05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-09 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

忍びの国 (新潮文庫)忍びの国 (新潮文庫)
(2011/02/26)
和田 竜

商品詳細を見る

 ひさしぶりの時代モノ。しかも新進気鋭の作家サン。「のぼうの城」・「小太郎の左腕」と読みましたが、小が大を打ち負かすというテイストでは、どっちかというと「のぼうの城」似かな?という印象。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。
このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた──。
破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史小説の到来を宣言した圧倒的快作。


 「天正伊賀の乱」というと、織田信長登場の、伊賀国がメッタメタ・殲滅の危機にさらされてしまう「第二次・天正伊賀の乱」の方が有名かと。
 ですが、今作の舞台となっている「第一次・天正伊賀の乱」というのもあったんですね。しかも伊賀軍が勝利していたとは。その史実を踏まえた虚実織り交ぜたエンタメ作品。

 面白かったです、意外とさらりと読めて。最初、キャラクターがあれよあれよとたくさん登場するので、一体誰がメインキャラクターなの? と混乱してしまいましたが、後に現れる、伊賀国随一と謳われ「その腕絶人の域」と評される忍者・無門であると判明。
 その彼も天才的な腕を持っていながら、普段はグータラで、とある国のやんごとなき姫だった恋女房・お国に頭が上がらないという、ちょっと情けないキャラ設定。そのギャップがまたいいんですけどね。他に伊賀軍サイドには、のちの石川五右衛門となる文吾、百地三太夫等々、有名ドコロの歴史上の人物が登場。
 対する伊勢軍サイドは、偉大なる父・織田信長の存在に葛藤する敵将・織田信雄。彼に仕える日置大膳等々、伊賀軍と対照的な骨太で勇壮な武将達が登場して対比の妙を感じさせます。

 そんなバラエティに富んだキャラクター達を随所に散りばめて繰り広げられる伊賀国を舞台にした攻防戦なんですが……実は序盤から中盤にかけてがちょっと読んでいてキツかった。史実に忠実になるあまり、解説的・説明的な記述ばかりが目立って、なかなかキャラクター達に感情移入できず。が、しかし!! 伊賀の「敵を欺くには、まず味方から」という凝りまくった戦術がわかりかけた終盤から、俄然面白くなりましたね~。
 特にクライマックスの伊賀VS伊勢の戦闘シーンが秀逸! 特に伊賀から脱出しようとする無門がお国の心情を思い量って、金に弱い伊賀者達を名器・小茄子で釣って窮地に立った伊賀国に加勢に向かうという展開がね、なんとも痛快! さらに無門と大膳との迫力の一騎打ちも読ませるし。

 プラス、高貴な出自である妻・お国を愛するあまり、彼女の言うがままにならざるを得ない無門がなんともいじらしい。その彼の原動力がすべてお国であるというのも、ある意味面白い設定ではあるかなと。ただ、欲を言えば、もっとお互いの絆・愛情の描写があれば、ラストの悲劇的結末もさらに効果的だったかな~と。

 計算しつくされた歴史エンタメという感強し。ただ、自分的にちょっとだけ難を言うと、やはり、軽い。読ませどころはたくさんあるけれど、人間の心情描写が弱い気がしました。特に女性キャラの描写がね。もしかして、作者サン女性描くの苦手なのかな~? と思ってしまったし。お国も、キャラ的には面白いけれど、類型的。ちと、ココロに訴えかけるような人物ではなかったなあ……というのが唯一残念だった。

 やっぱ自分ごひいきの柴錬(柴田錬三郎)や山風(山田風太郎)と比べてしまうんだよな~。いかん、いかんとは思いつつも。エンタメ性+本格派という点では、この作者サン、往年の時代モノ大作家の作風に一番近いのでは? と自分的に思っているので、いつか必ず偉大なる先人達を凌ぐ作品を読んでみたいですし、期待値大の作家サンでもありますね!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 和田竜
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 塩枝
私も気になっていた作家さんなので感想興味深く読ませていただきました^^
歴史モノ、おもしろそうです
ただ歴史モノって基礎知識必要なのがむずかしいんですよね

すみませんが、私のブログも本の感想や好きな音楽とかの記事かいてるんですが相互リンクいたしませんか?

Re: 塩枝 様☆ * by 惺
はじめまして!
> 私も気になっていた作家さんなので感想興味深く読ませていただきました^^
和田竜、人気ですよね~。
やっぱ登場するキャラが魅力的なのが良いですね!

> 歴史モノ、おもしろそうです
> ただ歴史モノって基礎知識必要なのがむずかしいんですよね
ホントです。
知らなくても読めるのだろうけど、なかなか理解しにくいし。
ある程度知識あった方が、より楽しく読めるのかなあ?

> すみませんが、私のブログも本の感想や好きな音楽とかの記事かいてるんですが相互リンクいたしませんか?
こんなブログで良ければ、どうぞヨロシクお願いいたします。
ご訪問ありがとうございました!

しのび~~~ * by 道楽猫
しのびと聞くと目がらんらんと輝きます。
歴史モノは敷居が高いけど、エンタメ作品なら楽に読めますね。
見つけたら読んでみます。
ご紹介ありがとう♪

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは☆
> しのびと聞くと目がらんらんと輝きます。
わかるわかる~。自分的に「しのび萌え~」です。

> 歴史モノは敷居が高いけど、エンタメ作品なら楽に読めますね。
本格時代小説はとてもとてもムズカシイけど、ホント、エンタメ系は楽しめます。
この作者サン、どのハナシも結構面白くて読みやすいですよん☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。