06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-13 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

華鬼華鬼
(2007/08/01)
梨沙

商品詳細を見る

 思いっきりジャケ買いです。挿画担当されているカズキヨネ様が好きで購入したのですが……ネット小説の書籍化です。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

『連れてこい。俺の花嫁を、ここへ』
少女の前に開かれた世界は、生まれたときから既に欲望と憎悪で塗り固められていた。「鬼の花嫁」の刻印を持つ少女「神無」は、16歳の誕生日に美しくも冷酷な鬼、「華鬼」のもとへ嫁ぐよう告げられる。なかば連れ去られるように向かったその先には、多くの鬼とその花嫁たちが生活する学園があった。
鬼や花嫁たちの嫉妬が渦巻き、奸計がはりめぐらされるその学園で、神無は更なる地獄をみる。彼女に害をなそうとする鬼、命をかけて護る鬼、そして、彼女を疎ましく思う華鬼。
さまざまな想いが交じりあう中、華鬼の残酷なまなざしの奥にひそむ苦しさを感じ取った神無は、知らず知らずのうちに彼に惹かれていくが…。


 ネット小説です。←しつこい。
 好きな人は好き・ニガテな人はニガテ、といったカンジでしょうか。学園伝奇小説ということですが、まあ、完全に乙女ゲーム向きの小説といった感が。
 なので、ヒロインを取り囲むのはほとんどイケメンキャラばっかり。敵から味方からぜ~んぶ。圧巻です。でも、途中で誰が誰だかわからなくなってしまうという……。

 端的に言うと、鬼である華鬼と、その彼の花嫁と運命づけられた少女・神無とのラブロマンス。その花嫁たる神無を常に守護するのが三翼というこれまたイケメン3人組。
 これに敵キャラである美形男子2人をまじえた、主要キャラ達がハナシを展開してゆくわけですが……。
 まず、世界観は雰囲気出ていてまあまあ良いカンジだと思います。ただ、鬼社会の背景が入り組みすぎていて自分にはあまりよく理解できなかったのがちと残念だった。

 さらに作品の全体的なムードは暗~いです。で、肝心のヒロイン・神無がまったく魅力無いのにあ然。暗くて受動的。典型的な受難キャラですね。今はこういうのが流行りなのかなあ?
 対するお相手の華鬼も、自分の花嫁なのに何故か殺意?を抱いて神無と対立関係という……まあ、徐々にこの2人が心を開いてゆくというのが今後の展開の面白さでもあると思うのだけれど。

 唯一魅力的だったのが、三翼のイケメン3人組。この三人も何故か魅力のまったくない神無にホレてしまって、何が何でも彼女を護るッ!! 的な。
 女子視点からするとまったく羨ましいような美味しい設定のキャラ達なんですが、いかんせんヒロイン・神無がどうしようもないキャラ(失礼!)なので、どうも彼等達が空回りしているようなのが、とってももったいないな~と。

 2巻まで読了しましたが、ようやく華鬼と神無が互いにココロを開きかけてきたトコロ。展開の起伏は乏しくて、唯一の読みドコロは華鬼・イケメン三翼と神無の微妙なラブラブシーンくらいかなあ? なので自分は時折挿入されている、カズキヨネ様の美麗イラスト頼りに読み進めました。
 が、堅く心を閉ざしているであろう華鬼と、彼の唯一の理解者になるであろう神無との今後の恋の行方が気になるといえば気になる。
 全4巻。過去に映画化・舞台化もされ、もうすぐゲームも発売されるとのこと。意外な人気作?なのね。
 はっきり言ってイケメンキャラ達に萌えたい人・カズキヨネ様の超絶美イラスト見たい~!! という方にはおススメな作品ですね~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : ゲームの小説 * Genre : 小説・文学 * Category : ★ライトノベル
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: ご無事でなにより。 * by 惺
v-83コメ様☆
お身内の安否が確認できてよかったですね。
一安心と言いたいところですが、なんだかまだまだ物騒ですよね。
お互い気をつけましょう!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。