05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-05-03 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

キミトピアキミトピア
(2013/01/31)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

 強烈な個性の作風だけど、なぜか嫌いじゃない舞城王太郎氏の最新刊(多分)。かなり期待して読了しました。以下BOOKデータベースより内容。

離れても、壊れても、二人のYOUTOPIAを信じてる。あなたが見せるその「優しさ」ってなんか違くない? 夫が分泌するものに、妻は名前をつける(「やさしナリン」)。許せない渾名の先輩をストーキングする私の親友(「ンポ先輩」)。一人ぼっちの部屋に突然現れたもう一人の自分(「あまりぼっち」)。話題作に書下し三作を追加、舞城最多七篇で編むトータル・ストーリーズ。

夫の「優しさ」を耐えられない私(「やさしナリン」)、進路とBITCHで悩む俺(「すっとこどっこいしょ」。)、卑猥な渾名に抗う私(「ンポ先輩」)、“作日の僕”と対峙する僕―(「あまりぼっち」)。出会いと別離のディストピアで個を貫こうともがく七人の「私」たちが真実のYOUTOPIAを求めて歩く小説集。第148回芥川賞候補作「美味しいシャワーヘッド」収録。


 7作の中~短篇集。
 舞城作品はもう不条理感ハンパなくてかなりグロくて大変なのですが。読んだ後の消耗感がものすごくて。
 前作の「短篇五芒星」あたりからものすごーくマイルドになってきたような気が。かなり「普通」感が漂っていて読み易かった。
 気になった作品をいくつか。

やさしナリン
 子持ちの主婦がメインキャラ。
 作家で子持ちの主婦櫛子から見た夫とその妹。あまりにも人が良すぎて、他人の不幸を見過ごすことができない夫に対しての櫛子の葛藤を、あの舞城節で書かれた貴重な1作だと。
添木添太郎
 自分的に一番好きな作品。
 舞城作品らしく、日常生活の中に突然非日常が出現するというね。しかも何の不自然さもなく。
 少年と少女2人の成長物語なのだけど、淡い初恋ストーリーとしても読める。身体が弱い(それも尋常な弱さではなく)ひとりの少女をめぐって、彼女を無意識のうちに護ることになる少年と少女。その背後にはなにやら得体の知れない「神」のような存在がいて──。
 その「神」の名前が添木添太郎なのかしらー?と思ってみたり。
すっとこどっこいしょ
 とある男子の青春ストーリーと読むべきか。恋の裏切り?を知って成長するアンパンマンこと梨木少年。
 お得意のグロい表現はかなりマイルド化されているけれど、独特の舞城ワールドは健在。

 等々、わりと日常に根差した作品が多いのだけれど、中にはタイムスリップ・お得意の不条理もの、などバラエティに富んだテーマのストーリーで飽きさせない。ラストの美しいシャワーヘッドは芥川賞候補にもなったそうで。
 舞城作品はオチがすとんと来るものが少ないからなかなか理解し辛いものがあるよね。年代や人を選ぶ作品なのかと思うけれど。
 独特な言い回しやグロさの中にも、作者の暖かい視線を感じる作品もあって個人的には好きなんだよね。
 ホント、最近の作品はかなり読みやすくなって間口(!)が拡がった気がするな。ホロッと感動したり考えさせられたり。グロさにおおっ!引いてみたり。
 いろいろな楽しみ方ができるし、気が抜けないある意味スリリングな作品でした!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 舞城王太郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。