03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-22 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

面白い本 (岩波新書)面白い本 (岩波新書)
(2013/01/23)
成毛 眞

商品詳細を見る

 これも以前のダ・ヴィンチ(だったかなあ?)に紹介されていた本。書評&ブックガイド的な内容に惹かれて読了。以下BOOKデータベースより内容。

面白いにもホドがある! 書評サイトHONZの代表が太鼓判を押す、選りすぐりの面白本100冊。ハードな科学書から、シュールな脱力本まで。いずれ劣らぬ粒ぞろい。一冊でも読んだら最後、全冊読まずにいられなくなる。本代がかかって仕方がない、メイワク千万な究極ブックガイド。

第1章 ピンポイント歴史学
第2章 学べない生き方
第3章 ヘビーなサイエンス
第4章 シチュエーション別読書法
第5章 嘘のノンフィクション
第6章 タイヘンな本たち
第7章 金と仕事とものづくり
第8章 事実は小説より奇なり
第9章 鉄板すぎて紹介するのも恥ずかしい本


 …と、9つの章で主にノンフィクションをメインにさまざまな「面白い本」)を網羅しているこの本。面白かったですよー!
 是非自分の読書の参考にしたいなと思う本がザクザク登場して。図書館から借りたのだけど、本気で購入しようかと思ってしまった。自分が過去読了した本もちょいちょいあったりして、思わずニヤリ。中でも特に気になった本をいくつか。

第1章 
ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)
(2000/03)
スティーヴン・ジェイ グールド

商品詳細を見る
 ■オーパーツものだそうで。そもそもオーパーツとは、「発見された場所や時代とまったくそぐわない考古学的遺物」のこと。バージェス頁岩層と呼ばれる地層から発見された、カンブリア紀の奇妙な生物群化石についての本。なんだかよくわからないけど、そそられた。

死海文書のすべて死海文書のすべて
(2005/03)
ジェームス・C. ヴァンダーカム

商品詳細を見る
 ■死海文書! こういうキリスト教ネタっぽいのは大好物です。たんなるミーハー(死語)なんだな、コレが。

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
(1996/11/29)
松本 修

商品詳細を見る
 ■TV番組の企画物らしく。バカとアホという言葉の境界線が日本の地図上の一体どこにあたるのか? を突きつめた結果をまとめたもの。バカバカしいけど、好きだ。こういうの。

731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く (新潮文庫)731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く (新潮文庫)
(2008/01/29)
青木 冨貴子

商品詳細を見る
 ■自分は満洲国関係が実は好きでして。本書のテーマもそれに関わっているので俄然興味。でも一度読んだことがあるかも…再読したい1冊かな。

第2章
なかのとおるの生命科学者の伝記を読むなかのとおるの生命科学者の伝記を読む
(2011/12/16)
仲野徹

商品詳細を見る
 ■天才生命科学者たちの伝記ってなかなか読む機会が無いと思って。面白そうだよなー個人的に。

第3章
凍った地球―スノーボールアースと生命進化の物語 (新潮選書)凍った地球―スノーボールアースと生命進化の物語 (新潮選書)
(2009/01)
田近 英一

商品詳細を見る
 ■地球は以前完全な雪玉状態だった?という、地球の進化の謎に迫っているらしい本。好きだわ。

ノアの洪水ノアの洪水
(2003/08/26)
ウォルター・ピットマン、ウィリアム・ライアン 他

商品詳細を見る
 ■こ、これも旧約聖書に登場するエピソードを検証しているらしいモノで。非常に興味&好奇心そそられます、こういうの。

医学探偵ジョン・スノウ―コレラとブロード・ストリートの井戸の謎医学探偵ジョン・スノウ―コレラとブロード・ストリートの井戸の謎
(2009/07)
サンドラ ヘンペル

商品詳細を見る
 ■こ、これも超絶面白そうだよー。コレラの発症の謎をとある医師が解明してゆくというストーリーらしいのだが。ミステリーっぽい雰囲気が好み!

ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)
(2010/02)
百島 祐貴

商品詳細を見る
 ■1話読み切り形式で現在の医学で当たり前となった医療技術の裏舞台を見せてくれるとか。

 …などと全部挙げたら異様に長くなってしまうので、ここら辺でやめておきますが。
 自分はどちらかというと普段は小説が多いので、このようなノンフィクション系は大歓迎!といったところ。
 まあ、他人の読んだ本が自分にとっても面白い!ということはなかなかないわけで。
 なので、参考にしながら、自分お気に入りの1冊を探す……というスタンスで読むのがいいのかなと。
 それにしても世の中には気になる本&面白そうな本がいっぱいあるのだな!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 面白い本
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by K2
この新書で紹介された書籍揃えてのフェアは大ヒットらしいですよ。この新書に限らず、成毛眞氏のチョイスは打率高い(笑)です。

Re: K2 様 * by 惺
こんばんは!
え?フェアやってたんですか?
これはものすごく面白そうな!大ヒットするのわかる気がします。
成毛氏はこの本で初めて知りました。本のチョイスも絶妙?だし、
語り口も面白いのでちょっと気になる方ですね!


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。