FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-07-26 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

船に乗れ!(2) 独奏船に乗れ!(2) 独奏
(2009/07/02)
藤谷 治

商品詳細を見る

 夏休みに入って職場(図書館)も忙しくなってきました。早くも宿題関係の書籍をキープしようと、連日子供たちが来館してます。とってもいい事だと思います! ただ、オトナの方にも言えることですが、図書館の中では静かにね☆ それに寝ちゃダメよッ☆
 というわけで、忙しいせいかイレギュラー出勤も多く、本を読む時間がとれなくてジレンマとストレス……。往復の通勤電車の中で(結構集中して読める!)読んだこの本。以下BOOKデータベースよりチョ~簡単なあらすじ(になってないよ~)。

続巻待望の青春音楽小説、「光と影」のさらに色濃い第2楽章へ。

 ……だそうです。ワケわかんないよ~これじゃあ。といっても、幸せいっぱい・夢いっぱいの前作からの急展開! なんですが……。
 どの書評読んでもかなり絶賛されているようですが、う~ん、自分的にはイマイチです。あくまでも今のところ。
 今作では主人公サトルの短期留学という大きな展開があったわけですが、それもなんかな~。枝里子との悲劇?を演出するための小道具にしか思えず。短期留学をしてサトルが何を得、何を学び、どこが成長したのかまったく判らず。

 それとサトル帰国後の枝里子の境遇の変化がまったくありきたりで、ええ~!? こんなベタな展開でいいワケ? 感が強すぎました。
 サトルと枝里子の純な恋愛もイマイチ心にグッとくるものではなく(2人ともクールすぎ?)、ゆえに枝里子を失ったサトルが落ち込んでゆく心情の変化が理解できない~。でもって、サトルが公民の教師金窪をこれまた間接的に退職へと追い込む心理も納得し難かった。ただ、この金窪教師の最後の授業で、サトルを含めた全教師に向かっての、ソクラテスの逸話を盛り込んだ痛烈な怒りの描写は今作中で一番の見せ場(読ませ場?)であり、秀逸。

 サトルの回想はまだまだゆっくりじんわりと続いていくのでしょう。音楽の描写も自分的には少しクドく感じます。この作品、カテゴライズするとエンタメになるのかな? そうだとしたら、もう少しテンポ良く読ませて欲しいところ。タラタラとサトルの内面告白が続くのがちょっとね……長いかな? 青春小説というには物足りないカンジもするし。きっとスカッと系ではなく、ほろ苦系の青春小説なんでしょうね~。

 「船に乗れ!」のタイトルが何を意味しているのか興味湧くし、モチロン続く3作目も読むつもりです!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 藤谷治
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

こんにちわ~ * by のびんこ
惺さんは、図書館で働いてるんですね!
なんとうらやましいことです~
永遠のあこがれの職業ですe-420

そっかー。図書館でいっつも本に囲まれてるのに、忙しくて本読む時間とれなかったら、それはそれはジレンマとストレスですよね。
生殺し?

Re: こんにちわ~ * by 惺
> のびんこ様e-420

そうなんです~。自分も憧れ~e-266の職場だったんですが(既に過去形)、夢と現実はやっぱり違いましたe-263
ゆっくり落ち付いてたくさん本が読める職場かな?と思いきや、180度正反対!
ほとんど肉体労働の世界です。痩せます。
どの職場でも共通ですがチームワークが大事だな、とつくづく思ってます!!
猛暑続きですが、お互い体調に気をつけましょ~e-267

図書館勤務!? * by まいまい
図書館勤務されてるんですか~。
本に関してはプロ!なんですね。
ワタクシもうらやましい~。
でも確かに仕事となると大変なんでしょうね。

「船に乗れ」2巻、
確かにベタな展開かも(笑)
というか、昔風?
昔の高校生ってこんな風だったなあ、なんて
郷愁にひたってしまいました。

でも遠く果てしなく広がっていたはずの未来なのに
ちょっとしたことで、限界がわかってしまう挫折感とか、
平気で人を傷つけてしまい、
取り返しがつかなくなってしまった時の痛みなどは
確かに自分にも覚えがあって
それが苦い共感を呼ぶのかな、と思ったりしました。

Re: 図書館勤務!? * by 惺
>まいまい様i-189

本に関してはプロ! ← まだまだ自分は全然です。恥ずかしいくらいダメダメです。なのでこうやってみなさんの書評を見てひたすら勉強中です!
「船に乗れ!」3巻が楽しみなんですが、やっぱ少しレトロ? なカンジがするのは回想だからなんですね。ソコの部分を自分はすっかり忘れてしまう時があって。現時点のサトルは一体幾つなんだろ~? とにかくラストが早く読みたいッっと思う時点でもうこの作者サンの術中にハマッてますね。

ご無沙汰しております * by こはる
いやいや、お久しぶりでございます。

なんと図書館に勤務されていましたか!
どうりで、カテゴリーも幅広いはずですね。

図書館勤務に採用されるって、大変そうですね。
でも、好きな本に囲まれて仕事が出来るって幸せですね。

私も、好きな人たちと好きな仕事をやっていきたいですな。

NoTitle * by レイア
惺さん、図書館での知的お仕事いいですね!!
本の動向がわかり、すぐ借りることもできますね。
でも本の整理や棚に戻すのは体力要りそうですよね。

これからも、
この作家さんはこんな内容書かれてるんだなーとか、
勉強させていただきます。

Re:帰ってこられたんですか~? * by 惺
> こはる様e-255

お帰りなさ~い☆ と言っていいのでしょうか?
そうなんです、自分は図書館勤めなんです~。でもショボいライブラリアン、しかも正規職員ではないので(ここらへんを語ると夜が明けちゃう!)、なんも自慢できることはありません。
本に囲まれて仕事は嬉しいコトですが、ほとんど肉体労働と接客なので、自分が図書館勤めだということを忘れてしまうコトもしばしば。
好きな人たちと好きな仕事ができたら人生バラ色ですよね~。また、そうではないトコロも人生の醍醐味ですけどね。
近々、こはるサンのところにも遊びに行きま~す☆
あ、「大人の社会化見学」借りましたッ! 面白かったですよ~☆

Re: こんばんは☆ * by 惺
>レイア様e-420

知的仕事が出来る~☆ と思って図書館勤め始めたんですが、実際は肉体労働のオンパレードでした。
人気の本・予約状況などが即座にわかって、その点はものすごくありがたいですが☆

もったいないお言葉です~。
自分こそレイアさんをはじめ、いろいろなブロガーさん達から勉強させて頂いてますッ☆
本当にブログっていいな~としみじみ思うこのごろです。
レイアさんのところにもまたお邪魔させて頂きま~す!!
コメントありがとうございましたe-466


コメント







管理者にだけ表示を許可する