09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-10-06 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

超訳 ニーチェの言葉超訳 ニーチェの言葉
(2010/01/12)
白取 春彦

商品詳細を見る

 ニーチェって何となく難しそう……と思って敬遠していた本。でも興味があったので購入。高額なのはイタかったですが、自分的にはとても満足!
 ちっとも難しくなく、読みやすい上に含蓄ある言葉がもりだくさん。かなりブ厚い書籍でしたが、往復の通勤時間でするする読んでしまいました。気になった言葉や感動した言葉が記載されていたページを折ったりなんかして。
 以下、各章ごとに自分が良いな~と思った言葉をいくつか。(小フォント文字は自分の雑感です)

Ⅰ 己について
 努力を続ける  高みに向かって努力を続けることは、決して無駄ではない。今は無駄が多くて徒労のように見えるかもしれないが、少しずつ頂点へと進んでいるのは確かなのだ。
 今日はまだ到達にはほど遠いだろうが、明日にはもっと高みへと近づくための力が今日鍛えられているのだ。~本文 021より~
 * ちょっと悩んでいることがあったので、読んで何だか救われたような。

Ⅱ 喜について
 一緒に生きていくこと  一緒に黙っていることは素敵だ。もっと素敵なのは、一緒に笑っていることだ。二人以上で、一緒にいて、同じ体験をし、共に感動し、泣き笑いしながら同じ時間を共に生きていくのは、とても素晴らしいことだ。~本文030より~
 * まさにその通りだと。信頼する人物との共有する時間の大切さ、ということですかね。

 Ⅲ 生について  
 少しの悔いもない生き方を  今この人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ。~本文040より~
 * ココロに「ずしん」と来ました。今の時点ではこの人生くり返したくない…。もっとより良い人生にしなくちゃ!

 Ⅳ 心について
 心は態度に現れている ~本文063より~
 * まさにこの通りだと。自分は結構顔に出やすいので、気をつけなくては…と反省。

 Ⅴ 友について
 四つの徳を持て  自分自身と友人に対しては、いつも誠実であれ。敵に対しては勇気を持て。敗者に対しては、寛容さを持て。その他あらゆる場合については、常に礼儀を保て。~本文077より~
 * 簡潔でありながら、紛れもない真実だと。肝に銘じたい。

 Ⅵ 世について
 あらゆる人から好かれなくていい  ~前略~ 誰からも好かれるのが当然だと思わず、ふつうに接していたほうがよほどいい。~本文087より~
 * 自分も良い人ぶって人に好かれたいな、という感情があります。が、コレを読んで自戒。またも肝に銘じます。

 Ⅶ 人について
 自分の人柄を語るな  自分がいかに良い人柄であるかを吹聴しても、他の人は信用しない。むしろ人は、自分がなした善行について沈黙している人を信用し、賛同するものだ。~本文127より~
 * 思わず政治家を連想してしまった。特に選挙運動中の。でも政治家でなくても自分語りする人って結構いる。もちろん自分も含めてだが。気をつけよう…。

 Ⅷ 愛について
 愛は赦す  愛は赦す。愛は、欲情することをも赦す。~本文170より~
 * 後半の1文はどうだか知らんが、究極の愛ってやはり「赦し」なのでは? と自分的に大いに共感。

 Ⅸ 知について
 よく考えるために  きちんと考える人になりたいのであれば、最低でも次の三条件が必要になる。人づきあいをすること。書物を読むこと。情熱をもつこと。これらのうちのどの一つを欠いても、まともに考えることなどできないのだから。~本文213より~
 * 三条件…自分は備えているだろうか?

 Ⅹ 美について
 良いことへの道  すべての良い事柄は、遠回りの道を通って、目的へと近づいていく。~本文231~
 * 本当にそうであると信じたい。自分も目的に近づいているのだろうか?

 等々、まだまだたくさん印象に残った言葉があったのですが、書ききれません。
 日常や仕事、それ以外でも、自分が何かに躓いてヘコんだ時に読むと少なからず癒されたり、前向きになれるかも知れないな~と思った書籍でした。

 とてもわかりやすくて読みやすい。それもひとえに白取春彦氏の絶妙な訳のおかげなのかなと。
 白取氏の書かれた「はじめに」を一読しただけで、自分はこの書籍の世界へとすんなり入っていけました。
 今回もウンザリするほど長くて大変失礼いたしました。長々とお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : こころの糧になる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 白取春彦
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

ニーチェの言葉 * by レイア
本当に心にずしんとくる、役に立つ言葉が多いですね。
なるほど、わかりやすいのはニーチェの考え方だけでなく、
超訳というだけあって、翻訳のおかげもあるのですね。

惺さんの素直な感想がおもしろかったです!!


Re: ニーチェの言葉 * by 惺
> レイア様v-353
本にはもっともっと印象的な言葉がたくさん載ってるんですよ~!
ヘコんだ時に読むととても励まされそうな言葉ばかりです。

> 惺さんの素直な感想がおもしろかったです!! ← ありがとうございますe-263 コレを読んだら自分はまだまだ精進? しなければ!! と思ってしまいました。
わざわざお越しいただいた上に、コメントもありがとうございました☆


NoTitle * by キノッピオ
わたしもこれ読みました。これからもこの本には人生にいきずまったとき助けられそうです。有難うニーチェ。
ランキングクリックしておきました。もしよかったらサイトに遊びにきてください。

Re: はじめまして☆ * by 惺
>キノッピオ様v-353
クリックありがとうございます☆ 
嬉しいです~!!
「ニーチェ」は良かったですよね!
家庭に一冊・必需品になりそう。
ご訪問とコメントありがとうございましたe-466
遊びに行かせていただきま~す!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。