09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-02-08 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)
(2012/09/20)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る

 以前から読みたかった1冊。犯罪小説集はものすごく面白くて谷崎潤一郎の別な一面を見た思いだったけど、こちらはまさに真骨頂といったカンジ。以下BOOKデータベースより内容。

女郎蜘蛛の入れ墨を背に彫り込まれた娘が、自らの裡にひそませる欲望を解き放ち、あざやかな変貌をとげる「刺青」、恐怖に取り憑かれた男の禁断の快楽を描いた「悪魔」、女の足を崇拝する初老の男と青年が、恍惚の遊戯に耽り、溺れていく「富美子の足」など、情痴の世界を物語へと昇華させた、谷崎文学に通底するフェティシズムが匂い立つ名作6篇。

刺青 / 悪魔 / 憎念 / 富美子の足 / 青い花 / 蘿洞先生

 濃いです。どれもみーんな。凄かった。
 いつものごとく中でも印象に残った作品をいくつか。

刺青
 これってかなり有名な作品だよね。だけど、こんなに短篇とは思わなかった!
 刺青師の男が長年あこがれ続けた理想の女性──に念願の刺青を施すまで。
 まだあどけない十六・七の少女が男によって彫られるうちに自らの裡の「女」に目覚めるという──。
 男の心理もさることながら、刺青によって精神的にも肉体的にも鮮やかに変貌を遂げた少女が怖くもあり美しくもあり。
悪魔
 自分的に終盤まではどうでもいい(コラコラ!)。白眉なのがラスト。主人公佐伯が美女照子の鼻をかんだ手巾を愛でて愛でまくる(!)描写がスゴい。
 リアリティある傍目にはちょっとキモチ悪いくらいの執拗さがいかにも谷崎らしいというか。フェティシズムの真髄を見た思いがひしひしとしました、ハイ。
憎念
 これはどちらかというと嗜虐性(あ、いわゆるSね)の目覚め?的なストーリーで。
 安太郎少年が成長と共に自分の本質・(性的?)嗜好を自覚してゆく様が淡々と描かれていて、却って怖くなる。
富美子の足
 これ、どこかで一回読んだことがあるような。
 美女富美子の「足」に憑かれた青年・宇之吉と老人の異様で独特な愛情関係。
 老人の愛人である富美子がSであるなら、老人はまぎれもなくMかな。さらに足フェチでもあるという。
 病魔に侵され身体がままならなくなった老人が、宇之吉の顔面を富美子に踏ませて歓びを得る──という背徳的でありながらも官能的なシチュエーションとフェティシズム描写の極みに思わず拍手を送りたくなった。圧巻!

 自分は犯罪小説集を読むまで谷崎作品殆ど読んでいなかったのだけど、これはその犯罪小説集とは明らかに作風も世界もまったく違う。そのことが余計、谷崎天才!って思ってしまったのだけどね。最初江戸川乱歩と似ているなあ…なんて思っていたけれど、いやいやいや、まったく違う。より洗練されていて描かれる狂気(というと過激だけど)も洗練されていて美意識高い。
 いやホント、お耽美で濃厚な谷崎ワールド堪能させていただきました。撫子凛様のジャケ画も素晴らしく素敵です!ごちそうさまでした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 谷崎潤一郎
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by レナ
これは読まなくては・・・! ザ・谷崎ワールドって印象ですね。

Re: レナ様☆ * by 惺
こんばんは!
かなーり濃かったですよ!
これぞ谷崎!ていう気がしました。さすが足フェチ 笑。
よろしかったら是非ご一読を^∇^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。