FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-12-25 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

新約聖書物語新約聖書物語
(1997/04)
ギュスターヴ ドレ

商品詳細を見る

 またもギュスターヴ・ドレの魅力満載の「新約聖書物語」。「旧約~」に比べると必然的に登場キャラクターは減少してますが、作品としての迫力はコチラの方がスゴイかも。
 以下BOOKデータベースよりあらすじ。

今から2000年前、悪政による退廃と堕落と混乱と、それを律しようとする戒律によって、人々の心が未来を見失い、深い絶望の淵に立たされていた頃愛による平和と自由を夢見た、一人の若き革命家の物語。新約聖書の世界を視覚化!天才版画家ドレの聖画78点完全収録。

第一章  イエスの出現
第二章  布教
第三章  受難
第四章  復活、その後  の文と絵画のゴージャスな四章構成。

 おお~! あらすじがあった! イエス・キリストは革命家だったのですね。目からウロコです。← この慣用句も新約聖書から出たモノなんですって!
 聖書って知っているようで知らないんですよね。自分もそうでしたが、コレを読むとものすごくよくわかる。あ、別にクリスチャンではないですが、イエス・キリストという人物の伝記として、そしてひとつの物語として読むとなかなか面白いことを発見しました。
 それに抽象的で想像しにくい内容もドレの絵のおかげで一目瞭然・わかりやすい!

 イエスの誕生から布教・受難・死・復活をへて、ラストのヨハネの黙示録が自分的にはベストでした。
 この黙示録はなんとも抽象的でメタファーや暗喩ばかりで構成されているらしく、はっきり言って難解。でも深読みせずにそのまま読むと、とても幻想的な内容で驚きます。(深読みすると、当時台頭していたローマ帝国への批判らしいのですが。ま、それは置いといて)
 ドレの絵ももちろん内容そのままを描いてますが、クライマックスの天使と悪魔(ドラゴン)とのハルマゲドン(最終戦争)のシーンは圧巻です。
 地底にうごめく悪魔はとことん暗く邪悪に、天上の天使はあくまで神々しく煌びやかに。この対比が見事!
 緻密すぎてまるで映像を見ているよう。カラーだったらもっと迫力あるんだろうな~。

 2010年前の今日、イエス・キリストは誕生したんだよね? ←多少誤差はあるようですが。
 クリスマスも今日で終わり。ウィキで調べてみるといろいろと深い意味もあり、国によってその時期もまちまちなんですね。日本では一般的には楽しいお祭り・イベントとして定着していますが、こうやってあらためて聖書をひもとくとなかなか深い意味があるのだなと、感慨深いです。

 自分はイヴも今日も仕事であんまりお祭りムードではなかったのですが、なにげアルコールも美味しく飲めたし、この本も読んだのでちょこっとだけ雰囲気を味わうことができました。
 皆様のクリスマスはいかがでしたでしょうか? 
 クリスマス寒波がものすごいです。風邪などひかないように残り少なくなった2010年をお過ごしください。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 聖書・キリスト教 * Genre : 学問・文化・芸術 * Category : ギュスターヴ・ドレ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する