07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-26 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

魔術はささやく (新潮文庫)魔術はささやく (新潮文庫)
(1993/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

 何度めかの再読。宮部作品は初期のミステリーしか読んでなくて……この作品もそのうちのひとつ。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄にとび込んだ。三人めはタクシーの前に。
何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた……。
だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。


 探偵役は高校生の守少年。作者サンは少年を描くのがとっても巧いですよね。彼がオトナの力を借りながらも、ほとんど独りで事件の核心へと近づいてゆきます。
 時と場所・手段など、何の関連も無いと思われていた3人の若い女性の自殺。そのうちの一人が守少年の叔父
が運転するタクシーに轢かれてしまい、否が応でも守は事件へと巻き込まれてしまう。

 チラつく4人目の犠牲者、事件の謎の一端を知る人物の不審死、守の傍に影のように控えている謎の人物……等々、次から次へと事態は二転・三転して飽きさせない。
 悪徳商法やサブリミナル効果等、当時の社会問題・事象なども織り交ぜた展開はもうお手のモノ。
 宮部作品なのでもう言うべきことは何も無いんですが、自分の中では実はイマイチな作品だったんです。
 やはり、犯人がね。ちょっと……。終盤に突然登場してすべて謎を明かしてしまって、ミステリーの醍醐味が殺がれたような気がして……個人的に残念感が。
 そして、殺人のトリックもね……あれでは、なんでもアリじゃん! と思ってしまったし。

 守と父との複雑な関係・事情などの解明もいわゆる真犯人の使う「魔術」で済ませてしまったのが、ううむ、なんとも安易なカンジがして。
 ただこの作品、ミステリーとしてよりも守の精神的成長の物語なのかな、と思ってしまいました。ラスト部分で、彼が実の父親を殺した人物を殺す(裁く)ことのできる状況に陥ったあたりの心理・葛藤描写はさすがの巧さ!

 殺人事件を追いながら、亡き実父の真の姿を知った守。その彼を優しく取り巻く叔父家族。殺人事件という困難に巻き込まれながらも、それを乗り越えることによって、より絆を強くした家族愛の物語として自分は読みましたね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 宮部みゆき
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: こんばんは! * by 惺
v-83コメ様☆
「火車」いいですねェ!!
「蒲生邸事件」も良いですよ~。ちょうど今日、2.26事件を扱ってますし!
以前読んだ時とはまた違った感慨があって、「再読」っていいですよね!

管理人のみ閲覧できます * by -

なるほど * by 道楽猫
これはずい分昔に読んだきりなのであまり内容を覚えてないなぁ。
私はとても面白かったという記憶があるのですが、他の方のレビューを読ませていただくと、また違った見方があったりして面白いもんだなと思います。
私もまた本棚の奥から引っ張り出してきて読もうかな。

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは☆
> 私はとても面白かったという記憶があるのですが、他の方のレビューを読ませていただくと、また違った見方があったりして面白いもんだなと思います。
自分も昔はものすご~く面白いゾ! と思ったんですが……。
再読したら、う~ん、ちょっと、アレ?
って思っちゃったんですよね。特に「魔術」の部分が。
もちろん、作品全体としては面白いことは間違いないんですが。
再読すると、いろいろな発見がありますね!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。