09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-09-27 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

 えっとですね。実は自分、図書館で働いておりまして。その仕事の一端で今年から「児童書」を読むお手伝いをすることになったのです…とまあ、自分の仕事事情はどうでもよいのですが。
 で、最近その児童書を読み始めたのですが…これがまた面白いのです。物語からフィクションといろいろバラエティに富んでまして。これは面白い!ということで。
 自分の担当は物語中心なのですが、オトナの小説と同じくらい考えさせられたり奥深かったりと優れた作品が多いので突発的「児童書特集」として、何回かに分けてここにもあげてみたいと思います~。

語りつぐ者語りつぐ者
(2013/04)
パトリシア・ライリー ギフ

商品詳細を見る

身なりはぜんぜんちがうけれど、目鼻立ちがそっくりなふたり。ひとりはアメリカ独立戦争に巻き込まれた18世紀の少女、もうひとりは21世紀の。羊皮紙に描かれた絵がふたりの少女をひきあわせ、二〇〇年後の語り手を得て、肖像画の少女が鮮やかによみがえる。

 ジャケ画に惹かれました。清楚な、それでいてこの意志の強そうな少女。タイトルもなかなか重厚で、児童書らしからぬ雰囲気が良いなあと。
 ズバリ言うと、ひとりの少女の成長物語。少女の祖先である200年前の少女の人生と交錯して描かれているところが面白かった。
 母親を亡くして父と暮らす少女・エリザベス。父の仕事の都合で、母親の姉であるリビーの許に預けられることとなる。転校先にもなじめず、おばにあたるぶっきらぼうで気難しいリビーともうまくいかずに落ち込むエリザベスの前に、自分とそっくりの一枚の肖像画が彼女の運命を変えてゆく。
 その肖像画のモデルはズィーという18世紀の少女。エリザベスの遠い祖先。アメリカ独立戦争のまっただ中に生きた彼女の苦難の人生とその足跡を知るうちに、エリザベスは自分の甘えを知り、大きく「周囲を見る」ことに気づいてゆく。

 自分の祖先を知る=歴史を知るということ。自分そっくりで同じ年頃のズィーがどのようにして独立戦争の戦禍をくぐり抜けたのか。その過酷な人生を知ることによって自分の人生をも豊かに切り拓いてゆこうとするエリザベスの心情の変化が巧みに描かれていて面白い。
 さらにエリザベスが生きる現代と、ズィーの生きる200年前の過去が交錯して語られるという構成もある意味劇的でぐいぐいと惹きこまれた。
 児童書ではあるけれど、劇的で重厚で大人が読んでも充分に堪能できる作品かなと。


ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く―笑って病気をぶっとばせ! (感動ノンフィクションシリーズ)ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く―笑って病気をぶっとばせ! (感動ノンフィクションシリーズ)
(2010/12/08)
あんず ゆき

商品詳細を見る

クラウン・Kこと道化師の大棟耕介さんは、病院を訪ねて患者に笑いを届けるホスピタルクラウン。Kちゃんとふれあうと、みんなが笑顔になって、病院が明るくなります。入院中の子どもたちの光と影を通し、Kちゃんとの交流を追った記録。

 これはノンフィクション。面白かったです。
「ホスピタルクラウン」という言葉と職業をこの作品で初めて知ったし。
 さらに、難病治療で入院している子供達の実情もさらりと書かれていてとても考えさせられたりもする。もとは棒高跳びでオリンピック出場を目標にしていた大棟耕介さんの「ホスピタルクラウン」=病院を訪れて患者に笑いを届ける道化師としての活動を、おもに小児病棟を中心としてレポートした著作。自分的に、この大棟氏にとても好感を抱いてしまって。
 難病を抱えた子供達の為に活動することにいろいろと葛藤や悩みはあるとは思うけれど、子供達に笑いをもたらそうとする、その徹底したプロ意識に感動。この作品を読んでいると、「笑い」というのはどんな優れた薬よりも効果があるのだなあ、と思わざるを得なくなる。
 日本ではまだまだその活動と知名度は低いような気がするので(あ、知らないのは自分だけかも…)、もっともっとこういった活動が盛んになれば良いなあとつくづく思った。

 ということで、今回読んだのはまったくジャンルも作風も違う作品だったけれど、どちらも児童書としては良書だと思う、個人的に。
 自分は今まで「児童書」とひとくくりにして考えていたけれど、その中でもいろいろなジャンルや作品があるのだわ、といたく感動したのでありました。

いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
Theme : 児童書 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★児童書
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。