07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-22 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2000/11)
ダン シモンズ

商品詳細を見る

 面白いです!! が、ものすごい長編なので読むのが辛いです。とりあえずBOOKデータベースより内容。

28世紀、宇宙に進出した人類を統べる連邦政府を震撼させる事態が発生した!
時を超越する殺戮者シュライクを封じこめた謎の遺跡―古来より辺境の惑星ハイペリオンに存在し、人々の畏怖と信仰を集める“時間の墓標”が開きはじめたというのだ。
時を同じくして、宇宙の蛮族アウスターがハイペリオンへ大挙侵攻を開始。連邦は敵よりも早く“時間の墓標”の謎を解明すべく、七人の男女をハイペリオンへと送りだしたが…。

 この作品、
 ハイペリオン・ハイペリオンの没落・エンディミオン・エンディミオンの覚醒 
 と続く4部作なんですね。自分が今回読んだのは、初っ端のハイペリオン。しかも上巻のみなので、壮大なスケールの作品全体としてはまだまだ序盤もいいところです。 が、自分的に掴みはOKでした。

 辺境惑星ハイペリオンを巡って、原住民の信仰の源である<時間の墓標>の異変と、宇宙の蛮族・アウスターがハイペリオンへの侵攻を開始する。その<時間の墓標>の異変を阻止し、アウスターから連邦政府の移民を救出するべく、7人の巡礼者がハイペリオンへと赴く── という内容なんですが。自分のあらすじいい加減です。違っていたらゴメンなさい。
 で、上巻はその選ばれた7人の紹介と、それぞれが巡礼に参加するまでの経緯や意図・動機を語る展開となってます。その選ばれた7人というのも個性的。

 元ハイペリオンの領事、司祭ルナール・ホイト、連邦軍の元隊員フィドマーン・カッサード、詩人マーティン・サイリーナス、学者ソル・ワイントラウブ、探偵ブローン・レイミア、修道士にして宇宙船の船長ヘット・マスティーン の7人。

 この彼等がハイペリオン行きの動機を語ってゆく……という導入部からして引き込まれましたね。上巻では、司祭ルナール・ホイト、連邦軍の元隊員フィドマーン・カッサード、詩人マーティン・サイリーナスの3人まで。それぞれのエピソードがまったく趣向が違い、独立した短篇のよう。連作短編集と言ってよいのかも。
 ルナールのエピソードは一種の幻想譚のよう。フィドマーン・カッサードはある意味戦記モノ。マーティン・サイリーナスはホラーあるいはミステリーなのかなあ? 
 それぞれ語り口も変えてかなり凝ってます。共通するアイテムは惑星ハイペリオンとそこに存在する神出鬼没の殺戮者・シュライク。

 ハイペリオンとは一体どんな惑星なのか? そこに秘められた秘密とは? 7人は無事に<時間の墓標>の謎を解明することができるのか? などなど、SFでありながら、ミステリー要素も併せ持っていて、ものすごく面白い。今後の展開に期待しますが、いかんせん、驚異的な長編!!
 自分はまったく知らなかったのですが、ジョン・キーツの物語詩が元ネタである模様。さらに巡礼一人一人に語らせるという手法は「カンタベリー物語」のオマージュであるとのこと。→ウィキより。
 なので、これらの作品を知っているとさらに面白く読めるのかも。

 果たして自分は読みとおすことができるのか? 非常に微妙ですが、とりあえず下巻までは読了頑張ります!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : ダン・シモンズ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

こんですー * by チルネコ
おぉ~文庫で上巻だけ読むって手もありますね!んで、先が気になって下巻も・・・って都合いいかな?(笑)僕のは全部単行本なので、なかなかの鈍器本なのです^^;;;これは惺さんに読了してもらって評価を参考に僕も・・・・(←セコイw)

Re: チルネコ様☆ * by 惺
> おぉ~文庫で上巻だけ読むって手もありますね!んで、先が気になって下巻も・・・って都合いいかな?(笑)
調子乗って上下巻借りたら意外と手強い相手と判明e-263
でも面白いので早く下巻読みたいんですよ~!

>これは惺さんに読了してもらって評価を参考に僕も・・・・(←セコイw)
ひぇ~!! 自分の評価はまったくアテになりませ~ん!!
どっちかというと、チルネコさんのこの作品の本格書評を読みたいです☆

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。