FC2ブログ
07≪ 2021/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-12-04 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

悲しみよこんにちは (新潮文庫)悲しみよこんにちは (新潮文庫)
(2008/12/20)
フランソワーズ サガン

商品詳細を見る

 初・フランソワーズ・サガン。18歳のデビュー作として有名なのでタイトルだけは知っていました。が、こんなにも深い内容だったとは予想外。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。
そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。父が彼女との再婚に走りはじめたことを察知したセシルは、葛藤の末にある計画を思い立つ……。

 あらすじだけ読むと、イマドキのケータイ小説みたいだな~と思ってしまう。けれど、内容は段違い!! オトナが読んでも充分鑑賞に堪えるし、一人の少女の葛藤と、その心の奥に巣食う黒い闇の部分の描写が巧すぎる!

 海辺の別荘でひと夏を過ごす17歳のセシルと父親レイモンドと、その恋人エルザ。自由気ままにお互い束縛せずに過ごす日々。
 そこに同じく父親の恋人?であるアンナも合流したことから、3人の良好な関係に暗雲が立ち始める。
 知性的で、理想的な女性のアンナにセシルは同性として尊敬と憧憬の念を抱く。けれど、父親が真剣にアンナとの結婚を考えるようになってから、セシルのアンナに対する感情に微妙な揺れが生じてくる。

 今まで完全に自分のモノだと思っていた父親をアンナに奪われたと感じる焦りと嫉妬。洗練された大人の女性、規律正しいアンナに対して羨望にも似た気持ちを抱くけれど、規律正しい生活習慣を望む彼女に対する反発──。
 次第にアンナに心を奪われてゆく父親と、それまでの自由気ままな生活を取り戻すために、セシルはアンナを追いだすために一計を案じる。

 とっても良くできたストーリー。父親の恋人エルザとセシルの恋人シリルという、2人のワキキャラを動かしてセシルの陰謀?の一端を担がせるあたり、巧いな、と。
 完璧なオトナの女性アンナに対する、羨望と憧れと嫉妬が入り混じった複雑なセシルの心情が丁寧に詳細に描写されていて、却って生々しいくらい。
 終盤、セシルの計画は無事成功しするが、間接的にアンナを死に至らしめることになった、セシルの後悔と葛藤。そしてようやく気付く、自分がいかに子供であったのかと。いつのまにか自分の中で重要な位置を占めていた大切なアンナとの永遠の別れ。
 夏の終わりと共にセシルは成長し、初めて知る本当の悲しみ。それは彼女の少女時代との別離の悲しみでもあるのだ。

 作者と主人公が同年代。等身大の少女の悩みや葛藤を瑞々しい感性で、破綻無く書いている才能に改めて敬服。
 日本で言えばかつての綿矢りさか、三並夏・金原ひとみといったトコロでしょうかね。
 絶妙なタイトルにやられました。お見事。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 海外小説・翻訳本 * Genre : 小説・文学 * Category : フランソワーズ・サガン
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

サガンだ! * by 読書系女子
悲しみよこんにちは、読まれたのですね~
読書系女子はサガンの大ファンです☆
河野万里子さんの新訳は読みやすくてよかったです~☆☆
旧訳も大好きなんですがi-237

完璧さに対する反発とか、少女の残酷さとか、サガンが描くと美しい!お見事です!!
あぁ、サガンが読みたいっっっ

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
読みましたよ~!
ものすご~く面白かった!!
さすがの巧さだな~と感心。
この作品はやはり若くないと書けないな~とつくづく思ってしまったし。

> 完璧さに対する反発とか、少女の残酷さとか、サガンが描くと美しい!お見事です!!
ホントだよね~。
特に少女の残酷さの描写がね~。
サガンに味をしめてしまいました。他に何かおススメ作ってありますか?
よかったら教えてくださ~い☆

おはようございます。 * by チルネコ
サガンは残念ながらまだ未読です^^;
ですが何か内面描写が巧みな印象ですねっ!
少なからずサガンの投影とかも見え隠れしてそうですねぇ。
僕もいつか読もうかな、サガン^^

Re: チルネコ様☆ * by 惺
おはようございます!!

>何か内面描写が巧みな印象ですねっ!
> 少なからずサガンの投影とかも見え隠れしてそうですねぇ。
デビュー作で若干18歳の時の作品!! というのにビックリでした!!
思春期女子の複雑な想いと葛藤がよく書けてるな~と。
読書系女子サンもイチ押しなので、読んで損は無いと思います☆

熱い恋 優しい関係 * by 読書系女子
おすすめは「熱い恋」と「優しい関係」です。(単に私が好きな作品だから、なのですが^^;)
でも、古本でしか手に入らないんですよね~。
図書館にはあるはずです。(お仕事中に借りることはできるんでしょうか?)

「ブラームスはお好き」なら手に入るかな。
映画にもなった「冷たい水の中の小さな太陽」も良かったです~~(これも古本でしか手に入らないかも・・・)

私はデビュー作→2作目→3作目と順に読みました。

ふふふ。惺さまもサガンファンになりましょう!ぜひぜひ!!

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
わ~い、ご紹介ありがとう♪
どれも面白そうなタイトル!!
自分も順を追って読んでみようかな?
正直、もっと難しいのかと思ってたんですよね。
こんなにすんなり読める作品だったとは!
なんとか入手してみます☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する