03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-15 (Mon)
いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
ご訪問本当にありがとうございます!


 4月ももう中旬。
 入学・進学・就職された方々は新しい環境に慣れた頃でしょうか?
 自分の周囲も何やかやと変化があって、ああ、新年度だなあ…としみじみ。
 ということで4月前半に読んだ本です。←唐突w

ソーシャル時代のハイブリッド読書術ソーシャル時代のハイブリッド読書術
(2013/03/26)
倉下 忠憲

商品詳細を見る
  書評ブログをやられている方必見の書! とまではいかないけど、読書の新たな可能性を示唆している本。読書管理の仕方・読書SNSの紹介等、本好きにはたまらない1冊なのでは?


ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
(2002/07/10)
岩井 志麻子

商品詳細を見る
  久しぶりの再読。始読の時はやたら怖かった覚えがあるのだけど、2度目の今回は怖いよりも気持ち悪さが際立ってた! 岡山弁がまた土着的な雰囲気を巧く醸し出していて…作者サン巧いなあ…と。独特の世界観に脱帽でした。


せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)せどり男爵数奇譚 (ちくま文庫)
(2000/06)
梶山 季之

商品詳細を見る
  ビブリア古書堂にあったらしく…自分は全然覚えていないのだけど、最近良くこのタイトルを聞いたり目にしたりするので挑戦。せどりや古書は今ではかなりメジャーなジャンルになったけれど、その元祖的な作品だと思った。


饗宴  恋について (角川ソフィア文庫)饗宴 恋について (角川ソフィア文庫)
(2012/07/25)
プラトン

商品詳細を見る
  初プラトン。難しかったよーう!有名なアンドロギュヌスの寓話が読めて満足なのだけど、当時のギリシア人の「愛」に対する考え方がわかったような。同性愛推しとは意外な内容ですた…。


少年十字軍 (一般書)少年十字軍 (一般書)
(2013/03/07)
皆川 博子

商品詳細を見る
  皆川博子の味付けによる史実としての「少年十字軍」、という印象だった。自分的にかなりエンタメ作を期待していたらちょっと肩すかしでした。重厚な歴史譚といったカンジ。

 小説類は以上の5冊。最近時間がなくてね…><。 で、今回特に面白かったのがコチラ↓
CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]
(2013/04/06)
不明

商品詳細を見る
 年に1回の充実読書特集! 今年もやってくれました。毎年買っている気がする。読書の参考にしたいゾと。

 ということで。前半の読了本はこれまで。一番面白かったのがそうだなあ…せどりかぼっけえかな。どちらも独特の世界観を持った作品。インパクト強すぎた!

 4月後半は予約していた本が続々と回ってきているのでやたら楽しみです~。面白そうな本ばっかりで。
 今読んでるクラーク「幼年期の終り」もなかなか。ラストが気になる気になる!
 あっと言う間に5月の連休もすぐそこ。あまり自分には関係ないけどじっくり本が読めればいいな~と。
 ではでは4月後半もおヒマなおりにはこのブログ、のぞいてやってくださりませ。

4月前半にいただいた拍手コメントのお礼は追記にてどうぞ!
 いつも本当にありがとうございます!


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆

ゆう様☆
ソーシャル時代のハイブリット読書術

おもしろかったですよー!
読書ブログやっている方にはかなりおススメな本かと思われます!
拍手コメントありがとうございました。


雪野真優様☆
箱根に行ってきました☆

箱根のエヴァ化は噂には聞いていたものの…想像以上でした。
街おこし頑張ってるなー!って印象で。
久しぶりの箱根、楽しんでまいりました。
拍手コメント、いつもありがとうございます!
関連記事
Theme : 読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。