06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-21 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

ブラームスはお好き (新潮文庫)ブラームスはお好き (新潮文庫)
(1961/05)
フランソワーズ サガン、朝吹 登水子 他

商品詳細を見る

 またしてもサガンを読んだ。恋愛モノが限りなく苦手なジャンル(古典悲恋モノはOK)の自分としてはめずらしいな~と、驚きつつ読了。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

美貌の夫と安楽な生活を捨て、人生に何かを求めようとした聡明で美しいポール。ディスプレー・デザイナーとして自立し、ロジェという恋人を持つ三十九歳の彼女に、十五歳も年下の美しい金持ちの息子シモンが夢中になる。彼女を真剣に恋したシモンは、結婚を申し込むが……。
孤独から逃れようとして織りなす複雑な男女のもつれを描く、パリの香りに満ちた四番目の長編小説。

 前に読んだ「優しい関係」とほぼ似たシチュエーション。美しい40歳前後の女性とその恋人。で、そのカップルに絡む年下の美青年。この、「年下の美青年」というのがミソで、「優しい関係」ではいわゆるワルで、今作の彼は金持ちのボンボン。真逆ですが、基本キャラ設定は同じ。年上の知性的で聡明なヒロインに一目ボレし、惜しみなく愛を注ぎ、孤独を癒してくれて、さらにイロイロと奉仕してくれちゃう! ちょっとマンネリ感漂うが、なんとも理想的な青年像です。

 ストーリーとしては単純明快。いわゆる3角関係モノです。
 長年連れ添った恋人・ロジェが若い娘と浮気してしまい、それを見て見ぬフリをするポール。決して取り乱さず醜い嫉妬心などは表に出さず。恋人の心が次第に自分から離れていくことを知りながらも、心のどこかで孤独を恐れている。その心の隙間に突如割り込んできたシモン。彼の若さと自分に対する愛の一途さに戸惑いながらも次第にその愛情を受け入れてしまう、ポールの微妙な女性心理描写が巧いな~と。

 ロジェという男がとんでもなくどうしようもないヤツで。若い娘にうつつを抜かしているクセに、ポールがシモンとくっついたと知ると俄然嫉妬心を燃やすという……隣の花は赤い状態。結局はポールを忘れられずにヨリを戻すんだけどね。
 ポールとしても、やはり15歳も年上というのがかなりコンプレックスだったようで。「愛に年の差は関係ない」という言葉を地で行くシモンと別れてしまった気持ちも痛いほどよく判るが……しかし!! 自分としては、シモンに対する同情がハンパなかったな~。ポールが自立した女性、という設定ならば、どっちつかずのどうしようもないロジェなどさっさと斬り捨てて、少~しばかり頼りないかもしれないが、シモンとの新しい生活を2人で切り拓いて行ってよ~! と切に願ってしまった。

 現実的に言うなら、ポールの下した判断は真っ当だったのだと。しかし、ロジェとは別れた方がいいぞ~。腐れ縁でズルズル……はロクなことがないからね~、と既に激しく感情移入。ただこの作品、サガンが20代の頃に発表されたとのこと。恐れ入ります。自分よりも遥か年上女性の心理描写がとても巧みでそれだけでも瞠目に値する作品だと思いました。あと、母性本能をくすぐる美青年の描写も巧いね! シモンがとっても魅力的で、このキャラが今作の面白さの一端を担っているかな~?

 なぜに、こんなにサガンを読んでしまうのか。自分の心理を解析したところ……プチセレブな世界を舞台にした美しい自立した女性。美貌の青年に言い寄られ苦悩するヒロイン……かといって○ーレクインのように甘ったるくない展開等々、なるほどおよそ自分とは真逆の理想的なエレメンツがた~くさん詰まっているからなのね! 無意識のうちの、実は自分の密かな願望の表れだったのね! と妙に納得してしまったのでした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
Theme : 海外小説・翻訳本 * Genre : 小説・文学 * Category : フランソワーズ・サガン
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

苦手なジャンルでしたか!! * by 読書系女子
パリの雰囲気とか妙におしゃれですよね~~
それなのに○ーレクインになってしまわないところがサガネスクですね☆

私的にはワルのルイスのほうが好みです^^;

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは~♪
恋愛モノはガラでもないというか…orz
でもサガンの今まで読んだ作品は好きだなあ。

> 私的にはワルのルイスのほうが好みです^^;
いいですよねぇ……彼もi-178
サガンが描く年下美青年たち、なにげ自分のツボです!
次は何を読もうかな~。
また読書系女子サンのレビューを参考にさせていただこうっと♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。