラストの意外な犯人というかスパイの正体にもえ?そうなんだ…とちょっと呆然。ラスト、D機関の内海が子供引き取ることになるらしいんだけど、大丈夫なの? だってあなたスパイでしょ…といらん気を廻してしまった…笑。

 今回はD機関スパイ達の華麗なる活躍というよりは、彼等に翻弄されるターゲットというエピソードが多かった。謎めく結城中佐は相変わらず謎なまま。ぜひぜひ、彼の過去と正体を知りたいものだなとつくづく思いながら読了しました!
 ジャケ画の結城中佐がめちゃくちゃイカしてるぜ! 

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 柳広司
* Comment : (0) * Trackback : (2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『パラダイス・ロスト』 柳 広司
旧日本陸軍のスパイ組織・D機関の活躍を描いた『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第三弾『パラダイス・ロスト』。スパイたちの繰り広げる頭脳戦は、読むたびに痛快で、ハラハラドキド …
2013/02/03 12:05  日々の書付
スパイ小説 第3弾
小説「パラダイス・ロスト」を読みました。 著者は 柳 広司 「ジョーカー・ゲーム」シリーズ 第3弾 今回もD機関のスパイを見せていく構成 3つの短編と初の中編が1つ 最初の2つ …
2013/04/29 17:37  笑う社会人の生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。