07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-07-19 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

にすいです。    冲方丁対談集にすいです。 冲方丁対談集
(2013/02/01)
冲方 丁

商品詳細を見る

地元図書館にあってついつい借りてしまった本。タイトルがなんともね、そのとおり!以下BOOKデータベースより内容。

異才・冲方丁、初の対談集! かわぐちかいじ、富野由悠季、井上雄彦、養老孟司、夢枕獏、伊坂幸太郎、天野喜孝、鈴木一義、中野美奈子、滝田洋二郎、山本淳子……各界のトップランナー11名との対談を収録!
『天地明察』『光圀伝』の異才が各ジャンルの強者達と語り合った7年の軌跡。仕事とは。創作とは。そして、日本人とは。熱く濃密な対談集。


これは予想していたよりもなかなか面白かったです。
時期的には天地明察が大ヒットした後くらいなのかな?
この本のために…というわけではなく各誌での対談を1冊に集めたというカンジで、対談者によって内容量がそれぞれ違うのだけれど、さまざなジャンルの方たちばかりなので読んでいて楽しかった。印象に残った対談をいくつか。

富野由悠季
一番ページを割いていた対談。6回にわたって某雑誌に掲載されたもの。
冲方氏もアニメ畑経験者ということで、なかなか密度ある対談で面白かった。なにより富野氏のさりげないツッコミが笑えた。
いきなり冲方氏の処女作がまったくダメ、個人的に受け付けないって言っちゃうとかね…さらにペンネームに拒否感感じてた…とか!ヒィィィィ!
ただ、それも決して嫌な感じのコメントではなく。冲方氏の才能と仕事をしっかり認めた上でのジョークなのだとわかるとなかなか毒舌な方?なのかなと。ご自分の仕事に確固たる矜持を持っている富野氏の話も面白く、時にタジタジとなりながらも巧くかわす&返す冲方氏とのやりとりに思わずニヤニヤ。大御所VS才能ある新人(中堅)との緊迫した楽しい対談─といったカンジでした。

伊坂幸太郎
年齢も近い?のかな。読んでいて一番気軽にというか、ざっくばらんな対談って印象。
作家同士ゆえ、お互いの作品に対する想いやら、家族のこと、果ては奥様との喧嘩についてとか、なかなか私生活も垣間見れて面白い!
意外と(失礼!)お二人ともマイホームパパなのだなあ…と思ったり。こういう「素」の部分がわかる対談もいいよね。
対談後の「お互い10個の質問をぶつけ合う企画」っていうのが最高に愉快ー!

鈴木一義
まったく存じあげない方で。肩書は「国立科学博物館理工学研究部科学技術史グループ長」だそうで。
「天地明察」の裏話・考証話がメインかな。当時の測量に関する薀蓄になるほどと感心したり、日本の和算の話から独自の文化に目覚めてゆく「日本のアイデンティティ」にまで及ぶ両者の話がとても興味深かった。

中野美菜子
え? 意外な方と対談してたのね! というのが第一印象。
「天地明察」から「光圀伝」と作品の話の中で、冲方氏の父親に対する葛藤と想いを見事言い当ててしまう中野さんの洞察力に驚き。
ページ数はあまりないけど、読んでいてとても清々しい対談だった。

山本淳子
こちらの方も存じ上げなくて。平安文学研究者とのこと。
冲方氏の最新作のテーマが清少納言ということで、その縁からの対談となったのかな?
清少納言と中宮定子。その関係を軸に彼女達が生きた時代を熱く語る語る! 
今まで男メインのストーリーを書いてきた冲方氏がどう女性をメインキャラにして書いてゆくのか?
この対談を読んだらものすごく興味が湧いた!

などなど、予想していたよりもずっと面白く楽しめた対談集でした。
様々なジャンルの方と渡り合う?冲方氏の切り返しの巧みさにも唸った!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 冲方丁
* Comment : (5) * Trackback : (1) |

* by igaiga
今、それこそ冲方さんの新聞小説その名も「はなとゆめ」を読んでおります(^^)
清少納言の一人称で語られるその小説。
29日で終わるみたいなのですけどねーー。
中宮定子様がまたいいんですよねー。
ちょっとカッコいいんです(〃∀〃)

Re: igaiga 様☆ * by 惺
こんばんはー!
えー!いいなあ…なんてタイムリー!
対談読んでものすごく面白そうだなあって思って。定子様がちょっとカッコいいとか!
早く単行本or文庫にならないかなあ。
冲方さんが女性書くのってものすごく興味ある!

こんちわん♪ * by ゆき
冲方丁さんは今やジャンルを超えて活躍なさってますからね……対談、気になるなぁ。

伊坂さんとは比較的年が近いのかな?
冲方さんと6歳違いだったハズです。
お二方とも奥様に尻に引かれているような気がするのは私だけでしょうか?

あ、買ったままずっと積んでる『光圀伝』読まなきゃ。

Re: ゆき様☆ * by 惺
こんばんは!
対談集、なーんにも考えなしで読んだので意外な面白さでした!
対談相手がいろいろなジャンルの方たちばかりだったので、
それも良かったなあ…。
伊坂さんとはなんだか気心知れた友達!みたいなノリで。
結構楽しそうな対談にこっちも読んでて気持ちよかった~。
尻に敷かれてる…にはげど!
意外とマイホームパパなのに驚いた笑。

光圀伝、読んだら感想呟いてねん♫

* by 藍色
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「にすいです。冲方丁対談集」冲方丁
冲方丁プロフィール 1977年岐阜県生まれ。96年、大学在学中に『黒い季節』で第1回スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。2003年、『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞を受賞。09年、初の時代小説『天地明察』を刊行、同書は第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、第7回北東文芸賞、第4回舟橋聖一文学賞、2011大学読書人大賞を受賞した。2012年、『光圀伝』で第3回山田風... …
2016/01/08 14:15  粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。