09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-08-27 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

詩集 風は君に属するか (角川文庫)詩集 風は君に属するか (角川文庫)
(2010/08/25)
銀色 夏生

商品詳細を見る

 新聞で発売を知って即購入! 久しぶりに銀色夏生の新作を手に取りました。以下Amazomより内容紹介。

その建物は小さく、森の手前にあって静寂につつまれている――。それは、あなたの心の中の城。そこに清々しい風を吹き込み、迷いやしがらみを一掃する。そんな言葉たちが強く語りかける、久しぶりの本格詩集。

 この作者サンの著作で所有しているのが「わかりやすい恋」のみ。しかも学生時代に購入。作者も自分も相当に若かりし頃だったゆえ、その後作品もどのように変遷していったのか、また自分もどのように理解するのか、読む前からちょっと楽しみでした。

 プロローグともいうべき「建物の朝焼け」で始まり、同じくエピローグともいえる「建物の夕焼け」で締めくくる構成もなかなかのもの。その間を107篇もの詩が埋めていきます。数だけみるとかなり多いですが、皆短い詩なのであっという間に読み終えてしまいました。

「わかりやすい恋」はまさに恋する少女向け、青春そのもの的な内容だったんですが、今作はやはり年月を重ねたオトナの女性の作品! という印象ですね。
 恋愛を詠っているモノももちろんあるのですが、なにしろハッとさせられたのが別れの詩。しかも失恋とか、一方的に捨てられて~という内容ではなく、強い意志を持って関係を断ち切ろうとする「決別」の意味合いを込めた詩が何篇かありました。

 強烈に印象に残ったのが「決着」。離婚を想像させるような、力強く毅然とした、凛々しい詩に驚きとともに感動。
 「詩」というと、どうしても甘ったるいモノを連想してしまうのですが、この詩に限ってはとても硬質で鋭さを感じます。

 「本当にきれいなもの」では、ワカモノにぜひ読んでほしい、知っていてほしい、というカンジでしょうか。「本当にきれいなもの」を知るためには、あえて汚いもの・醜いものを知らなくてはならない。まやかしや見せかけに騙されてはいけないよ、という作者のメッセージがストレートに伝わってきます。

 久しぶりに新作を読んだ銀色夏生。年齢を重ねて読んでもやっぱり面白いし、感じ方もやはり若い時とは違う。
「薔薇色の孤独」などは、やっぱりある程度人生経験を積まないと理解できない詩だと思うし。

 ヤバいですね。再び病みつきになりそうです。銀色夏生。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 銀色夏生
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

NoTitle * by レイア
新刊の詩集でてたんですねー。
薔薇色の孤独…なんてこの言葉だけで美しい。
さっそく読んでみなくては!!

Re: NoTitle * by 惺
>レイア様e-420

そうそう、偶然新聞で広告を見つけたんですが、買って損はなかった!
美しい言葉とさらに深く考えさせられる詩で大満足でしたよ~☆

銀色さん素敵ですよね * by ジーナフウガ
改めまして初めまして
銀色夏生さん、良いですよね。

作者の作品と読み手の感性が共に磨きあわされる感じがするのが好きです。

Re: 銀色さん素敵ですよね * by 惺
> ジーナフウガ様e-398

かなり久しぶりに読んだので、オトナになってから読むのはどうかな~と心配だったのですが、やはり共感しましたね。ひとつひとつの短い言葉がグッと迫って来るような。

ご訪問ありがとうございます! 
ジーナフウガさんのブログにもまた遊びに行かせていただきます☆

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: 銀色夏生! * by 惺
>v-83コメ様v-353
も~素敵ですよん☆
ポチポチお気遣いありがとです!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。