06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-08-30 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方
(2013/07/25)
北山 公一

商品詳細を見る

レビュープラス様 より頂いた本。
 ジャケ画もなかなか素敵なビジネス書。タイトル通り、日本人が世界で戦うために必要な話し方。あくまで話し方であって、仕事のやり方&進め方などの戦略とは完全に違います。なのである程度英語スキルのある方などには参考になる著書なのかもです。
 あ、でもまったく語学力のない自分でもかなり面白く読めました。語学力云々よりも、海外ビジネスシーンにおける自分の意識の持ち方、仕事への積極的なアプローチの仕方、外資系企業に転職した際の海外の方との接し方等々、自分が仕事をする上でも参考になる記述が多々ありました。 以下BOOKデータベースより内容。

■これからの時代に欠かせない「世界標準」の話し方!
外資系企業の日本進出、国内企業の海外拠点拡大、外国人採用の増加……、日本企業のグローバル化は日々進行しています。
多様な価値観を持つ人材と仕事をするには、話せばわかる式の「日本流」の話し方では通用しません。
こんな時代に必要となるのが、「世界標準」の話し方です。

■グローバル企業ならではの「コミュニケーション」ルールを初公開!
本書の著者、北山氏は日本の金融機関を経て、ヨーロッパ系のグローバル企業で15年間マネジャーとして活躍してきた人物です。
もともと口ベタで、日本人相手に話すのも緊張してしまう彼が、グローバル企業で生き残れた理由。
それは、できる外国人マネジャーが実践してる「コミュニケーション」のルールを必死で学んだからでした。

・「NFL」を用いて論理的に会話する
・上司の指示は3つのポイントで吟味する
・「48時間ルール」で会議を効率的に運営する

など、論理的に自己主張し、価値観の違う相手を動かす、39の「コミュニケーション」ルールを、本書で初めて公開します!


第1章 世界標準のコミュニケーション7つの「基本ルール」
第2章 グローバル企業の「組織と人間関係」を知ろう
第3章 世界で勝ち抜くコミュニケーション「実践テクニック」
第4章 必ず結論を出すグローバル企業の「会議」術
第5章 グローバル企業流「メールと電話」の使い方


 面白かったです、と言うと語弊があるので、参考になったと言った方が良いのかな。
 頻繁に登場する「グローバル企業」という言葉がちょっと気になったりもしたのですが。自分的にこれを「海外企業」と置き換えて読み、本書は生活習慣も考え方も全く違う海外企業において、日本人がどのようにして仕事を進めていくか。その意識の変革・変遷を論じた著作として読んでみました。

 かなりシビアでしたね。考え方や行動が群れやすい日本人とはまったく異なる外国の方。「個」をしっかりと持ち、自分を主張しないとあわや黙殺されてしまうそうな環境。そしてビジネスとプライベートをしっかりと分け、仕事も自分からどんどん吸収していかないと誰も教えてくれない。
 さらに、語学ができないとまったく仕事として成り立たないわけなので、海外転職組にとって「昇進=語学力」ということに改めて気付かされたわけで。

 著者の北山公一氏のわかりやすい記述の中にも、さりげなく御苦労なさった経験を織り込んで、表面的ではないリアルで具体的な内容にとても好感度大。
 自分がグローバル企業に転職することはまずあり得ないけれど、新しい企業もしくは新しい組織に加わった際の、自身の積極的なアピール方法などは参考になるのではないかなあと、素人考えですが実感してしまった。

 苦労しながらも逆境にくじけず、自分を高めてきたその姿勢に頭の下がる思い。ちょっとばかり壁にぶち当たったからと言って、すぐに諦めることではなく、常に高みを目指して努力することが大切であり、必要なのだとつくづく思わされました。

 公式サイトはコチラ
 他にも事前資料を読みこむ、メールを使いこなす、スマホに依存しすぎない等、さらに具体的な記述もある。
 興味のある方は一読の価値あり、の一冊だと思います。

 レビュープラス様、ありがとうございました。



いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
Theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。