07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-11-13 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

ドリアン・グレイの画像 (岩波文庫)ドリアン・グレイの画像 (岩波文庫)
(1967/09)
ワイルド

商品詳細を見る

 耽美・退廃・背徳等々、美青年ドリアン・グレイが重ねるありとあらゆる悪徳を華麗な文体で著した小説──一言で言うとこんなカンジでしょうか?
 久々の再読。ちょっと冗長かな?と思えるけれど、犯罪小説とも幻想小説とも読みとれる不思議な世界観を堪能。以下文庫表紙よりあらすじ。

美貌の青年ドリアンが人知れず罪を犯してもどった夜、彼の肖像画は奇怪にも口許に残忍な微笑を浮かべていた。
快楽にふけり醜さを加えてゆく彼の魂そのままに、肖像は次第に醜悪になってゆく。
美貌と若さを保ちつづける肉体と恐ろしい姿に変貌する魂との対比を主題に、ワイルドがその人生観・芸術観・道徳観をもりこんだ代表作。

 純粋無垢だったドリアン・グレイがその精神もろとも堕落してゆく様が、巧みな心理描写とともに華麗に豪華に語られる。
 画家のバジル・ホールワードと彼の友人・ヘンリー・ウォットン卿。ドリアン・グレイの美貌の虜となった2人の男がこれまた対極の役割を担ってハナシは展開。
 ドリアン・グレイの肖像画を描いたバジルはあくまでも人間の良心の象徴として、一方ヘンリー卿は正反対に人間の心に巣食う悪の権化として。
 この2人のサブ・ヒーローたちが天使となり悪魔となり、主人公であるドリアン・グレイの魂を一方では救おうとし、はたまたもう一方は堕落させようとする。

 冒頭の、バジルが描いた彼の最高傑作である「ドリアン・グレイの肖像」を、彼とモデルを務めたドリアン、ヘンリー卿と3人で鑑賞する場面からして、何かしら妖しげな印象。
 何より危険でエキセントリックな雰囲気醸し出すヘンリー卿の存在感がスゴイ。ドリアンの美しさにとらわれた彼はなんとかして、ドリアンを自分の精神的な支配下に置こうとし、悪魔的な手練手管を駆使して、とうとう彼を意のままにすることに成功する。今でいう一種のマインドコントロールなんでしょうかね?

 ドリアン・グレイは自分がヘンリー卿の魔の手に堕ちているとはつゆほども思っていないところが、彼の決定的悲劇。ヘンリーの悪影響を受けて、歪んだ彼の美意識と愛情が引き金となって、真の愛情を注いでくれた最愛の恋人を自殺に追い込み、ドリアンの真の理解者でもあり友人でもあったバジルをその手にかけてしまう。
 ここまではスリリングな犯罪小説としても楽しめます。ドリアンのために自殺した恋人の弟が、彼に復讐しようと執拗に追いつめるシーンなんかはサスペンスものを読んでいるよう。

 そしてこの小説の何より奇抜で秀逸なのが、バジルの描いたドリアンの肖像画が、ドリアンが罪を犯すたびに醜悪な容貌へと変化していくというアイデア。一種の幻想譚のようなテイストが巧みに融合していて、ドリアンの異常な心理状態を巧く表現していると思った。
 肖像画は彼の良心を具象化したものであり、一歩また一歩、ドリアンが堕落してゆくたびに、キャンバスに描かれた自分は醜く崩れていく。
 若さと美しさを終生追い求める愚かさ。その永遠の美を得ようとして彼が犠牲にしたものは一体何だったのか?

 ラスト、狂気の世界に半ば足をつっこんでいたドリアンが自ら招いた悲劇。
 最大の悪は彼を堕落の道へとそそのかしたヘンリー卿であることに間違いはないけれど、年月を経て自分の罪に気付いていながらもそれを誤魔化していたドリアンもまた、最大の悪であることに間違いはない。

 旧訳だったので、タイトルが「ドリアン・グレイの画像」となっていた。う~ん、やっぱり「肖像」の方がいいカンジがする。ま、どうでもいいことなんですが。
 有名な古典の名作。ドリアンのダークな魅力がなんともね。
 この小説、解説にもあるとおり
「ひとつの個性とその画像との二重生活、善と悪との葛藤を基底とする美と醜との対立、青春と常識との抗争、幻想と現実との闘争、象徴と具象との格闘、を主題としている」 ~解説より引用~
 とあるんですが、まさにその通り。見事な対極と対立を描いた作品だな~とつくづく思いました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : オスカー・ワイルド
* Comment : (6) * Trackback : (1) |

こんばんわ^^ * by チルネコ
ドリアングレイはタイトルが好きな新潮文庫版で読みました^^
ドリアンの堕落への描きっぷりが秀逸でしたよね~。このアイディアだけで
読ませるなんてやっぱ古典の力はスゴイと思い知らされましたね。
文章も美しいものがあって文学作品の中でも僕の中では評価が高いです^^
TBさせてくださいねー。

Re: チルネコ様☆ * by 惺
>そうそう、同感!!
あの時代のあの退廃ムードが何ともツボです。
こんな独特の作品の一方で、「幸福な王子」なんていう童話もあるんだから、ワイルドってスゴイ作家サンです。
TBありがとうございます☆
自分もさせていただきます。

はじめまして。 * by semicolon?
密かに更新を楽しみにしてます。
以前に読みましたがワイルドの雰囲気はとても好きです。
私には岩波文庫っていうだけ好評価です。

Re: semicolon? 様☆ * by 惺
>はじめまして!!
こ、更新が楽しみとか…なんて嬉しいお言葉。
緊張して手がブルッてます。
ワイルドいいですよね。ドリアンのような耽美的な作品も良いですが、童話もなかなか良いですよ。
「幸福な(の?)王子」という作品がとても良いです。

自分もsemicolon? サンのトコロに遊びに行かせて頂いてますが、自分的にかな~りツボだったのが、「レーン最後の事件」のレビューの「よござんす」発言。
大笑いさせて頂きましたi-176
またお邪魔させていただきます。
コメントありがとうございました☆

昔読んだ! * by 読書系女子
このストーリー、昔読みました!
私が持っているのは「ドリアングレイの肖像」なので新訳ってことかな?

内容はすっかり忘れちゃったのですが…
また読みたい。。。

なんとなく男ばっかり出てくるストーリーだったような記憶が。

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
> このストーリー、昔読みました!
> 私が持っているのは「ドリアングレイの肖像」なので新訳ってことかな?
そうかもです。「画像」ってなんだかものすごく違和感…。

> なんとなく男ばっかり出てくるストーリーだったような記憶が。
そう言われてみれば男しか出てきません。登場人物自体が少ないんだよね~。
ドリアンのMADさがなんとも…e-263

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像』
舞台はロンドンのサロンと阿片窟。美貌の青年モデル、ドリアンは快楽主義者ヘンリー卿の感化で背徳の生活を享楽するが、彼の重ねる罪悪はすべてその肖像に現われ、いつしか醜い姿に変り果て、慚愧と焦燥に... …
2010/11/13 19:15  四畳半読書(猫)系 ver.2.0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。