08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-02-14 (Thu)
ご訪問ありがとうございます☆

百年前の日本語――書きことばが揺れた時代 (岩波新書)百年前の日本語――書きことばが揺れた時代 (岩波新書)
(2012/09/21)
今野 真二

商品詳細を見る

 図書館の新刊本だったのでつい借りてしまった。百年前の日本語─ちょっと興味そそられて読んでみました。以下BOOKデータベースより内容。

漱石が自筆原稿で用いた字体や言葉の中には、すでに日本語から「消えて」しまったものがある?
―百年前の書きことばが備えていた、現代では思いもつかない豊かな選択肢。活字印刷が急速に発達した時代の、私たちが知らない“揺れる”日本語の姿を克明に描き、言葉の変化の有り様を問う、画期的な日本語論。


第一章 百年前の手書き原稿─夏目漱石「それから」の自筆原稿
第二章 「揺れ」の時代─豊かな明治期の書きことば
第三章 新しい標準へ─活字印刷のひろがりと拡大する文字文化
第四章 統一される仮名字体─失われた選択肢
第五章 辞書の百年─辞書を通してみた日本語の変化


 自分が想像していた内容とはまったく違ったけれど、なかなか興味深く読めた。
 内容的にいわゆる「文法」として分類されるのかなあ。自分的に今では使われなくなった、あるいは死語となった言葉を発掘・分析してゆくのかと思っていたらまるで違っていて。
 現在のように一語につき一議(ひとつの意味)ではない、一語に対してその表記法・読み等が幾通りにも使えた、もっと自由な表現方法だった今から百年前の明治時代の言葉をより詳細に解説・分析した著書でありました。

 例えば、ハンカチを現す語として、手巾・手拭・帨・半手巾等、幾通りもある。これらを語の「揺れ」と定義しているところがなるほどなと。
 さらに夏目漱石の手書き原稿を例に挙げて、漱石は旧字体と新字体を分けて書くことなく、随所随所それらを織り交ぜた折衷体で原稿を書いていた──など、興味深い説も紹介されていたり。
 それは逆に言うと、書き言葉に対する「標準化」がなされていなかったともいえるわけで。時代を経るうちに現在のような一語につき一義という、統一した言語体系に収斂されていくことがよくわかる。

 かなり専門的で、最初おぉっ? と思ってしまったのだけど、普段めったに意識しない言語、特に日本語の歴史と変遷を振り返るという意味では意義ある1冊でありました。この百年で使われなくなった言語─例えば旧かな遣いのゐ・ゑなどを「痕跡」と位置付けているのにも納得。
 この先の百年でもきっと日本語は地味に多様に変化してゆくのだろうな、と思わされた本。大変勉強になりました。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 新書・文庫レビュー * Genre : 本・雑誌 * Category : ★初めまして ~このブログについて~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。