09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-23 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

神様のメモ帳 (電撃文庫)神様のメモ帳 (電撃文庫)
(2007/01/06)
杉井 光

商品詳細を見る

 書店でかなり目立つ場所にディスプレイされていたので、ついつい手に取ってしまった作品。岸田メル氏のちょっとゴスっぽいイラストに惹かれたのも確か。予備知識全くナシで読み始めました。以下文庫見返しよりあらすじ。

「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」
路地裏に吹き溜まるニートたちを統べる<ニート探偵>アリスはそう言った。
高校一年の冬に僕と同級生の彩夏を巻き込んだ怪事件、都市を蝕む凶悪ドラッグ<エンジェル・フィックス>──すべての謎は、部屋にひきこもる少女探偵アリスの手によって解体されていく。
「真実はきみの平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいかい?」
僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す!


 大甘系のカバーイラストとは打って変わって内容はまったく別テイストでした。語り手は高校一年生の藤島鳴海。かな~り内向的で独り言が多いらしいキャラ。その彼の一人称で物語は展開してゆくのだけれど……ううむ、自分的にはイマイチなカンジでした。
 引っ越してきたばかりで、性格的になかなか学校に溶け込めず孤立していた鳴海の唯一の友達が彩夏。その彼女がある日突然学校の屋上から飛び降り自殺してしまう──ここから鳴海はその後の人生を変えてしまうような一大事件に巻き込まれていく。そして、その彩夏の自殺には街に出回る謎のドラッグ「エンジェル・フィックス」が絡んでいるらしいのだが……。

 そして、もう一人重要なキャラが自称・ニート探偵を名乗るアリスという少女。一度も学校教育を受けておらず、ひきこもったまま。しかし、知識だけは豊富な一人称「ぼく」の典型的ボクッ娘。常に上から目線で鳴海をコキ使い、いわゆる萌えキャラを狙っているようですが……この少女探偵・アリスの魅力がこれまたイマイチ。なんか、自分の中では「GOSIK」のヴィクトリカとキャラが被ってしまって。
 だってホントに似ているんだよ~!! のちにアリスの助手となる鳴海のちょっとしたヘタレ具合とかも、どうしても一弥を連想してしまって……。
 なので、主要キャラ2人は特に個性的なコンビというわけではありません。逆に自分的にはあまり魅力を感じなかったかも。

 が、その2人を凌駕しそうなくらい、脇キャラたちが個性豊かで救われました。極道の四代目とか、イケメンでヒモとか。あ、もちろん皆さんニートであることは絶対条件。でも、読んでいて別にことさらニート設定じゃなくてもいいんじゃないかなと。登場キャラたちが全員ニートである必要性があるのかどうか、自分にはまったくわからなかった。
 ミステリーとしては、謎解きは簡単。ただ、ドラッグにまつわるハナシだけに、そちらの方面の描写はかなり詳細で読みごたえがあった。特に終盤、鳴海が事件解決にむけて身体張る(生命張る?)シーンなんかは、ちょっと意外な展開で面白かったし。

 アニメ化もされるそうなんですが、やっぱアリスと鳴海のキャラが類型的すぎなカンジが……。「どこかで見たことあるぞ、このコンビ」的な。
 「神様のメモ帳」というタイトルの意味もこの巻ではちょっとわかりづらかった。なので、今後どう展開してゆくのかが楽しみかな?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
Theme : ライトノベル * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ライトノベル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。