07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-07-16 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

 タイトルはいい加減。おまけにシュミに走っているので興味ないわ~と言う方は遠慮なくスルーしてください!

                TS3R002900020001.jpg  
    ALI PROJECT/亂世エロイカ PSP用ゲーム『フェイト/エクストラ』主題歌

 7月14日に発売された贔屓のアーティストALI PROJECTのニューシングル。待ちに待ってた……というのはウ・ソ。すっかり忘れていて発売日以降に注文 bk1サン、迅速なお届けありがとう☆
 コスチュームのコンセプトは「騎士と姫」(だったかな?)だそうです。自分撮りのヘタな画像では分かりづらいですが、宝野アリカ嬢? 半分騎士で半分姫の衣装なんですよ~。曲はあいかわず自分好みで良いです。完全に自己満足の世界に浸らせていただきました!

    

 作詞・ボーカル宝野アリカ&作・編曲片倉三起也のユニット。ジャンル的にはV系(ビジュアル系)になるのでしょうか? 独特の歌詞とメロディラインが特徴。んで、ここからがやっと本題なのですが、このユニットの曲タイトルが文学作品をアレンジ(パクッた?)した、もしくはそのまま使用したモノが多いんです。以下、その多数例。

禁じられた遊び   原作:フランソワ・ボワイエ  ← 映画でもかなり有名。
地獄の門      原作:ダンテ ←「神曲 地獄篇」より。
愛と誠       原作:梶原一騎 作画 : ながやす巧  ← 早乙女愛だっけ? 誠は知らん。
戦慄の子供たち   原作:ジャン・コクトー 「恐るべき子供たち」のパ○り。
赤と黒       原作:スタンダール……だったよね?
嵐が丘       原作:エミリ・ブロンテ ← 歌詞もまんま文学世界! キャシーが歌っているようだ!
未来のイブ     原作:ヴィリエ・ド・リラダン ← 今度読みます!
地獄の季節     原作:アルチュール・ランボー ← 詩人サン。
鬼帝の剣      原作:北方謙三 「鬼哭の剣」をパ○ってると思う、絶対!
青嵐血風録     原作:司馬遼太郎 コレは「新選組血風録」だよね~。

 等々、どうでもいいことです、はっきり言って。わかってますよ~自己満足です。上のアルバムorシングルジャケットはそれぞれの曲が収録されているモノ。おヒマならクルクル回してみてください。宝野アリカのコスプレ七変化(いやそれ以上☆)を鑑賞するのもオツなものです。
 自分の読書セレクトも結構ALI PROから影響してたりもするし。
 ……一体この記事書くのに何時間かかってんだ~! もっとやることいっぱいあるでしょ! と家族の声が聞こえてきそうなので、ここらへんで失礼します。自己満足レビューにお付き合い下さいましてありがとうございました☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : お気に入りアーティスト * Genre : 音楽 * Category : ★音楽
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

す・すごい * by まいまい
文学相関図!お疲れさまです!
すごいです~。
(ブログっていいわ~ 若者文化と出会えるわ~)

キャシーが歌うって?聞いてみた~い。
ランボーのイメージで曲を作ってるワケ?聞いてみた~い。

もいっこ!この「くるくる」もすご~い。
「スルーしてください」っていう時ほどオモシロイってことですか?

NoTitle * by キヨhラ
愛と誠…なつかしいす。中学のとき、映画を見に行きました。まったく興味がなかったのにつきあいで(自ら志願して)
私がまったくしらない音楽を紹介してくださるのが新鮮です。いつか聞いてみたいと思います。

Re: す・すごい * by 惺
>まいまい様e-398

「相関」になってないところがね……何とも。
思いっきりシュミのレビューになってしまったので、コメント頂けるとは思ってませんでした。なのでとっても嬉しいですe-266
まいまいサンが思っているほど、自分は若くないんですよ~。フフフ……若さ感じられます? うひひ作戦成功だヮ☆ 単に若ぶっているだけなので~。
「くるくる」もお褒めいただき恐縮です。こんなのに時間かけているから、家族から大ヒンシュクなんですよね。でもまいまいサンに喜んでいただけて報われました~。

Re: NoTitle * by 惺
> キヨハラ様e-398

「愛と誠」というと池上季美子(こんな字だっけ?)を思い出す。
映画もやってたんですね。知らなかった~。
自分のシュミはかなり偏っているので、音楽通のキヨハラさんの前ではおおっぴらには語れない~e-263
まあ、気が向いたら聴いてみてください。こんな世界もあるんだ~ということで。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。