10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-01-09 (Sat)
お久しぶりです!
ブログを更新するのがものすごく久しぶりすぎてやり方忘れてます…(汗)
いろいろと別方面に活動の場を移しておりまして、読書&書評レビューから遠ざかっておりました。
が、ぽつぽつと読書はしておりますww やはり読書とは切っても切れない体質のようで。
また気が向いた時に読書レビューが書ければいいなと思っておりますが。
全然更新が無い間にもご訪問くださる方がいらして本当に嬉しい限りです。ありがとうございます!
ブログのテンプレも替えたい気分なのですがなかなか…><。
スローペースではありますが更新できたらいいなと思いつつ、最近読んだ本です~。

 

アシモフ作。
かなり前に読んで詳細は記憶の彼方です…で、読んだブツと表紙が違うのですが、まあ内容は同じですよね。
面白かったです!! さすがアシモフ!と唸りました。
SFとミステリーのコラボっていう自分的に斬新な展開で一気に読んでしまいました。
探偵が人間、その有能なアシスタントがアンドロイド(確か。ロボットではなかった気がする)というね!
ラストギリギリで完全犯罪を暴くというオチにやられた感ハンパ無かったです。

 

ハーラン・エリスン作。
今絶賛読書中なのですが。
短篇集。タイトルは某エヴァンゲリオン(笑)で知ったクチでして。興味を持って読んでみました。
が、タイトルロールで最初に収録されているこの「世界の中心で愛を叫んだけもの」が一番難解でした。
2,3度読んでもまったく理解できず、巻末にも解説があるのだけれど、著者についての解説ばかりで内容に関してイマイチ分からなかったので、ネットでいろいろ検索したところやっとその内容が理解できたという…。
前面に押し出された暴力と殺人。そしてその裏に隠された愛情と優しさがじわりとあとからわかってくるというなんともすごい小説。
現代と遥か異次元世界(並行世界?)が錯綜する中、その異次元世界での政治家と科学者との葛藤。友情とも愛情ともつかない二人の絆がなんともやるせなく切なかった…。
この小説をひとことでいうなら、パンドラの箱。解き放たれた禍とひとにぎりの救い。
今まで出逢ったことのない、ものすごく衝撃的なSF作品群でした。
まだあと数編未読作があるので、そっちも気になる! 特にラストの「少年と犬」がめっちゃ楽しみです。
しかしこのハーラン・エリスン氏、ヒューゴー&ネビュラ賞総なめ的な勢いで受賞しているのですね…すごい。

関連記事
* Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

お久しぶりです * by チルネコ
こんにちわ。ご無沙汰しております。以前交流させていただいておりましたが、最近また復活したので、よろしければどうぞ宜しくお願い致します。
『鋼鉄都市』はSFとしてもミステリとしても傑作だと思います。最近は僕もSF づいてるので、SF 本買いまくってますよ(笑)トラックバックrさせてくっださい。

チルネコ様 * by 惺
お久しぶりです!そしてご訪問ありがとうございます!
復活されたのですね。私も暫く書評レビューからは遠ざかっておりまして。読書はちまちましておりましたがw
以前のペースとはいかないまでものんびりとまたレビュー更新できたらいいなと思っております。
こちらこそまたよろしくお願いいたします。リンクさせていただきますね。

「鋼鉄都市」は面白かったです。予備知識無く読んだので一層楽しめました。
私も最近SFとミステリーばかり読んでます。トラックバックもありがとうございます。
私はもっとまともなレビュー書いたらぜひトラバさせてくださいませ!

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
アイザック・アシモフ 『鋼鉄都市』
警視総監に呼びだされた刑事ベイリが知らされたのは、宇宙人惨殺という前代未聞の事件だった。地球人の子孫でありながら今や支配者となった宇宙人に対する反感、人間から職を奪ったロボットへの憎悪が渦まく鋼鉄都市へ、ベイリは乗り出すが……〈ロボット工学の三原則〉の盲点に挑んだSFミステリの金字塔!   BY BOOKデータベース アーサー・C・クラークと並んでSFの双璧といえるアシ... …
2016/01/10 22:15  The Catcher in the Ryebrary 2.0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。