06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-12 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

るり姉るり姉
(2009/04/15)
椰月 美智子

商品詳細を見る

 最近葬儀屋とかホストとか閻魔とか、そんな濃いハナシばかり読んでいたので、ちょっと感動作をということで。以前新聞の書評で高評価だったので、是非読んでみたかった1冊。以下アマゾンより内容紹介。

三姉妹が慕う、母親の妹のるり姉は天真爛漫で感激屋。周りの人々を楽しい気分にさせてくれる天才だ。だが、そんなるり姉が入院した。
季節を遡り、三姉妹や母親、るり姉の夫の視点から、元気だったるり姉との愛おしい日々が語られる。日常にある幸せが一番大切だと気づかせてくれる連作家族小説。

第一章  さつき ─ 夏
第二章  けい子 ─ その春
第三章  みやこ ─ 去年の冬
第四章  開人 ─ 去年の秋
第五章  みのり ─ 四年後 春

 「しずかな日々」が自分的にとても良かったのでこの作品にも期待してました。ヒロイン・るり姉こと、るり子を囲むその姪と姉、夫をめぐるほのぼのタッチの家族小説といった感。
 なんといってもるり姉のキャラが破天荒でとても良い。るり姉を取り巻く家族にとって、彼女がいかに大切でかけがえのない存在なのか。姉・けい子、その娘・さつき、次女・みやこ、三女・みのり、そしてダンナ様である開人。それぞれの視点から描かれる、るり姉のエピソードに癒されます。

 第一章・さつき視点のエピソードで、完全にるり姉は病死してしまうのだわ~と、連想。
 さつきの家族はちと複雑で、両親は離婚しているけれどちっともジメッとしていない。母親と3人姉妹のカラッとした描写、高校生・さつきの微妙な年頃の心理など、とっても巧く表現されていてスラスラと読めてしまう!
 実はアニヲタである看護師の母親、ヤンキーのみやこ、バレーボール命のみのり、の個性的な家族のキャラクター設定も絶妙で面白い。
 第四章・開人では、るり姉と開人とのラブラブエピソードがとっても清々しいし。

 冒頭でガンとおぼしき病魔に襲われる、るり姉。その彼女の余命いくばくもないと感じた家族のそれぞれ彼女に関する思い出がとっても瑞々しく語られているあたり、読んでいてココロ洗われるようでありました。
 てっきりバッドエンドかと思いきや、そうではなかったことにホッとしたり、逆にちょっと感動薄れるかな~と思ったり。

 自分的には第2章・けい子がかな~り面白く読めました。働くバツイチ母である彼女の、赤裸々なトホホエピソードが笑えるし、共感できる! それぞれの章でそれぞれの年代のキャラ・性別になりきって描く、作者サンの力量にも満足! ユーモア&ほっこり満載の良作だと思いました。

 実は昨日(3月11日)の地震の時、電車の復旧待つ間に読んでいて、かなり助かった1冊。不安な中、自分的にとっても癒されました。きっと地震起きるたびにこのハナシ思いだすんだろ~な~としみじみしてしまいました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 椰月美智子
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by KKGT-R
只々 ご苦労様でした。
本が一冊あると、気持ちが落ち着きますよね。

Re:KKGT-R 様☆ * by 惺
こんにちは!
こんな癒し系の本でよかったです。
「日本沈没」とか読んでたらテンション下がりまくりだったかもです。←古すぎ。
コメントありがとうございました!

* by こはる
こんにちは。

大丈夫でしたか?
凄い地震でしたね。

もう、こんな地震体験したくないですよね。

Re: こはる様☆ * by 惺
今、こはるサンのところにおじゃましてきましたが……。
こはるサン、大変だったんじゃないですか!!
ご帰宅お疲れ様でした。

> 凄い地震でしたね。
> もう、こんな地震体験したくないですよね。
まさか、まさかの大地震でビックリでした。
ホントに、できれば二度としたくないですよね。
コメントありがとうございました☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。