09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-05-16 (Thu)
ご訪問ありがとうございます☆

Pen (ペン) 2013年 6/1号 [雑誌]Pen (ペン) 2013年 6/1号 [雑誌]
(2013/05/15)
不明

商品詳細を見る


 本屋で見つけて即買い!表紙に持っていかれました!以下BOOKデータベースより内容。

【完全保存版】これを知らなきゃ、日本文化は語れない 少女マンガ 超入門!
少女マンガを読んだことがない……って? それは日本が誇る文化の一面を知らないに等しい。
40年を超える長寿連載、累計5000万部を超える単行本、シリーズ100巻を超えた作品……その絶大な人気だけでなく、少女マンガは世界に類を見ないほどオリジナリティにあふれている。
世界史、日本史、文学、SF、哲学から恋愛、性にいたるまで、描かれる世界は限りなく幅広く、ストーリーは時空も時代も超え、大河ドラマのごとく深く切り込んでゆく。
ときに女たちの世相を映し出し、ときに世の中や経済にも多大なる影響を与える。
そんな少女マンガのディープな世界を、超入門レベルから指南。まずはいますぐ読むべき大作6本からご紹介。早速ページをめくろう。


これを知らなきゃ、日本文化は語れない。少女マンガ超入門! 
 …という大特集というね。食いつきました、ハイ。

リボンの騎士 手塚治虫 
原点はここにあり!夢とロマンの殿堂。
今さら自分が言うまでもなく。巨匠・手塚治虫氏の作品。少女向けストーリーマンガの先駆け的作品なのだとか。
王子にも王女にもなれるサファイアというキャラの斬新さが特筆に値するらしく。少女マンガの原点と言っても過言ではないよね。自分は未読なのだけど、少女マンガの基礎を男性マンガ家が築いたというのもまた面白いかなと。

ベルサイユのばら 池田理代子  
フランス革命を日本に知らしめた金字塔。
これは…自分も読みました。なんたって超名作!マンガによる歴史大作のこれも先駆的作品(少女マンガ限定で)?こちらもまた男装の麗人オスカルが斬新なキャラで。このオスカル創造がベルばらの成功の一端を担ってると信じて疑いません!リボンの騎士といい、ベルばらといい、当時としてはかなり珍しいジェンダーを取り入れた作品という意味ではかなり貴重なのかも。

ガラスの仮面 美内すずえ 
「恐ろしい子、マヤ」の演技に引き込まれる。
うわー!自分、コレ未読なのです。今から読みたいなーと思っても読破するのに一体何巻まで読めばいいの?と読む前から萎え気味で。かなりハマるとの噂をきき、興味はあるのだけど…。
この特集を読んでいるだけでも、マヤってすごそう&面白そうだ!

日出処の天子 山岸涼子 
聖徳太子という「カリスマ」を大胆に描く。
自分、山岸涼子というと、この作品やアラベスクよりも、精神的に怖いマンガ?の方を思い浮かべてしまって。天人唐草とかスピンクスとか。
なので、純和風歴史ロマンというのに正直驚きました。全巻読んだんだけど、やはり、聖徳太子の狂気は健在というか。うーん、ちと違うか。孤独で孤高の天才というのかな。聖徳太子=厩戸皇子にとって運命の相手?である蝦夷の心理描写も巧みで面白い。

ポーの一族 萩尾望都
少女マンガを文学に昇華させた大傑作。
ハイ、そうです。大傑作です。24年組の中で一番好きな作品であり、マンガ家さんです。
もう何も言いますまい。永遠の時を生きる少年、バンパネラのエドガーの時空超えて生き続ける虚しさ・哀しさが辛い。ミステリーの要素を取り入れて、凝った作りにしているとか。
パタリロ! 摩夜峰央
予測不可能、荒唐無稽なギャグワールド!
このマンガに登場するバンコランが、とあるミステリー作品に由来すると知って驚いた覚えが。
未読なのでどういった話なのか知らないのだけれど、これも有名だよね。ダジャレに落語にボケにツッコミ、笑いのネタは無尽蔵…一体どんなマンガなんだ!

まずは読むべき、傑作少女マンガ50選。
これは面白かったよ~。必ず、あ、コレ知ってる知ってる読んだ読んだ!っていう作品が絶対あるはず。
「風と木の詩」「あさきゆめみし」「大奥」「王家の紋章」「オルフェウスの窓」「天は赤い河のほとり」「生徒諸君!」「ハチミツとクローバー」「のだめカンタービレ」「BANANA FISH」「ちはやふる」…等々、どれもあー知ってるー読んだことある―読んでみたい―っていう作品ばっか!貴重です!

黄金期を築いた、敏腕編集者の仕事。
少女マンガを支えているのは実は男性だというね。今はそうじゃないのかもしれないけど、黄金期(1970~90年くらい?)にはほとんどが男性編集者だったらしく。少女マンガの基礎は手塚治虫から始まり、あの赤塚不二夫(アッコちゃんって知ってる?)や横山光輝(サリーちゃんって知ってる?)も少女マンガを描いていたしね。男性の手から生まれ、女性の手により大きく羽ばたいたという感じが個人的にはするな。

ということで。
超絶面白かった特集でありました。なぜに竹宮惠子や吉田秋生が巻頭特集にいないのだ?と納得できない部分もありましたが(笑)
もう少し最近のマンガを取り上げても良かったのかなあ…などとちらりと思ったりもして。
買って損なし!好きな人にはきっとたまらない特集だと思います!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 雑誌 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★雑誌
* Comment : (10) * Trackback : (0) |

少女まんがー * by ゆき
この特集号、私も書店で見ましたがスルーしてました。
だって少女漫画よく知らないし。
年がバレますが、ベルばら、ガラスの仮面はアニメで見ていた世代です。ベルばらは20年以上前に買った愛蔵版を大切にしてますよん♪
パタリロはホ○系なのにギャグなんですよね~。中学生の頃読んでました。今でも色々なネタを持ち込んで描いてらっしゃる摩耶センセ。久々にパタリロ!読み返してみるか・・・・・・。

Re: ゆき様☆ * by 惺
おはようございます!
おお!ゆきさんは少女マンガ読まれないのかー!
自分も最近はご無沙汰ですが、昔はよく読んでましたね(遠い目)
ガラかめとパタリロだけは未読で。
めっさ気になってはいるのですよー。
自分的にはポーの一族が大好きで。
萩尾望都さんの作品はある意味文学的でもあるので、おススメしたいです~。

* by igaiga
惺さん「ガラスの仮面」読んだことないんですか??
逆に少し羨ましいですよ~(笑)
私、小学生のころから読んでるのでかれこれ30年越し(爆)
亜弓さんがケータイ持っている時にはめまいすら覚えました(爆)
完結したら一気読みしたいです。

あ。パタリロも大好きでした。
これもまた小学生のころ流行りましたね~。
ホモ漫画なのにっ!(爆)

* by ゆき
こんばんわん♪
少女漫画というより漫画そのものをそんなに読まないのです。
全く読まないワケではないんですけどね。
大和和紀「はいからさんが通る」とか大スキでしたし。
「ポーの一族」や「残酷な神が支配する」は気になるんですけどねぇ・・・・・・。
でもなかなか手を出さないのは私の中では小説の方が優先順位が高いのでしょう。

Re: igaiga 様☆ * by 惺
おはようございます!

> 惺さん「ガラスの仮面」読んだことないんですか??

そうなんですよー。
パタリロと共にものすごく気になりつつ、読みたいな!
と思った時にはもうすでにあの量の巻数を読破する気になれず。
オトナ買いするにも値が張るしなあ…
と躊躇しつつ今に至るというね…。

ダイジェスト版とかないかな…。
あ、でもそれじゃ面白くないのか笑



Re: ゆき様☆ * by 惺
おはようございますー!
ですね。なんかゆきさんとマンガって結びつかない気がする…。
自分も昔ほどは読まなくなりましたが、
時たま発作のように読みたくなりますねー笑。
萩尾望都・吉田秋生のおふたかたはもう神!で。
よろしかったらぜひぜひ!

気になってました * by キヨハラ
コンビニで見かけて、そのコンビニに入った目的忘れかけました。
おおまかな内容を紹介していただけてよかったです。
図書館で予約待ちしています。

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
こんばんは!
自分も表紙にもっていかれました!
まさかのベルばら…!
中身も面白かったですよ。
キヨハラさん推しのエロイカも確かあったような…。(違ってたらゴメンなさい)
保存版にしますフフフ…


コメント、お久しぶりです! * by Medeski
>日出処の天子

これ、ツイッターのフォローさせて頂いている人のザッとした説明(144文字)読んだら、意味が分からな過ぎて読みたくなりました。聖徳太子が妊娠するって本当ですか?そして、それが本題なのですか?ビックリしました、展開に。

Re: Medeski 様☆ * by 惺
こんばんは!
おひさしぶりです!
いつもコメントありがとうございますー感謝です!><。
自分も読んだのがかなり昔なので記憶定かではないですが、
かなりBL要素ありますね…今思うと。
聖徳太子が一方的に蘇我蝦夷に片思いしちゃってる状態で。
ただ、妊娠はしてなかったような…。
蝦夷が妹に妊娠させちゃった(!)っていうエピソードがあるので、
それと混同してるのかなあ…でも自分もイマイチ記憶が怪しい…。
いずれにしてもものすごいマンガであることには変わりないので。
名作ですしね。よろしかったらどぞ!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。