07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-09-04 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

   

 以前から読みたかったコミック「黒執事」!! 念願かなって8巻まで読めたッ☆
 以下ウィキペディアよりあらすじ引用。

名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。まだ幼い主人シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。
物語は、ファントムハイヴ家の日常とシエルの裏家業を描く、アクションシチュエーションコメディ。


 19世紀のイギリスを舞台に繰り広げられる、ゴシック&ダークな世界! 
 12歳にして伯爵家の当主となったシエル(もちろん美少年☆)と彼に仕える美形悪魔執事セバスチャン。
 このシチュエーションからしてもうお約束でしょう。
 主人と執事といっても、お互い腹の中に何かイチモツありそうな抜き差しならない……だけど、イザという時にはお互いを必要とする、なんとも微妙で妖しい関係なのだ!

 手っ取り早く言っちゃうと、英国女王陛下を裏から支え、裏稼業を一手に引き受けるのがシエルとセバスチャンのお仕事。つまり、ゴシック調「必殺仕事人」的にハナシは展開。
 それに「切り裂きジャック」や死神(何故か公務員っぽい。残業を嫌う)が登場したり、英国を舞台にしているだけあって、インドや中国のキャラクターもでてくる。で、料理の鉄人のごとく何故かカレー作り対決したり。

 Ⅴ巻まではわりとコメディー色が強いけれど、Ⅵ巻のサーカス譚からは一転してシリアスムード突入!
 個人的にはこのサーカス譚が一番お気に入り☆ 
 あくまで救いの無いエピソードなんだけれど、決して読後感悪くない。むしろもっと読みたくなる!!

ミュージカルも映像化して今日から全国のシネコンでスタートとのこと。う~ん、3次元化はイマイチのような……自分はあくまでオリジナル好み。アニメも1期をちょろっと観ましたが……やっばコミックがいいな~。
 で、衣装協力はあの、ゴスロリファッションで有名な「ALICE and the PIRATES」!!  春頃に新宿マルイワンに行ったら、偶然「黒執事展」やってたし……けっこう女子ファンいらしてました。

 枢やなサン、絵が巧くてビックリ、加えてセンスありすぎです。期待以上のコミックで大満足でした~☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン 
関連記事
Theme : 黒執事 * Genre : アニメ・コミック * Category : ★コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。