05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-27 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

つきのふね (角川文庫)つきのふね (角川文庫)
(2005/11/25)
森 絵都

商品詳細を見る

 久しぶりの森絵都。今のところ自分的にハズレ無しです! 今回はいままでと少し違ったテイストで新たな魅力発見といったカンジでした。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

あの日、あんなことをしなければ……。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき──。
近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような傑作長編! 第36回野間児童文芸賞受賞作。

 いつもの、あの柔らかい登場人物と作風とはまったく違います。
 ヒロイン・さくらは過去に万引きをした、ひとクセある少女。親友の梨利とは、その万引き事件で彼女を裏切ってしまった苦い経験から仲違い中。その梨利は次第に外見も行動も派手になり、終いには売春疑惑で警察のお世話になってしまう。
 そして、もうひとりの風変りな友達・勝田クンは病的なほどの寂しがり。ストーカーのごとくさくらにつきまといながらも、その世話好きな性格のために彼女も何度か助けられる。
 さらに、ふとしたきっかけで知り合った、孤独なさくらの唯一の理解者であり友達でもあった智さん。いつでも優しくさくらや勝田クンを受け入れ、2人の心の拠り所であったはずなのに、次第に彼も心の病に侵されてゆく。

 ……と、主要4人のキャラクター達は皆、なにかしら心に傷を負ってます。さくらは自分で盗人を自称しているし、勝田クンは寂しがりを、梨利は自分の心の弱さを、そして智さんは心の病を、それぞれが自覚していながら、どうすることもできずに日々を生きている。
 将来に希望が持てない梨利は「未来なんか来なければいい」と言うし、智さんは地球から(自分の苦しい現状から)逃げ出すために一生懸命宇宙船の設計図を描いている。そして、さくらも人間関係に疲れ果てて「植物になりたい」と思っている──。
 そんな彼等の姿はとても苦しそうで、生きにくそうで、読んでいてとても切なくなる。ある意味救いようのない4人の、ヒリヒリとした心の葛藤が痛いくらい伝わってくるし。

 時折起こる放火事件を見事な伏線として、怒涛のラストシーン! 紆余曲折あって、その放火現場にいる智さんを救出に行くさくら・勝田くん・梨利たち。生死にかかわる緊迫した状況の中、仲違いをしていた3人がようやく素直に心を開き、一致団結して智さんを助け出すシーンが感動です!!
 いつものあの優しい作風とは打って変わった強烈な作品……と言っていいのかなあ? 悩める青春真っ只中の少年少女達の葛藤と友情がココロ打ちます。
 で、タイトルとなっている「つきのふね」というのは、自分的に4人のかけがえのない友情・絆のことなのではないかな~と思ってしまいましたね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 森絵都
* Comment : (4) * Trackback : (2) |

またまたこんばんは * by 道楽猫
森絵都さんはいいですよねぇ。
私もコレ大好きです。
確か感想も書いた…と思ったら「本が好き」だけに投稿してて、自分ちには未掲載でした(汗)。
惺さんほどしっかりした書評ではないけど、後で載せておくのでトラックバックさせてくださいな。

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは~♪
> 森絵都さんはいいですよねぇ。
好きです~。森絵都i-178
コレは今まで読んだ作品とはまた違ったテイストでいいカンジです!
TBまでしてくださるのですね~!!
嬉しいですう☆
コメントありがとうございます!

NoTitle * by ひいち
森絵都さん。ここ最近2~3冊読みました。
いいですね。なんだか好き☆

つきのふねもおもしろそう(^∀^)

あの~。今、下書き中の記事に本の事載せようと思っていて、
その中で、惺さんのお名前&ブログリンク貼ってもいいですか?
記事のアップは数日後になると思いますが。
ダメだったらご連絡くださーい(^∀^)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは~♪
森絵都サン、かなり自分的にツボです。
オトナ作品もとっても良くて……なぜか目が離せない作家サンです~i-178

> その中で、惺さんのお名前&ブログリンク貼ってもいいですか?
ううう……嬉しいです~!!
ひいちサンのブログに貼っていただけるとは!!
ぜひ、お願いいたします。ありがたや~☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
つきのふね
つきのふね (角川文庫)(2005/11/25)森 絵都商品詳細を見る そっと触れないと、壊れてしまいそうな、繊細なガラス細工のような物語。 進路希望調査に「2000年なんかこない」と記入して万引きグループに傾倒... …
2011/02/28 07:14  道楽猫の図書室
「つきのふね」 森 絵都
つきのふね/森 絵都 ¥1,470 <ネタばれ> 主人公の年齢が自分より下なせいかそこまで感情移入はされなかったのだけど、こういう気持ちになったことはある、と過去の自分 …
2011/11/21 21:41  mellow
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。