07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-05-31 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

伊賀忍法帖 (角川文庫)伊賀忍法帖 (角川文庫)
(2003/01)
山田 風太郎

商品詳細を見る

 5月の締めは好きな山田風太郎で……と思ったんですが、この作品は自分的にう~んイマイチかな。でもやっぱ好きですが。以下文庫見開きより抜粋あらすじ。

主家三好氏の美姫右京太夫を我が物にせんと企む松永弾正は、7人の根来僧に命じ、媚薬を作るために必要な美女を狩り集めさせた。
若き伊賀忍者笛吹城太郎は、最愛の妻篝火を彼等に奪われ、生贄にされた怒りを胸に、敢然と復讐を誓う。



 松永弾正を徹底的な悪役に据え、必要不可欠な小道具は千宗易の茶釜。城太郎を陰ながら助けるのは柳生新左衛門。そして背後にうごめくのは妖しげな幻術師果心居士。ここまで豪華な脇キャラを揃えて面白くないはずはないんです。
 ただ、少~し(かなり?)くどいくらいのエロさ加減・敵方忍者僧の陰惨さにちょっと辟易。お子様は読んじゃいか~んと言いたくなるくらい。

 けれど、そんなゲンナリする背景の中でもさすが山田風太郎、東大寺大仏炎上という史実を巧みに取り入れていて読ませてくれる。そして何より、暗澹たる陰謀と策略の中での、城太郎と非業の死を遂げた妻篝火との愛情、彼女と瓜二つの右京太夫とのプラトニックな恋愛が、闇に輝く星のように煌めき一種の清涼剤となって鮮やかな対比をなし、最後まで魅了してくれる。媚薬という小道具の使い方も気を持たせて巧いし。
 お互い愛してはならない人を愛してしまった城太郎と右京太夫の心情が、なんとも切なくてやるせない。本当に山田風太郎は泣かせるハナシが巧い!
 個人的には右京太夫の最期をもって終幕とすべきだと思うんだけど。その後の果心居士とのやりとりははっきり言って蛇足かな?

伊賀忍法帖 [DVD]伊賀忍法帖 [DVD]
(2006/10/20)
真田広之渡辺典子

商品詳細を見る

 映画はね~申し訳ないけど駄作(ファンの人ゴメンなさいッ!)
 全盛期の角川映画製作だけど、真田広之出演だけど、やっぱね……オリジナルには敵いません。
 若かりし頃の真田広之を観るだけでも価値はあるかなァ?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 山田風太郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。