FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-03-04 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
(2007/01/10)
西尾 維新

商品詳細を見る


 読みました。あっという間に読んでしまいました。とても読みやすかった~。あらすじはあえて書きません。(書けません?)簡単に言うと、朴訥なヒーロー鑢七花とツンデレヒロインとがめが伝説の刀鍛冶が打った12本の悪刀を手に入れる物語とでも申しておきましょう。

 初・西尾維新でしたが、期待を裏切らない展開、設定、キャラ造形。一話につき一刀、手に入れてゆくという、イマドキの方々にも時代劇にムリなく入っていけるよう、ある意味ゲーム感覚取り入れた工夫が凝らされてます。
 自分などは山田風太郎氏や柴田錬三郎氏の時代モノに慣れてしまっているので、すこ~しライト過ぎ? と思うトコロもありますが。多分作者は偉大なる先人の作品を少なからず参考にしたのではないでしょうかね、敵キャラの技などはかなり山田氏の忍法帖モノと類似する点がありました。が、それを巧く自分なりに消化していると思います。

 七花と敵との戦闘シーンの面白さもあるのだけれど、また一方で彼ととがめの宿命または因縁にも興味をそそられますね。今後どうなっていくんでしょ~。とがめの正体を知った七花の、彼女への贖罪の旅となる感強し! と自分は思ったのですが。

 アニメも1カ月に一回のペースで放送されていますね。第1話しか観てないのですが、やっぱりオリジナルの小説の方が自分的には楽しめました。七花の技のネーミングに文字の美しさを改めて感じましたね。そうそう、その七花の技の構えは皆花の名前なんですよ~。例えば「鈴蘭」に「牡丹」、大技は「花鳥風月」に「百花繚乱」ときた。ここら辺りに作者のセンスの良さが感じられる~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
関連記事
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 西尾維新
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する