06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-03-02 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

宇宙の戦士 (ハヤカワ文庫 SF (230))宇宙の戦士 (ハヤカワ文庫 SF (230))
(1979/09)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る

 以前から気になっていた作品。図書館でたまたま新刊コーナーにあったので即借り。以下文庫裏表紙より内容。

単身戦車部隊を撃破する破壊力を秘め、敵惑星の心臓部を急襲する恐るべき宇宙の戦士、起動歩兵。少年ジョニーが配属されたのは、この宇宙最強の兵科だった。
そこでジョニーは、一人前の戦士となるための地獄の訓練をうけることになる……やがてジョニーは、異星人のまっただなかへ殴り込み降下をかける鋼鉄の戦士に成長していた!未来の苛烈な宇宙戦を迫真の筆致で描き、ヒューゴー賞に輝いた、巨匠ハインラインの傑作。


 あの「夏への扉」「月は無慈悲な夜の女王」とはまったく違った作風に驚き。前2作はある意味ロマンというかファンタジー的なストーリーだと個人的に思うのだけれど、この作品はなんというかシビアです。←語彙無さ過ぎ><。
 出版された年代が1960年代。ちょうどベトナム戦争の頃と知って納得。イマイチSFっぽくなくて、どちらかというと戦争をテーマにしているなあと。
 軍隊に入隊した少年がしごきにも似た訓練を受けて一人前の軍人になる…というある意味王道的な内容。だだ、ここでは軍人ではなく「機動歩兵」になる、というのがSFっぽいガジェットになってるのだけれど。

 連想したのが、なぜか「図書館戦争」とか昔の映画「愛と青春の旅立ち」(←知ってる?やっぱり軍隊でシゴかれて一人前の軍人になる話)。
 勢いで志願兵となったジョニー。何の適性も無かった彼が行きついた先は最も過酷な兵科。←陸軍のようなもの?「機動歩兵」の精鋭となるべく過酷な訓練の日々が始まり、その地獄の日々の中で知る友情と恩師との絆。いくつもの出会いと別れの中で成長してゆくジョニー…という一人少年の成長物語として充分楽しめる。で、その背景にある人類VS非人類との戦いは、ジョニーの最終試験に活かされてくるという構成の巧さ。

「機動歩兵」という設定が当時とても斬新だったようで。後で調べたらなんと、この作品あのガンダム誕生のきっかけの作品だったらしく。そういえばタイトルからしてそうだよね。あっちは機動戦士だし。
 その「機動歩兵」が着用する「パワードスーツ」─人間の能力を最大限もしくはそれ以上に増幅する一種の装甲具が、後々の「多くのSF作品で類型の兵器を生む源流となった」(ウィキより引用)らしく、ジャケ画のイラストを見て思わずガンダムに似てる!と思ったのも確か。それほど当時のSF界ではインパクトある作品だったらしい。

 ただ内容的にはいろいろと賛否両論あったようなのね。詳しくは書かないけれど、作者の思想と斬新なアイデアが詰まった傑作。ということになると思う。一人の少年の青春を描いた作品とも言えるし。ラストで明らかになる人種に関係した秘密などもおお!と思ってしまったし。SFという枠には収まらない有名作なのだなと思って読了。ハインラインの違った一面と作風が楽しめて良かったかも。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : ハインライン
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。