09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-12-17 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

茨木のり子集 言の葉?(全3巻) (ちくま文庫)茨木のり子集 言の葉?(全3巻) (ちくま文庫)
(2010/08/09)
茨木 のり子

商品詳細を見る

 「言の葉3」から逆に読み始めて、いよいよラスト。茨木のり子サンの1950年~60年代の作品が収録されてます。詩人として活動し始めた初期作品が収録されていると言ってもいいかな。
 自分はほぼ完成された最近作から読み始めてしまったので、やはり切り口がやや優しい印象。まだ研ぎ澄まされていないと言ったらいいのでしょうか。ある意味、初々しさも感じました。

 数ある作品の中から印象に残ったモノをいくつか。

ジャン・ポウル・サルトルに ーユダヤ人を読んでー
 人種差別・迫害に対する嘆きと、その愚かさを訴えるこのサルトルの著作が世界に広まることの喜び。
わたしが一番きれいだったとき
 この詩で茨木のり子サンの存在を知りました。あまりにも強烈でタイトルとのギャップに衝撃受けました。個人的に代表作であると思ってます。
女の子のマーチ
 女性の自立をテーマにし、語り口が少女っぽくコミカルな味付け。
うしろめたい拍手 ー梅蘭芳にー
 抗日の立場であった中国の京劇俳優・梅蘭芳を讃える詩。暗に戦時中の日本軍部を批判しているのかも。
りゅうりぇんれんの物語
 まるで小説を思わせる珍しい詩。戦時中、日本に強制連行された一人の中国人の生涯を見事に詠ってます。悲劇に終わるのかと思いきや、幸福なラストに一安心。けれどやはりこの詩も、戦時下の日本軍部への痛烈な批判がこめられているような気が。

 それぞれの詩の、テーマはやはり深いです。読んでいて複雑な想いを抱くものも何編かあって、読み応えがあります。
 後半はおなじみのエッセイなのですが、今作は茨木のり子サンの生い立ち、そして詩人となったきっかけが詳細に書かれていて興味深い。そして戦争を経験した方なので、思想のあちらこちらに、おのずとその影響が垣間見ることができます。
 同人誌「櫂」立ち上げからのエピソードから、貴重なラジオドラマの脚本も収録されていてなかなか充実の今作。詩人としての顔だけではなく、脚本家・童話作家としても活躍されていたんですね。意外でした!

 茨木のり子サンの作品はまだまだ未読のモノがたくさんあると思うので、今後もできるかぎり読んでいきたいと思ってます。
 甘くなく、感情に溺れることない、緊張感溢れる詩。そんな作品の数々を知ることができて良かったなァとしみじみ思ってしまいました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 茨木のり子
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

こんばんは☆ * by まいまい
三冊とも読まれたんですね。
戻ってきて若い頃の詩を読むのも
おもしろいかもしれませんね。

「女の子のマーチ」がお気に入りです。
おてんばって感じでコミカルだけど、ちゃんと芯が通ってます。

谷川俊太郎作 「男の子のマーチ」っていう詩はご存じですか。 かなりわっはっは(^o^)な詩です。

谷川さん、「女の子のマーチ」を知ってて作ったんじゃないのかという気がしてきました。

Re: まいまい様☆ * by 惺
> 三冊とも読まれたんですね。
> 戻ってきて若い頃の詩を読むのも
> おもしろいかもしれませんね。
2・3まではそんなに違和感無かったんですが、やはりこの作品は茨木サンの若さを感じましたね~。
エッセイに書かれた茨木サンの生い立ち?も知ることができて、なんだかトクした気分でした!

> 「女の子のマーチ」がお気に入りです。
> おてんばって感じでコミカルだけど、ちゃんと芯が通ってます。
わかる~!! 
こんな詩も書かれるんですね。でもやっぱり茨木サンらしいな~と。

> 谷川俊太郎作 「男の子のマーチ」っていう詩はご存じですか。 かなりわっはっは(^o^)な詩です。
え~! 知らないです~。
わっはっは(^o^)な詩って…すごく気になるなァ。

> 谷川さん、「女の子のマーチ」を知ってて作ったんじゃないのかという気がしてきました。
対にしたかったんでしょうか? なんともユニーク☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。