03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-08-04 (Sun)
ご訪問ありがとうございます☆

吉田秋生-夜明け- (フラワーコミックス)吉田秋生-夜明け- (フラワーコミックス)
(2012/12/07)
吉田 秋生

商品詳細を見る

 発売された頃、購入しようかどうかものすごく迷って、結局高額だから購入しなかったのだけど…職場の同僚が貸してくれました。以下BOOKデータベースより内容。

■吉田秋生が放った数々の大ヒット連載。それらの物語の前日譚にあたる珠玉の序章作を集めたアンソロジー。今回の収録作品は雑誌掲載時のカラー扉イラストもカラーで収録されており、往年のファンにとっては当時の興奮がよみがえること間違いなし。一方、まだ吉田秋生のすべての連載を読んではいない新しいファンにとっては、名作に一挙に出会えるうれしい1冊となっている。
■雑誌掲載時のカラーイラストはカラーで収録。また、幻の作品となっていた短編「斑猫」を単行本初収録!
■別冊付録『AKIMI YOSHIDA A to Z』
現在連載中の「海街ダイアリー」に関する座談会をはじめ、作詞家・松本隆との対談、坂本龍一からの質問状など、吉田秋生の『声』を集めたインタビュー集。時代と共に変遷してきた吉田秋生のすべてがわかる!
■収録作品「ホテルカリフォルニア」「夢の園」「Fly boy , in the sky」「ハウメアの娘」「悪い噂」「斑猫」ほか。


 豪華ケース入りの本。ハードカバーでありながらコミックだというね。
 人気作カリフォルニア物語、BANANA FISH、イヴの娘、ラヴァーズ・キス等々の有名作のスピンオフ作品を集めたコミックスと、貴重な対談とインタビューを収録した「Akimi Yosida AtoZ」がセットになった贅沢さ。
 コミックスの方は殆ど全部読んだことがあって、自分的にはBANANA FISH関係の作品がやっぱり好きかなあ。プランカとアッシュの出逢いを描いた「PRIVATE OPINION」と学生時代の英二のエピソード「Fly Boy,in the sky」がお気に入り。

 で、コミックスも大変面白いのですが、なんたってもう1冊の座談会&インタビューが面白かった!
 自分にとって吉田秋生はとっても謎な方だったのだけど、コレを読んだらものすごーく親近感が。
 それぞれの有名作のできるまで…的な裏話が満載で。BANANA FISHのラストも2通りあったとか。
 マンガ家になったのも結構まぐれ?的だったり、と自分の予想を裏切るエピソードてんこ盛りで驚いた!
 作者のきさくな人柄がにじみ出る、愉快すぎる座談会も笑えるし。同じシリーズ?で萩尾望都もあるらしいので、そちらも是非読んでみたい!
 で、このタイトルの「夜明け」ってもしかして「BANANA FISH」のアッシュの本名からとったとか? 深読みしすぎ?

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 少女マンガ * Genre : 本・雑誌 * Category : 吉田秋生
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。