07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-03 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

 桃の節句なので女子をメインにした作品を!! ということで(あと、薄さね!!)セレクトしました。もう終盤にかけて涙腺崩壊。涙ボロボロでした。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変わるひと月あまりを、西の魔女のもとで過ごした。
西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも……。


 ずばりテーマは「生きる力」と「人の死」でしょうか。おもわず宮崎駿の世界を連想してしまいました。
 学校生活での目に見えない確執に精神的に疲れてしまったまいの、再生の物語なんですが……。なんといっても「西の魔女」こと、まいのおばあちゃんの存在感が圧巻でした!! 清貧で高潔で優しくて、理想のおばあちゃん像を体現したような人物造形。素晴らしい。
 そして、実の母から「扱いにくい子」と言われるまいも、流されやすいけれど、芯のしっかりとした少女で個性的。
 ハナシの展開としては、この2人の淡々とした日常が綴られるのみなんだけれど、どうしてだか目が離せない。グイグイと作品世界に惹きこまれてしまって一気読み。

 外国の田舎を思わせる「西の魔女」の日常生活。そこにはおよそ「現代」を感じさせない。
 生みたて卵とか、手作り苺ジャムとか、洗濯機ではなく「たらい」で洗うシーツとか。時間から置き去りにされたような世界で繰り広げられるまいとおばあちゃんのつつましい生活こそが、まいの疲れたココロを癒す最良の治療法。

 「この世には、悪魔がうようよしています」
 おばあちゃんのいう「悪魔」とは、誘惑であったり、イジメであったり、怠惰であったり、まいがおのずと経験してきたさまざまな負の体験。そんな彼女に、「魔女修行」と称して、現代社会を強く生きていく方法を伝授する、おばあちゃんの数々の言葉と教えがとても印象的。

 精神的に傷ついた孫とそれを癒す祖父母。という設定の物語は多々あります。が、なによりこのハナシが印象的なのは、「生きる」ということと共に「死」も描写しているからなのではないかなと。
 ラスト、「西の魔女」が死出の旅立ちの際に、まいに残したメッセージが強烈です。最高に泣けました。これで、まいは最愛のおばあちゃんの「死」を力強く乗り越えて行ける!! と勝手に思い込みました。感情移入ハンパなかったです。

 作品の分類としてはYA(ヤングアダルト=青少年向き)なのですが、思った以上に硬質で一般向きのカンジがしました。タイトルもインパクト強くて、ナイスだと思います。思いっきり今さらですが、名作ですね!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン

関連記事
Theme : YA(ヤング・アダルト) * Genre : 本・雑誌 * Category : 梨木香歩
* Comment : (15) * Trackback : (1) |

桜色ですね☆ * by まいまい
テンプレ、お色直しですね。
春らしくて嬉しくなってしまいます。

これは大好きなお話です。
地に足をつけた「日常生活」って、
人の心を正しい位置に戻すんだなって気がしました。
ちょっと不思議な味わいも梨木香歩の魅力ですね~。
「村田エフェンディ滞土録」もとてもよかった。

それから映画の「西の魔女が死んだ」も素晴らしい作品だと思います。
もしまだでしたらぜひ見てみてください。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは☆
> テンプレ、お色直しですね。
> 春らしくて嬉しくなってしまいます。
わ~い!
お褒めいただきありがとうございます。
が、フォントが思ったより小さく、かなり読みづらくてスミマセン!

> これは大好きなお話です。
> 地に足をつけた「日常生活」って、
> 人の心を正しい位置に戻すんだなって気がしました。
> ちょっと不思議な味わいも梨木香歩の魅力ですね~。

初めての作家サンだったんですが、作品共々有名だったので、安心して読みました。
ひとりでも自分を認めてくれる「誰か」の存在ってとても大切なのだなと思いましたね。

> 「村田エフェンディ滞土録」もとてもよかった。
チェックします!!

> それから映画の「西の魔女が死んだ」も素晴らしい作品だと思います。
> もしまだでしたらぜひ見てみてください。
この記事書く前に、映画のサイト見たんですが、
おばあさん役の方ってぴったりだな~って思いました。
2人が住む家のセットも雰囲気あって、とっても面白そうですね。
まいまいサンがおススメならば一度観てみたいと思います☆

* by ひいち
こんばんはー☆
うん。コレ薄かったですね。
そして、あっという間に話しに入り込んで、
あっという間に読み終わっちゃいました。

心が温まる本だったなぁ~。
そして、背筋が伸びる本でもありました(^∀^)

テンプレが春色になりましたねー☆☆

こんにちは! * by 本読み人M
私もラストは、ぼろぼろ泣きました。
大好きな人がいて、その気持ちをいつでも「知ってるよ♪」と受け止めてもらえるということは何て幸せなことなんでしょ。
…ああ、マズイ。思い出し泣きが…(今、会社ですv-356

西の魔女が死んだ * by 風竜胆
こんばんは、コメントありがとうございました。この本、薄いけど色々と考えさせられる内容でしたね。
私としては、第2部のショウコがなかなか個性的でいいなと思いました。
ところで、よろしければ相互リンクどうでしょうか?

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは♪
> うん。コレ薄かったですね。
> そして、あっという間に話しに入り込んで、
> あっという間に読み終わっちゃいました。
そうなんですよ~。
薄さに惹かれて買ったんだけど、いやいや、感動モノでした!!
オトナ気なく、泣きに泣いた~e-263 ←実は涙もろい…。

> 心が温まる本だったなぁ~。
> そして、背筋が伸びる本でもありました(^∀^)
まさに、ソレです!!
背筋が伸びるってとても良い表現ですね。
この作品にぴったりです。

> テンプレが春色になりましたねー☆☆
ちょっと気分を変えて…と思ったんですが、
字が小さくて死んでます~。

Re: 本読み人M 様☆ * by 惺
こんばんは~♪
> 私もラストは、ぼろぼろ泣きました。
実はMサンも涙もろい?

> 大好きな人がいて、その気持ちをいつでも「知ってるよ♪」と受け止めてもらえるということは何て幸せなことなんでしょ。
ホントよね~。
お子様時代にはそれがとっても大切なコトなのかも。
だ、誰か自分も受け止めて~!! ← 失礼しました…e-263

> …ああ、マズイ。思い出し泣きが…(今、会社ですv-356
わかります~。
あのおばあちゃんのラストメッセージ思い出すだけで、
昨日はベソベソしてました。
お昼休みでしょうか? 
貴重なお時間、ご訪問頂いて嬉しいですう~i-178

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
こんばんは~♪
>この本、薄いけど色々と考えさせられる内容でしたね。
> 私としては、第2部のショウコがなかなか個性的でいいなと思いました。
いやいや、こんなに深い内容とは知らず…おトクな1冊でした。
存分に泣かせていただきました。
ワニ・ショウコちゃんでしたよね~。キャラとともに名前もインパクトありすぎでした!

> ところで、よろしければ相互リンクどうでしょうか?
え? この稚拙ブログでよろしいんですか?
ありがとうございます☆ 喜んでリンクさせていただきます!!

リンクお礼 * by 風竜胆
さっそくのリンクありがとうございます。
私の方もLinks欄にリンクしていますので、今後ともよろしくお願いします。

拍手コメ様☆ * by 惺
こんばんは♪
はじめまして!!
梨木サンも瀬尾サンも自分は初めての作家サンだったのですが、もうハマりました。
おっしゃるとおり、まさに「癒し」ですよね~。
拍手ありがとうございましたi-178
こちらこそヨロシクお願いします!

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
こちらこそありがとうございます!!
ふつつか者ですが、どうぞヨロシクお願いいたします☆

こんにちは * by 道楽猫
私も大好きですこれ。
なんというか、晴れた日に真っ白に洗い上げた洗濯物を物干し竿にずらっと並べたような気分になりました。
(どんな気分だソレは)
短いけど忘れがたい、とても良いお話だったとおもいます。

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんにちは~♪
> 私も大好きですこれ。
自分も好きな1作となりました☆
デビュー作なんですってね~!! 巧すぎてビックリでした!!

> なんというか、晴れた日に真っ白に洗い上げた洗濯物を物干し竿にずらっと並べたような気分になりました。
> (どんな気分だソレは)
わかるなあ……。
自分は昔、子供の頃過ごした田舎(新潟の山奥・スキー場近し)の祖父母の家を思い出しました。
畑とか、井戸(まだあったんだよ~!! 水が冷たい!!)とか、畑でとれたスイカとかとうもろこしとかセミの声とか。そんなくだらないけど、まさに田舎の原風景みたいなモノを何故か連想してしまいました。

> 短いけど忘れがたい、とても良いお話だったとおもいます。
ホントですよね。ムダのない名作だと。

この小説・・自分が中学時代に読んだなら、正直どうであったろうか? * by nao
香歩祭り第一夜は「西の魔女が死んだ」・・自分もこの有名タイトルだけは知っていました。
この小説、草花の名前が頻出するので、その度無知な自分は図鑑にあたって、
いちいちその正体(写真)など確かめてみるのでした・・ナサケナイ。
(草花・樹の名は苦手じゃ、鉱物・星座に至っては、完全にオテアゲ状態じゃ。
・・こんなんでも40年以上生きてこれたんじゃ・・これからだって・・)。
「魔女修行」は誰にも有効であるように思います・・自分は必須。
修行が生きた「まい」のように、人間の根っこのトコを確かにした生き方、
自分もせねば・・と、遅くこの歳になっても思うのでした。

例のラスト・メッセージ・・グッときました・利きましたわ。
ところで作中、銀龍草が、ある場面に効果的に扱われておりますが、
なんか妖しい花(?)ですなぁ・・自分ならば怖くて、摘んで持ち帰れますまい。

Re: nao 様☆ * by 惺
こんばんは!
> この小説、草花の名前が頻出するので、その度無知な自分は図鑑にあたって、
> いちいちその正体(写真)など確かめてみるのでした・・ナサケナイ。
スゴイ……ちゃんと調べるなんて…。
自分は思いっきりスルーしてしまいました(>_<)

> 「魔女修行」は誰にも有効であるように思います・・自分は必須。
> 修行が生きた「まい」のように、人間の根っこのトコを確かにした生き方、
> 自分もせねば・・と、遅くこの歳になっても思うのでした。
「魔女修行」って要するに最低の日常生活の基本のコトだと自分は読んだのですが。
年を重ねるにつれ、ソレすらできていない自分に愕然としたり……(汗)。

> 例のラスト・メッセージ・・グッときました・利きましたわ。
泣きました~!!! もう作者サン、巧すぎですよね。
naoサン、連日スゴイですね。ひたすら「祭」続行というカンジですね☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
西の魔女が死んだ
 梨木香歩の「西の魔女が死んだ」(新潮社)。  「魔女」という題名から、最初はてっきりファンタジーものかと思っていたら、全然違っていた。本書は2部構成となっている ... …
2011/03/04 19:12  本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。