03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-09-01 (Sun)
いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
ご訪問本当にありがとうございます!


 いやあ…もう8月も終わり、既に9月とか。
 で、9月になったのに、今日は猛烈に暑かったっていったいどういうこと? 
 仕事の昼休み、外に出たら肌に痛いくらいの日射しが突き刺さってきたのですが。
 秋はまだまだなのでしょうか…(遠い目)

 というわけで(どんなわけよ)、8月に読んだ本です。
 …でも記事を書こうとして気付いたのだけど、今月殆ど読んでないことに今さら驚いた!

わたしはロボット (創元SF文庫)わたしはロボット (創元SF文庫)
(1976)
アイザック・アシモフ

商品詳細を見る
  以前から読んでみたいと思っていた本。長篇なのかと思っていたら、連作短篇集という凝った作りの1冊でした。ロボットの黎明期から人間を凌駕するかもしれない未来までを描いた本格SFでした。自分的に少女とロボットとの絆を描いた「ロビー」がお気に入り。

「少女小説」の生成: ジェンダー・ポリティクスの世紀「少女小説」の生成: ジェンダー・ポリティクスの世紀
(2013/06/12)
久米 依子

商品詳細を見る
  好きなジャンルでして。吉屋信子に代表される少女小説の誕生からラノベにとって代わられるその行く末まで。吉屋信子についての詳細論述がファンの自分にとって嬉しかったなあ。少女小説に絡めてのジェンダー論である、という一粒で二度美味しく読めた1冊。

桜庭一樹短編集桜庭一樹短編集
(2013/06/13)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
  ツイッターで知った本。桜庭一樹は初期のラノベ風作品も大好物なのだけど、短篇は一体どんなものなの? と興味津々で読了。
なかなか大人な雰囲気あり、青春の終わりに近づいた男女のノスタルジーあり、少年の一夏の経験あり、とバラエティに富んだ内容でした。

日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方
(2013/07/25)
北山 公一

商品詳細を見る
  これはレビュープラスさんから頂いた本。ひさしぶりのビジネス書。とてもわかりやすい文面と、リアリティある内容でなかなか面白く読めた本でした。

 その他、小説以外では。
吉田秋生-夜明け- (フラワーコミックス)吉田秋生-夜明け- (フラワーコミックス)
(2012/12/07)
吉田 秋生

商品詳細を見る
 
NO.6〔ナンバーシックス〕(7)特装版 (プレミアムKC)NO.6〔ナンバーシックス〕(7)特装版 (プレミアムKC)
(2013/08/07)
木乃 ひのき

商品詳細を見る
 吉田秋生の「夜明け」は装丁からしてごーじゃす! 加えて中身も充実&貴重かなと。
 NO.6はコミックの方もいよいよ佳境に突入!ってカンジでしたねー。

 とまあ、8月はほんっと読書しない1ヶ月でした。9月…(というかもう今月か)はもうちょっと読めるといいなあ。亀更新となりつつありますが、おヒマなおりにはこのブログ、どうぞ覗いてやってくださりませ。

いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

関連記事
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ひいち
私・・・全然本読めておりませぬ~(涙)
ちょっと時間の使い方、見直したい・・・デス。
桜庭さんの本。読みたい♪♪
NO.6も再読したい♪♪

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんはー♪
お久しぶりです!
自分も最近全然読めてなくて…><。
日常生活がなかなか忙しいよね…。
読みたい本はたくさんあるから、
なんとか時間を作って読…めるかなあ…笑。
でもお互い無理せず、楽しく読めたらいいよね!
NO.6! 何度でも再読したいしたい!フフフ♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。