05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-01-19 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)
(1971/08)
フランソワーズ サガン、朝吹 登水子 他

商品詳細を見る

 が、画像が既に無い……以前読んだ「悲しみよ、こんにちは」がとても良かったので、またもサガンに挑戦! とっても期待して読みました。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

45歳の女性シナリオ・ライターのドロシーは、いささか思慮に欠け、アル中気味でもあるが、自分の道をごまかしなく歩もうとしている。
彼女にはポールというハンサムで申し分のない恋人がいるが、二人の前に風変りなヒッピー青年ルイスが現れる……。
ハリウッドを舞台に展開する一人の女と二人の男のかもし出す不透明な雰囲気を、文学的才能と鋭い感性で捉えた第七作。

 相変わらず読みやすくて洒落た小説だな、と。前作はヒロインは17歳の少女。今作のヒロインは人生の酸いも甘いも噛み分けたドロシーという大人の女性。
 彼女にはポールというイケメン恋人がいるが、彼女はひょんなことからルイスという、これまたイケメン青年を拾ってしまうことになる。
 ゆきがかり上、何故かルイスと暮らし始めるドロシー。親子ほど年の差がある彼女にとって、ルイスは恋愛対象外の存在。単なる憐憫の情だけで生活の場を提供していたのに、ルイスは彼女に恩義を感じ、無償の愛情を捧げることになる……。

 と、ここまで書くとなんとも大甘系のラブロマンス! イケメン2人に愛されるドロシー……と、シチュエーション的にもとっても美味しいのですが、さすがサガン。そんな甘い展開は用意していないのです。
 ある夜拾ったルイスは実はとんでもない狂犬。いや、牙を隠した狼といったところかな?
 自分の窮地と生命を救ってくれたドロシーに対して盲目的な愛を注ぎ、遂にはドロシーを不幸にする人間を、次々とその手で殺めてしまうのだ!
 その事実を知ったドロシーの驚愕と苦悩の描写が巧い! 自分と対立する人物が必ずルイスのターゲットになってしまうと知った彼女の、たとえ憎い相手であってもその憎悪の感情をぐっと飲み込むシーンがなんともコミカル!

 なんとかしてルイスに殺人を犯させまいとするドロシーがとても愛すべき人物に思えた。時にアルコールに逃げ、恋人に逃げてしまう、そんな彼女のキャラクターが好感度大。
 対する美貌の殺人鬼・ルイスのあまりにも冷酷でありながら、ドロシーにだけは唯一ココロを開くという、思いっきり母性本能くすぐる孤独な翳りもとっても魅力的。
 愛する女性のためにその手を汚すことも厭わない美青年……う~む、女子にとってはなんとも美味しい設定。一種のファンタジーとして読みましたね、自分は。

 そんな狂犬ルイスをドロシーはもちろん警察などに突き出すなんてヤボなことはしない。
 恋人ポールとの結婚を決意し、ナント3人で暮らそうというのだ。
 このラストを背徳ととるか、粋ととるか。それはやはり読み手の受け取りかた次第というところでしょうかね。
 ドロシーが今後どうやって美しくも凶暴なルイスを飼いならしていくのか。そして男女の恋愛でもなく、かといって母性愛でもない。この微妙で不思議な二人の関係がどうなっていくのか? ソコが自分的にはとても興味が湧いたし。
 サガン女史、さすがの幕引きだな~と唸りました! 


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : フランソワーズ・サガン
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

NoTitle * by 瀬川レナ
サガンは「悲しみよ、こんにちは」しか読んだ事がないですが、この本も読みたくなりました!
「悲しみよ~」は、無邪気な残酷さみたいなのがうまいなぁと。


それで、突然で申し訳ないのですが もしよければ、リンクをブログに貼らせていただけないでしょうか?
よろしくお願いします^^

Re: 瀬川レナ様☆ * by 惺
こんばんは♪
> サガンは「悲しみよ、こんにちは」しか読んだ事がないですが、この本も読みたくなりました!
> 「悲しみよ~」は、無邪気な残酷さみたいなのがうまいなぁと。
10代で書いたとは思えない巧さにビックリでした!
「優しい関係」は交流しているブロガーさんのオススメなのですが、面白かったですよ!

リンクOKです☆
とっても嬉しいです。自分も貼らせてください。
こちらこそヨロシクお願いします!!

交流しているブロガーさんってアタクシ?^^ * by 読書系女子
この本、アルフィーの高見沢さんも好きな本に挙げているんですよね~~
あのかたもちょっとルイスっぽい?(笑)

いろんなコトがあっても、まぁ、なんとかなるさっ、とサバサバした気分になれる1冊です、私にとっては。

Re: Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんにちは~♪
もっちろん、読書系女子様ですよん。サガンといえば、読書系女子様!!
今回もステキな本をご紹介、ありがとうございます。
新しく交流させていただくe-35の瀬川レナ様~!
読書系女子様のブログ売れてる本ランキングと読書系女子セレクトは、
現在数学の講義を展開中です。
たまに経済も学べるとてもアダルトで教養高いブログです!
一読の価値ありますよ☆

> この本、アルフィーの高見沢さんも好きな本に挙げているんですよね~~
> あのかたもちょっとルイスっぽい?(笑)
タカミー≒ルイス……なんとも斬新な!

> いろんなコトがあっても、まぁ、なんとかなるさっ、とサバサバした気分になれる1冊です、私にとっては。
ドロシー羨まし~!! なんて、思いっきり憧れを抱いて読んでおりました。
ルイスのように無償の愛情が欲しいよ~!! とココロの中で叫んでいた自分。
なんだかとても悲しくなりました…。
コメント・TBホントにありがとうございますi-176

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
優しい関係
優しい関係 (新潮文庫 サ 2-7)(1971/08)フランソワーズ サガン 朝吹 登水子商品詳細を見る   ↑ 画像が出なくて残念 今はもう本屋の棚で見かけることはなくなってしまった。 古本で手に入れるか、... …
2011/01/20 09:45  売れてる本ランキングと読書系女子セレクト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。