FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-12-20 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

複雑な彼 (角川文庫)複雑な彼 (角川文庫)
(2009/11/25)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

 いやいや~、角川文庫の三島シリーズは自分にとってなんともツボ!
 角川文庫には純文の類は無くて、いわゆる大衆小説・通俗小説がほとんど。そのどれもが自分が想像していた三島由紀夫像を覆してくれて楽しいです。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

森田冴子は、実業家である父と渡米したとき、機内で見かけた国際線スチュワードの精悍な背中に魅せられてしまった。
だが、その男宮城譲二は、スパイ容疑を受けロンドンから消えたとか、傷害罪で保釈中の身だとかいう、物騒な噂が多々ある「複雑な」彼だった。
冴子は、彼に翻弄されまいと、必死で恋心にブレーキをかけるが、やがて2人は恋人同士になり……。三島が40歳で書いた、青春恋愛小説。


 女性週刊誌に連載されていたということで、読者ターゲットはもちろんある一定年齢以上の女性。
 ヒロイン冴子はいわゆるセレブなお嬢様。その彼女が一目ボレする彼・宮城譲二は身長六尺(尺!…だいたい180センチかな)の、背中ハンサム。←背中美人のオトコ版のつもり。
 冴子は譲二の顔でなく、制服のビシッとキマッた背中に惚れてしまうんですな。何故か。背中フェチなのかな? で、彼がたまたまイケメンだったためになおさら深みにハマッてゆくという……。
 設定からして女性読者をかなり意識してると思った。令嬢とイケメンスチュワード。しかもその彼は女性関係に関する噂が絶えないらしい。
 で、譲二の方も美人な客・冴子に実は一目ボレ。意識し合う2人は今後いったいどうなっていくのか……?

 と、かなり興味を惹く展開に突入です。なんといってもこのタラシの彼・譲二のキャラクターが秀逸です。
 日本人離れしたルックスに体型。世界を股にかけて女にだらしない、ある意味ワールドワイドな彼。だけど少年のような純情さも持ち合わせているという、ありがちといえばありがちで嫌味なキャラなんですが。
 でも、そこが三島由紀夫の手にかかるとなんとも好感度アップなキャラになってしまうのが不思議なところ。
 軟な譲二に硬の冴子の対比もまた素晴らしく巧い。

 冴子視点・譲二視点とさりげなく視点を変えての心理描写もすんなり入り込んでいけるし。
 譲二に全てを任せてしまいたい冴子、でもどうしても出来ない葛藤と、真に愛する女に巡り合えた譲二の、でもどうしても冴子と結婚できない苦悩が読んでいてもどかしくもスリリング。
 少し冗長なカンジもしないでもないですが、2人の恋のさやあてがなんとも面白い。恋愛観がさすがに今と違ってちょっと時代を感じますがね~、特に冴子には。まあ、それも仕方ないとして。

 ラスト、自分の前から姿を消した譲二を追い求め、愛を告げる冴子が知った、譲二の真の姿。
 意外な悲恋になってしまったオチにビックリでした。背中で恋を始めさせ、その背中で恋の終止符を打たせるという作者のテクに唸る~。
 個人的にはできればハッピーエンドで終わって欲しかった! そう思わせるほど、一気に読めた!

 ただ、コレ、最後の解説を読んでさらにビックリ! 
 この譲二のモデルになった方が解説を書かれているんだけど、いきなり自分の中のイケメン譲二像が音をたててガラガラと崩壊していったのは紛れも無い事実。
 このハナシ、この方の半生だったのね、と知ってかなり脱力あんどショック!! でもまあ、小説としては自分的には面白く読めたので、ま、いいか~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 三島由紀夫
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

たまりません * by キヨハラ
三島作品にも、こんなのがあるんですかー。女性自身的展開も面白そうですし、昭和の香りも深く吸い込んでみたい。私の読みたい本リストに追加することにします。
面白そうな作品のご紹介をありがとうございました。

Re: でしょ? * by 惺
キヨハラ様☆

> 三島作品にも、こんなのがあるんですかー。
こんなのばっかり(でもないか)ですよ~。意外と女性をターゲットにした作品多いみたいです。

>昭和の香りも深く吸い込んでみたい。
昭和も昭和! なんたって「六尺」ですもん。
明治・大正かと思ったし。
良かったらご一読あれ。つっこみドコロ満載で楽しめます。

意外 * by 道楽猫
三島由紀夫って実は敷居が高い気がして未読なんですが
こういう読みやすそうなのもあるんですね。
「背中に惚れる」ってわかる気がします(笑)。
機会があれば読んでみたいな。
ご紹介ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます * by -

NoTitle * by 瀬川レナ
始めまして。瀬川といいます。

今、学校で「作家ノート」なるものをやっておりまして、私は一年間三島をやっています。
「複雑な彼」は買ったんですがまだ読んでなくて、とても参考になりました。ありがとうございますm(_ _)m

Re: だよね~! * by 惺
道楽猫 様☆
> 三島由紀夫って実は敷居が高い気がして未読なんですが
ホント~、わかります!
自分も以前はそう思ってました。
が、実はそうでないコトを最近発見!
爆笑モノのエッセイとか、ご婦人方向けの作品がた~くさんあるんですよ~。
……といっても、自分もそうたくさん読んでいるワケではないですが。

> 「背中に惚れる」ってわかる気がします(笑)。
自分も~!! 
こういうトコ、女性心理をよくわかってるよね、三島サン☆
コメントありがとうございますi-176

Re: はじめまして☆ * by 惺
瀬川レナ様☆
こんばんは~!
自分も何度か瀬川様のブログにお邪魔した憶えが。

> 今、学校で「作家ノート」なるものをやっておりまして、私は一年間三島をやっています。
す、スゴイですね。
瀬川様のお年(確かものすご~くお若いんですよねッ♪)で三島を読むとは!!
自分のグダグダ記事はたいして参考になりませんが、三島作品は意外と面白いです。
しかし、若い人にとってはどうなのかな?と少し不安もあったりして……e-263
一年間頑張ってくださいね!!
応援してま~す☆
コメントありがとうございましたi-176

Re: こんばんは☆ * by 惺
v-83コメ様☆
お久しぶりです~!
もちろん、喜んで!!
ありがとうございました☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する