07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-12-05 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

祝もものき事務所 (C・NOVELSファンタジア)祝もものき事務所 (C・NOVELSファンタジア)
(2010/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

 初・茅田砂胡。この作家サンて、いわゆるファンタジー作品が多かったよな~と思いつつ、ミステリー作品的なタイトルに惹かれました。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

やる気なし、根性なし、能力なしの事務所の所長が、凶器あり、指紋あり、目撃者あり、動機もありで現場不在証明(アリバイ)なしの被告人の無罪証明を頼まれた?

 う~ん、面白いと言えば面白かったのかなァ? 
 登場キャラは一応主人公の百之喜太郎に、彼をサポートする芳猿・犬槇・鬼光・雉名のイケメン男子達。ネーミングからして桃太郎ですか~?とツッコミ入れたくなりますが、名前だけです。それにちなんだ何か特別な個性とか、活躍とかがあるわけではありません。ここからしてなんだかスゴクもったいないカンジが。

 で、内容はというと、少し冗長な印象が否めません。この百之喜クン、探偵ではないらしいし、持ち込まれた事件を解決してゆくのも主に弁護士である雉名と、美人助手・花祥院凰華(このネーミングだけでちょっと疲れる)。 
 一体主役は誰なの?と混乱してしまうし……クールで知的な雉名が主役張った方がいいんじゃないの?とマジで思ってしまいました。
 それにもちこまれた事件の解決糸口もなんだかご都合主義ッぽい。驚異的な方向音痴の百之喜が迷子になった先が、偶然にも事件解決に欠かせない重要な場所であったりとか。

 事件の背景に時代錯誤的旧家の跡取り問題が絡んでくるのですが、それも何だかイマイチピンとこないというか……あまりにもリアリティが無いというか、つくりものっぽいというか。ただ、その愚かな旧家の詳細な設定と人間関係の件はとても面白く読めた。旧習に翻弄される家人や、きっぱりと因習と決別した家人との価値観の差異を解りやすく描いている部分のみ、自分的にはかなり面白かった。

 ただ、ミステリーとしてはどうなのかな~? かなりムリがあるんじゃないかな~。主人公がまるっきり霞んでいるし、ワキ役たくさんいるわりには活躍の場がほとんどナシ。無駄なエピソードにページを割いてて……せっかく魅力的なキャラになりそうなのに、どうにかすればもっと面白いハナシになっただろうに……と、とっても残念な作品としか言いようがないかな……。

 作者サンの新境地と銘打たれている割には、成功度は4割くらい?
 もっとひねれば面白くなりそうな予感はするんですけどね。まったくもって残念な1冊でした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : ライトノベル * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ライトノベル
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

NoTitle * by ひいち
こんにちは☆

茅田さんの本もほとんど読んでいますが、
こちら知りませんでした!
探してみようっと♪

お楽しみが増えると嬉しい~♪

↑ダ・ヴィンチもよさそうですねー☆

Re: ひいち様☆ * by 惺
> 茅田さんの本もほとんど読んでいますが、
ええ~!! スゴイ!! 
この作者サンて、ファンタジー系ですよね?
こういうミステリーって初めてなのでは?
最新作らしいので、なかなか人気あるみたい♪

> ↑ダ・ヴィンチもよさそうですねー☆
うんうん、なかなか面白かった。ランキングがね、楽しいです☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。