FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-08-13 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

それってどうなの主義 (文春文庫)それってどうなの主義 (文春文庫)
(2010/08/04)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

 久しぶりの斎藤美奈子女史の新作? といってもさまざまな書籍・雑誌・新聞に書いた著作を1冊にまとめたエッセイなんですが。
 タイトルも直接的には内容と関係ありません。でも、笑えます。以下文庫背表紙より内容。

「それってどうなの主義」とは、なにか変だなあと思ったときに「それってどうなの」とつぶやいてみること。ただそれだけですが、とても大切なことです。
日の丸、戦争、靖国から、皇室、教育、ファッション誌まで、オウム事件後10年のニッポンの右往左往ぶりを明快に解き明かし、違和感を突く痛快エッセイ集。

 前作の「誤読日記」も面白かったんですが、こちらもその上をいってます。面白い上に切り口鮮やか、毒舌ますます進化! といったところでしょうか。
 まず、冒頭からの「それってどうなの主義」宣言からして一気に引き込まれます。

一、「それってどうなの」は違和感の表明である。
一、「それってどうなの」は頭を冷やす氷嚢である。
一、「それってどうなの」は暴走を止めるブレーキである。
一、「それってどうなの」は引き返す勇気である。
 「それってどうなの主義」とはすなわち、違和感を違和感のまま呑み込まず、外に向かって内に向かって表明する主義。言い出しにくい雰囲気に風穴を開け、小さな変革を期待することなのです。 ~ 「それってどうなの主義」P.4より引用 ~

 と、ウンチクは続くのですが、著者がばっさばっさ斬り捨てるテーマは多岐に渡ってます。以下おおまかに章ごとで。

第1章  右を向いても左を向いても …… 「日章旗のお取り扱い」・「拉致と連行」・「派遣と派兵」等々。どちらかというと政治的、体制的な評論ですね。著者の独特の考察に唸る。

第2章  日本のメディアは大丈夫? …… 「男女対抗戦の謎」・「バーチャルな語尾」・「靖国神社は元気いっぱい」等々。ちょっとフェミニズム的なテーマもあったり、前章に引き続いて政治的なテーマもあり。

第3章  少数派の言い分 ……  「『丘』の陰謀」・「寅次郎と水戸黄門」・「NTTとNHK」等々。鋭い考察だな~と思ったのは「寅次郎と水戸黄門」。同じ国民的人気長寿番組でありながら、その微妙な差にメスを入れた著者の洞察力に脱帽です。

第4章  子どもと学校の周辺 …… 「さんすうの星」・「変態と変身」・「桜の咲かない入学式」等々。NHK教育番組(いわゆる3ch)もばっさりと斬ってしまう著者! でもなるほど感は否めず。その他仮面ライダーからとんでもない考察も飛びだしたりして、ものスゴイです。

第5章  女と男の文化の行方 …… 「オヤジとギャル①②」・「駒子の日本語」等々。「オヤジとギャル」はすざまじいほどの、とある評論家への反論エッセイです。理路整然、完璧無比。ここまで反論された相手の方の反応をゼヒ知りたかった。「駒子の日本語」とは、あの川端康成氏の「雪国」の駒子サンのことです。その彼女の言葉づかいについての鋭い考察には、そういえばそうだよな~と思うことしきり。

 相も変わらず、軽快かつユーモアあふれる語り口に隠された恐るべき毒舌! かの東京都知事サンのこともばっさばっさと斬り捨てて、いいんだろうか……。
 さらに輪をかけて珍妙で愉快なのが、池上彰氏の解説。著者の毒気にあてられたかのように繰り出す毒舌オンパレード! これだけでも一読の価値はあるかと思うのですが。

 久しぶりの評論・エッセイでしたが、楽しめました。斎藤美奈子女史、読売新聞の夕刊で「名作うしろ読み」というコラムを書いているんだけど、これも相当面白い。東西の名作を最終ページから書評していくのだけど、なかなか巧い切り口です。こっちも早く文庫化してくれないかな~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : エッセイ * Genre : 小説・文学 * Category : 斎藤美奈子
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

NoTitle * by レイア
これおもしろそうですね。
批判精神旺盛な人、けっこう好きです。
この本読んでみたいと思いました。

Re: NoTitle * by 惺
> レイア様e-339

面白いですよ~! 批判もバッチリあるんですが、読後感悪くない。カラッとした批判なり、批評なりなんで、読んでいて痛快です。
文庫で、お値段もそんなにお高くないので興味がおありでしたら是非どうぞ☆
コメントありがとうございましたe-420

コメント







管理者にだけ表示を許可する