09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-01-05 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
(2010/04)
万城目 学

商品詳細を見る

 以前から気になっていた作品でした。「鴨川ホルモー」・「ホルモー六景」がものすごく良かったので、必然的にコチラも期待! 以下文庫裏表紙よりあらすじ。

大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。
失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声で鹿が話しかけてくるまでは。
「さあ、神無月だ──出番だよ、先生」。
彼に下された謎の指令とは? 古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー!


 救国ストーリー! まあ、確かにそうです。ビックリです。鹿と28歳男子と救国とどう繋がっているのか? ものすごい展開にただただ、あ然としながらページをめくりました。
 が、これがものすごく良くできていて、練られたストーリー構成にまたしてもやられました。

 冒頭の「おれ」が研究室で居場所を失い、何故か女子高に赴任するまでの件もかなり強引な設定だけど、語り口があまりにも淡々とし過ぎていて、却って何か起こりそうで一気に読めてしまう。
 そして「おれ」が女子高に赴任してからがこの作品の真骨頂。奇妙な鹿の登場とともに、怒涛の不思議ワールド全開となるのだ!!

 スゴイです、この世界観。序盤から張り巡らされた伏線。「おれ」も含めて周りの者皆、何気ない日常を送っているはずなのに、日本は刻々と滅亡の危機に瀕している。
 その危機を救うにはとあるアイテムと選ばれし者が必要──という、まるでゲームか? とツッコミたくなるが、それでいてなぜか和テイスト溢れるSFファンタジーとして読めてしまうのだから、素晴らしいの一言です。

 読んでいてこのハナシは「不思議の国のアリス」か? とちょっと錯覚。
 白ウサギを連想させる喋る鹿と出会った「おれ」は、その瞬間から不思議の奈良ワールドに迷い込むことになるし。そこで冒険を繰り広げる「おれ」はまさにアリスだわ~、と。
 あ、でも解説にもあったけど、このハナシは「坊ちゃん」のオマージュでもあるらしいのね、言われてみると確かにそうだ。

 で、一番白眉のシーンはというと、もうひとりの重要キャラである堀田イトの大和杯における、剣道試合シーン!! もうこの部分だけでも独立したスポ根作品として充分通用すると思った。感動的です。「おれ」と堀田が初めてココロ通わせる重要なシーンを、このように設定する作者サンが粋です。
 そしてラスト、新幹線での「おれ」と堀田の別離シーンはあまりにもベタすぎてテレましたが、あれで良しとします!! ←エラそ~。

 作者サンお得意の独特ワールドにSF・ミステリー・ファンタジー・スポ根・そして大甘すぎるらぶらぶテイストを盛り込んだ、渾身の1作だわ、と思わず感動。
 魅力的なキャラ・爽やかな読後感・あまりあるほどの全編に散りばめられたユーモア……すべてにおいて楽しませていただきました。そして、児玉清氏による解説も爆笑モノです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 万城目学
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

NoTitle * by ひいち
「鴨川ホルモー」面白いっておっしゃっていたので、
借りてきましたよう~♪
読むのが楽しみぃ(>∀<)

この本も面白そうですね!!

お正月本が読めなかったので、
じゃんじゃん読んで、中毒症状改善しないと!(笑)

こんにちわー^^ * by チルネコ
万城目氏って荒唐無稽なファンタジックな感が強いですが、なんのその!とてもプロット構築とか上手いですよね。本書も六景の「もっちゃん」を読んだときなど、この作者さんは絶対ミステリも書けると思っちゃったくらい^^本書では関西ならではの「奈良健康ランド」に爆笑でした(笑)

ドラマ版はみました!! * by なりきち
久しぶりに来てみたら、とっても素敵なblogになって、キュン
キュンしてますv-238良いですね~。
凄く素敵です。映像を先に見てしまうと駄目ですね、先入観が...。それにしても、年間物凄い数の読本!!天晴れですv-218
今年もよろしくお願いしまっす!!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは♪
> 「鴨川ホルモー」面白いっておっしゃっていたので、
もう~!! バカバカしくて面白くて最後ホロッと感動…といったトコロでしょうか。
途中でナニ?コレ?
と思う箇所も多々ありますが。
男子大学生の思わぬ生態(ウフフ)を知ることができますよん☆

Re: チルネコ様☆ * by 惺
こんばんは~♪
> とてもプロット構築とか上手いですよね。
ホント!! 緻密といっていいのか…破綻することなく巧く収めているという印象!

>本書も六景の「もっちゃん」を読んだときなど、この作者さんは絶対ミステリも書けると思っちゃったくらい^^
あれは、もうほとんどミステリーですよね。「もっちゃん」は隠れた名作だと思う!
今度、万城目氏の純然たるミステリー(しかもあの作風を変えぬまま)を読んでみたい気もする!!

Re: なりきち 様☆ * by 惺
こんばんは~♪
> 久しぶりに来てみたら、とっても素敵なblogになって、キュン
> キュンしてますv-238良いですね~。
あ、ありがとうございます(照)
装飾過多すぎ~?と自分では思っていたのですが……。
どうぞ、思う存分キュンキュンなさってください☆
お褒めの言葉、とっても嬉しいです(再び照)

> 映像を先に見てしまうと駄目ですね、先入観が...。
自分も1回だけTV観たことがあるんですが、個人的にはやっぱオリジナルの小説の方がいいですね~♪
「おれ」=玉木宏・堀田チャン=多部美華子だったのね、ビックリ!

こちらこそ今年もヨロシクお願いいたします!
ご訪問ありがとうございました。また来てくださいね☆


あけましておめでとうございます * by 道楽猫
ご挨拶が遅くなってすみません。
今年もどうぞよろしくお願いします。
「鹿男」、ドラマを面白く観ましたが、原作はもっと面白いんだろうなー。
SF・ミステリー・ファンタジー・スポ根!!
なんて贅沢なっ
黄色いお店で探してみます(笑)。

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
あけましておめでとうございます♪
こちらこそ、今年もどうぞヨロシクお願いいたします!

> 「鹿男」、ドラマを面白く観ましたが、原作はもっと面白いんだろうなー。
うんうん、サイコーでした☆
自分的には剣道試合シーンがツボでしたね~!!

> 黄色いお店で探してみます(笑)。
是非に~!! 安くてキレイでたくさんあって。
1日いてもいいくらいだ!!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。