09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-03-12 (Tue)
ご訪問ありがとうございます☆

あのころのデパートあのころのデパート
(2012/08/22)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

 ものすごくかわゆいジャケ画に一目ボレ。長野まゆみさんのエッセイ的な作品って初めて読むかも。以下BOOKデータベースより内容。

昭和のよそゆきのお出かけとは、家族でデパートに行くことでした――。
大食堂でお子様ランチを食べたら、屋上遊園地へ。かつて家族の贅沢な楽しみだったデパートも、時代と共に変わってきました。百貨店の成り立ち、包装紙のオキテ、店員のおじぎの角度や独特の言葉遣い、店内アナウンスや雨が降った時にかかる曲名まで、勤務経験者でないと知り得ないデパートの秘密いっぱいの愉しい読み物。


 もっと軽くてほんわかした内容かと思いきや、ご自身の体験を含めた実はなかなか硬派な内容でちょっと驚きでした。
 元デパート勤務だったのですね。知らなかった!意外な前職を知って一気に読了してしまった。長野さんが勤務していた30年前(正直驚き…そんなに前なんだ!)のデパートの内情暴露的なエピソードもアリ、デパートの歴史にも触れていたりと、うん、勉強になった気が。
 描写がね、やはり細やかなのですよ。美大ご卒業という経歴ゆえか、商品ひとつひとつの説明が具体的でそのものを見ているよう。家庭用品売り場ご担当だったらしく、絨毯やテーブルクロスの描写が美しいのなんの! 
 御幼少時代の体験・思い出が著作に影響していたりとかね、ポロっとネタバレ的な話があるのも面白い。

 中盤の、今現在の有名どころのデパート見学記もさすがの描写でかなり面白く読めた。なかなかシビアな視点で語られるのも自身が勤務していたゆえなのかなと。家族で行ったデパート思い出として、屋上動物園とかお子様食堂とか。都電でデパートというエピソードにえ?そんなに昔?とちょっと驚いたりして。長野さん、意外と昔の方…などと不謹慎失礼! というか、昭和ってもうそんなに昔なんだ…ってあらためて想ったり。
 さらにご自身が新卒で勤務したデパートの思い出とか。当時のデパートの内情が窺えて面白い。ちなみに、K百貨店(確か)となっていたけれど、フフフ…何処のデパートにお勤めだったかわかってしまったのだ。吉祥寺にあった今はなき関西系のデパート。今は某カメラ店になっているところだよね。←どうでもいい。

 ちょっと個人的思い入れが感じられるのも御愛嬌。想像していた内容とはかなり違ったけれど、長野まゆみさんの違った一面、デパートの歴史を知れて自分的には面白く読めたかな。いつもの小説の幻想的な文章・雰囲気とはまったく違った(当たり前だ)親近感湧きまくる1冊でした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : エッセイ/随筆 * Genre : 本・雑誌 * Category : 長野まゆみ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。