09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-06-15 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ
(2010/05/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る

 森見登美彦の新刊! 挿画がカワイイ! ということで、勢いで購入してしまいました。今回は京都や大学が舞台ではない、今までとかなり路線違いの作品。以下角川書店新刊案内からあらすじ。

小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。
この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎の研究を始めるが─。

 ざっくりすぎるあらすじですが……何故ペンギン? と最初から度肝を抜かれました。が、この作者サンのことなのでこのくらいのことで驚いちゃいかん、とそのまま読み進めます。
 ものすご~く勉強・研究熱心な主人公アオヤマ君が、友人と共に大量発生したペンギンの謎を解いてゆく……という、少しミステリーあり、SFテイストあり、ファンタジーありの独特な作品ですが、自分は何よりこのアオヤマ君の淡い初恋と成長の物語として読めました。
 そのアオヤマ君の初恋の相手は、近所の歯科医院に勤めるお姉さん。このお姉さんがとっても不思議なヒトで、この作品のカギを握る不思議キャラ。毎回思うことだけど、この作者サンの描く女性って、サバサバしててとっても好感度大。アオヤマ少年とお姉さんの関係がさっぱりしていて、それでいて少~し哀しくてとっても良かった。

 郊外の町、高く聳え立つ給水塔、うっそうと生い茂る森(通称ジャバウォックの森!)、見渡す限りの草原に球体の海!
 それら雰囲気バッチリアイテムが絡み合って謎を生みだし、その謎を誰にも秘密にしたまま、アオヤマ君とハマモトさん、ウチダ君の子供3人が何とかして解明しようとする。
 秘密基地めいた「観測所」を作って、謎について議論しあう3人が何とも微笑ましい。お約束どおりに登場するイジワルなヤツとか、とっくみあいのケンカとか、独特の不思議ワールドの中にも、まんま子供の時代の懐かしき情景みたいなものを巧く描写していて、思わずノスタルジー感じてしまう。

 と、いいところもありますが、多少難点も。
 はっきり言って、アオヤマ君の一人称語りがとってもオヤジっぽい。とても小学生の語りじゃないな~と思いながら、淡々とまったり展開する序盤~中盤は読むのにちとつらかった。もう少しテンポ早くても良いんじゃないかな~と思ってみたり。
 が、終盤からラストの、アオヤマ君がすべての謎を解いてゆく過程が秀逸。彼のお姉さんに対する淡くて切ない初恋と心の成長が自然に描かれてるし、事件が解決したあとの父親とのやりとりも、また何だかちょっと哲学を感じて、作品をキュッと締めているようで巧いなと。

 ほのぼの感は相変わらずの、森見流、コドモ達のひと夏の経験と成長物語といった感じでした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 森見登美彦
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

こんにちは! * by 伊織
おぉ~!
偶然ですが、私も昨日初森見さんを経験いたしました^^
作品は違っていますが・・・^^:
ちなみに「ペンギン・ハイウェイ」は只今図書館にて予約中です。まぁ、蔵書整理があるらしいので、借りられるのはまだまだ先になりそうですが、楽しみにしておこうと思います♪

Re: こんにちは! * by 惺
> 伊織様 e-398

おめでとうございます! どうでした~?
自分の周りでは苦手^_^; っていう人と、好き~という人に分かれます。
結構クセがあるのでね~。
是非レビュー書いてくださいね!
楽しみにしてます☆

NoTitle * by チルネコ
確かにアオヤマ君の語りも人物像も少しアンファンテリブルにすぎましたよね^^。でもやはり『ソラリス』のガジェットを借用した〔海〕のようなものを解明するには、これくらいの科学的思考ができなければならなかったでしょうし、必然かもしれません。そうそう、雑誌でこの創作ノートを拝見したらやっぱホーキング%ペンローズの<特異点>のメモなんかがあったので、これからもSF書く機会あるんじゃないでしょうか。楽しみですね^^TBさせていたdかいましたー。

Re: NoTitle * by 惺
>チルネコ様v-353
森見氏にSFかあ……意外な組み合わせ。ある意味楽しみですけどね☆

実は自分もTBさせて頂いたんですが、一度チルネコさんのブログ確認した時は上手く反映できてなかったみたいで……。
ま、とにかくTBありがとうございます!! 嬉しいです☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
森見登美彦 『ペンギン・ハイウェイ』
                     小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの... …
2010/09/26 01:08  ドッペルゲンガー In 四畳半
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。