07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-06-01 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
(2007/09/04)
森 絵都

商品詳細を見る

 時々お邪魔させていただいている、売れてる本ランキングと読書系女子セレクト様のブログで知った作品です。「DIVE!!」の印象まったくナシのうえ、また泣けた。装丁といい、タイトルといい、女子向けの可愛らしいハナシかと思いきや、意外にも重厚?な内容でした。初っ端から言い切ります。名作です。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

生前の罪により、輪廻サイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが……。

 浮気する母親や偽善者な父親に意地悪な兄。そんな不満だらけの家族や、ウリをしていた初恋の相手ひろかに幻滅し、人生に嫌気がさして自殺してしまった真クン。
 その真クンの体に宿るようにと、奇妙な天使プラプラから言われた「ぼく」。真クンと「ぼく」の関係性も最後でなるほどね~と思わずニヤリ。
 その「ぼく」が戸惑いながら真クンを疑似体験し、新たに出来た親友に純粋に喜び、唱子に戸惑い、幻滅していた家族やひろかと真摯に向き合い、紆余曲折ありながらも彼らの本当の姿を見つけてゆく過程に泣けます。
 人は単色ではなく、さまざまな色彩を持っている。ある偏った一面だけではなくて、その人の隠されたたくさんの面を知るべきなんだ、ということに改めて気付かされます。
 自殺や援交・イジメなど、ちょっとした社会問題も内包されていて、それがお説教じみてないのがいい。
 端的に言っちゃうと真クンの精神と身体の再生物語なんですが、自分的には小林一家の絆が固く結ばれる物語として読むことができました。
 もう悲しいくらい自分の記事グダグダなので、思わずジーンとくる読書系女子様の記事を是非ご覧ください!

 アニメ映画化もされるんですね~。2010年8月公開予定だそうで。すごいな~! 声優サンがどうなるのかすっごく楽しみです☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 読んだ本。 * Genre : 本・雑誌 * Category : 森絵都
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

おじゃまします。 * by まいまい
いいなあ、「伊賀忍法帖」の次に「カラフル」ですものね。
「マノン・レスコー」も読んでみたいです。
毎日変化があって、お邪魔するのが楽しいです。
「カラフル」はかなり前に読んだので中身を忘れてました(!)
読後感がとってもいいお話ですよね。

Re: いらっしゃいませ☆ * by 惺
> まいまい様e-339

ほとんど統一性の無い乱読です。
「カラフル」は予想外の面白さでした!
自分では絶対選ばないジャンルなんで、いろいろな方のレビューを読んで勉強させてもらってます。
まいまいサンのブログも毎日変化があって、お邪魔するのがとっても楽しいですヨ☆

映画化するんですね@@ * by 読書系女子
TBありがとうございます。
かたじけない・・・

アニメ映画化とは初耳ですi-85
楽しみですね~~!

湊かなえを彷彿させる素敵なテンプレですね。

Re: 予定みたいですけど… * by 惺
>読書系女子様e-339

グダグダですが、頑張って書きましたe-263
「カラフル」あまりにも感動したもので……ご紹介ありがとうございました!

アニメ映画化はウィキ情報なのでイマイチ怪しいですが。どうなるんでしょうね~?
自分はやっぱ原作が1番!派です。

コメントありがとうございました☆

こんばんは! * by 本読み人M
実は、先日読んだ『架空の球を追う』が自分的にはちょっとイマイチでして、
森絵都作品はしばらく読まないかもなぁ、なんて思ってたんですが…撤回します!
惺さんと読書系女子さんのおすすめとあらば、これは読まねば!!
『DIVE!』も気になります♪

Re: こんばんは! * by 惺
> 本読み人M 様e-398

「カラフル」も「DIVE!!」も面白かったですよ~! それぞれテーマも作風も違ってて森絵都の力量を垣間見させていただきました。
次は「風に舞い上がるビニールシート」しようかなァと思ってるけど、読めるのはいつのことやら……e-263
『架空の球を追う』← イマイチなんですね。よし、憶えておこう!
コメントありがとうございました☆



コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。