07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-07-06 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

200,000HIT特別企画5日目!
 うーん、さらにさらにディープで濃密になりすぎてホント申し訳ありませーん。ただのオタク本晒しになりつつあるこのブログ。もう少しなのでね…それでもいいぜ! という方のみおつきあいくださりませ。
 で、今回の御本はコチラ↓ クリックすると詳細ページにリンクします。

ヱヴァンゲリヲンのすべて

 書影がないんだよね…そもそもアマゾンさんでは取り扱いがないらしく。
 唯一メジャーな流通経路がココ。紀伊國屋書店で取り扱っているこのマイナー本。リンク張っておきますので、詳細知りたい方はぽちしてください。
 ミニコミ誌の増刊号だということで。なかなか貴重というかマニアックすぎるだろ!という御本です。
 自分は中野に行った際、行きつけのこれまたマニアック書店 タコシェ で偶然見つけて即買い!最近エヴァ熱再燃の自分としてはまたとないお買いものでした。

巻頭アンケート
序文/坂上秋成/前奏曲と鎮魂歌が重なり合う沙漠の中で
栗山千明インタビュー/永遠に語り合える「終劇」のために
大間九郎/「桜流し」
森間季節/「水のゆくえ」
東浩紀インタビュー/EVA CAN (NOT) REDO─東浩紀あるいは「孤独」と「束縛」の真実について
座談会/女性の体温/横槍メンゴ、あやゐかをり、迷子
斎藤環/終りある物語と終わりなき承認
渡邊大輔/『ヱヴァQ』ふたつの顔─映像・映画史的『ヱ・エヴァ』試論
さやわか/新しい歌─宇多田ヒカル「桜流し」とエヴァの主題歌について
村上裕一/母という隠喩─葛城ミサト論
坂上秋紀/「半陰陽的ジェンダー」を肯定する、ただそれだけのために─葛城ミサト論
ひいろ/幸福な結末を迎えるために
ゆずさ/エヴァ:四コマ劇場
ドキドキ!さめぱの一問一答
座談会/新消費素ヱヴァンゲリヲン ニコニコ世代が語る『ヱ・エヴァ』の姿
エヴァ全話+αレビュー
執筆者紹介
後書き/編集後記


 目次見るだけでもかなり充実内容なのがおわかりいただけるかと。
 まあ、ある意味同人誌的な要素が濃厚で。ほんっとに好きでない方でないと受け付けない本であります。
 ただ、ゲストに女優の栗山千明さんを迎えてのロングインタビューが掲載されていたりとちょっと豪華。栗山千明さんはカヲル君好きで有名だよね。
 この本の編集責任者である坂上秋成氏との20ページ弱に渡る対談がかなり興味深いよ!

 あと自分的に面白かったのが、本格二次創作の2編。「桜流し」「水のゆくえ」。二次創作というのは、いわゆる本作のパロディ。の2作品は劇場版Qを別の角度から描いた斬新な発想で面白かった。こうくるか!といった二次ならではの作品だったなと。
 座談会/女性の体温もなかなか。女性3人が語るヱヴァ。それぞれの初エヴァ体験と新劇版の考察&感想。さらに腐女子的な視点からの考察とか。もうマニアック臭プンプンの面白さ。

 エヴァ全編に渡って重要なキャラである、葛城ミサト。時に主人公碇シンジの姉となり母となり、ラストには恋人らしい存在となる彼女についての考察あれこれ。なかなか深い読みがスゴい。ビックリした。
 などと、もうオタク臭プンプンというか。嫌いじゃないので~。社会現象にもなっているメガヒットアニメ。良かれ悪しかれ何かと話題振りまいてますな。

ヤングエース 2013年 07月号 [雑誌]ヤングエース 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/06/04)
不明

商品詳細を見る


 で、コミックス版はめでたく完結。
 エヴァのキャラクターデザインを手がけた貞本義行氏によって描かれたマンガですね。18年?19年?をかけたこの壮大なストーリーがよもやのハッピーエンドで無事終了。最終話のこの号は完売・売り切れ状態だったとか。自分は朝イチに書店駆け込みでゲット。感動しました。名作だよね。ある意味、こちらも貞本氏によるアニメ原作のパロディとも言えるのではないかな。未来あるラストに思わず泣いたよ。
 
 ……ということで、今回も趣味丸出し・全開で失礼しましたー。もうすぐこの自己満足企画終わるのでね。お付き合いしてくださる奇特な方もうすこし我慢してくださりませ!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★企画
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

エヴァンゲリオンと日本刀展 * by 風竜胆
昨年、岡山に行った際に、備前長船刀剣博物館というところで、特別展「エヴァンゲリオンと日本刀展」というのをやっていたので、年がいもなく行ってきましたw
アニメの方は、子供のお伴で、何回か映画を観に行きました。

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
こんばんば!
日本刀展行かれたのですね!
いいなあ…羨ましいです。
でも何故エヴァと日本刀なのかな? ってずっと疑問に思っていたのですが…。
どうだったのでしょう?
日本刀なんてめったにお目にかからないので貴重ですよね。

わはは!
映画は自分も毎回観に行ってます~笑。
気を持たせなくて良いから、早くラストが観たいです…><

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。