10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-15 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

泥棒日記 (新潮文庫)泥棒日記 (新潮文庫)
(1968/10/02)
ジャン ジュネ

商品詳細を見る

 やっと読了できた! これはある意味ジュネの虚構を織り交ぜた自伝的小説だったのね。以下BOOKデータベースより内容。

言語の力によって現実世界の価値をことごとく転倒させ、幻想と夢魔のイメージで描き出される壮麗な倒錯の世界。
――裏切り、盗み、乞食、男色。父なし子として生れ、母にも捨てられ、泥棒をしながらヨーロッパ各地を放浪し、前半生のほとんどを牢獄におくったジュネ。終身禁固となるところをサルトルらの運動によって特赦を受けた怪物作家の、もっとも自伝的な色彩の濃い代表作。


 圧巻でした。作品の隅々まで行きわたる悪徳と背徳。これはもう一種独特の世界観を創り上げていて完璧。
 生まれおちた時から母親に捨てられ父親はどこの誰とも知れない。完全に「負」の烙印を押された人生の始まりはやはり成長後も社会の底辺を生き続けるのみ。
 ティーンエイジャーで盗みを働いたことから堕落の道へと転落していくジュネなのだけれど、そこには落胆や悲しみなどは毛頭なく。あるのは強烈な矜持と、同じく底辺に生きる者たちへの激しい愛情。
 悲劇的な出生ゆえに犯罪に身をやつし、そこから同性愛に目覚めてゆくのが、彼にとってとても自然な流れに思えて。ある意味運命だったのだとしか言えないようにも思えてしまう。
 そのジュネが作家として成功するまで、泥棒として生きた半生を虚構を織り交ぜながらも赤裸々に語られている(であろう)本書はかなり興味深くもあり、刺激的。
 ジュネが出会う様々な人物たち。犯罪者・同性愛者・ホームレス等々、当時の社会の底辺に生きる人物たちが活写されているのと、彼等に注ぐジュネの暖かい視線と愛情が読んでいて強烈に感じられる。

 ジュネにとってかなり影響を及ぼしたであろうスティリターノ。心から尊敬の念と愛情を捧げながらも報われることはなく。恋愛関係に結びつくことなく、あくまでも友情として終わってしまった一種の悲恋に切なくなったり。
 その生涯において出会った数多の同性愛者達との愛憎劇の描写はとても繊細で辛く悲しい。心を寄せあいながらも、常に心は孤独で何処にいても異邦人として自己を意識してしまう寂寥感が全編に漂っていて、この作品が一種格調高く感じられるのもそのせいなのかなとも思ってしまう。

 稀有な人生を歩んできたジュネという作家の壮大な心の遍歴を描いた作品、という印象を強烈に受けた。
 ジュネが作中で裏切り・盗み・同性愛が彼にとっての最高の徳であると公言しているように、書かれている世界は汚辱と犯罪と背徳に塗れているけれど、どういうわけか崇高さを感じてしまうのは何故だろう? それはジュネが自分の生きざま・信条に対して確固たる自信を持っている故なのか。
 真実と虚構がうまいぐあいにコラボした名作品だと。かなり読者を選ぶと思うけれどね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ジャン・ジュネ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

これは名作! * by ゆき
私もこの作品前に読んでるんですけど、ジュネってどこまでも自分を蔑んでいるのに、それを尊厳として持っている気がします。
だから背徳の世界に身を貶めながらも、その行き方が崇高にすら見えてしまうのではないかな?

私は真の名作は読者を選ぶと思ってます。
万人受けする作品を否定はしませんけどね。
面白い作品多いですし。

Re: ゆき様☆ * by 惺
こんばんは!
ホントですよね。
ジュネは自分に対して確固たるプライドを持っているのだなあと、作品を読むたび思います。
自分と同じ境遇の人間に対しての慈愛に満ちた視線とか想いとかをひしひしと感じますしね。

>私は真の名作は読者を選ぶと思ってます。
>万人受けする作品を否定はしませんけどね。
>面白い作品多いですし。

あ、確かに!激しく同意です。
個人的には一般受けしない作品が大好きなんですよねーw
ていうかそっちじゃないとダメっていう…。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。