09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-05-08 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

七つの人形の恋物語 (角川文庫)七つの人形の恋物語 (角川文庫)
(2008/08/23)
ポール・ギャリコ

商品詳細を見る

 初・ギャリコ。以前ラノベの「“文学少女”と死にたがりの道化」でこの作家がチラッと登場していて、気になってました。先日本屋に行ったらちょうど文庫があったので、即購入。もうもう、感動の嵐!! 買って正解な1冊でした!! 以下文庫裏表紙よりあらすじ。

お金も仕事も失った孤独な少女ムーシュは、言葉を話す七つの人形と出会い、謎めいた一座の長キャプテン・コックと旅と舞台を共にすることに。
人形という存在を通して二人の間に芽生える深く純粋な愛の物語を、ストーリーテラーとしての抜群の才能で描いた表題作に加え、著者の名声を国際的にゆるぎないものにした名作「スノーグース」を、矢川澄子による静謐で感受性豊かな名翻訳で贈る、ギャリコ・ファン必携の豪華版。

 個人的に感じた収録の2作品に共通するテーマは純愛と本質を見抜くココロかなと。
 まずは「スノーグース」
 せむしで左手に障碍を持つ孤独な男・ラヤダーと少女との、スノーグースを介した純愛譚。
 初めはラヤダーのことを恐れていた少女も、恐ろしい外見とは真逆の、心優しく慈愛に満ちた彼の人柄に接してゆくうちに、次第に心を許してゆく。けれど穏やかな交流続ける2人に、戦争の足音がひたひたと近づいてくる……。

 自分の分身である「スノーグース」を介して少女との絆を深めてゆくラヤダー。成長してゆく少女にほのかな恋心を抱くけれど、自分の障碍を思うと告白などもってのほか。そして迫りくる戦争の足音。戦地にいる自国の兵士のために自分を犠牲にする献身的なラヤダーの生き様がなんとも男らしい!
 そしてラヤダーを失って初めて自分が彼を愛していたことを知る少女。愛を知った少女はもはや子供ではなく、ひとりの大人の女性へと成長していた……という、成長譚も絡めたある意味ファンタジックな悲劇。自分の過酷な境遇を悲観することなく、悔いることなく生を全うしたラヤダーの生き様と少女に捧げる哀しい純愛に涙。

 そして「七つの人形の恋物語」
 こちらも純粋な少女ムーシュと冷酷な男キャプテン・コックとの愛憎劇。
 職もお金も無く、将来に悲観したムーシュ。自殺をしようとするが、ひょんなことからとある人形劇団と行動を共にすることとなる。そこには7体の個性豊かな人形が絶えずムーシュに語りかけ、彼女の傷ついた心を癒してくれる。その人形と彼女の交流がそのまま人形劇となって世間に好評を博し、その人気は不動のものとなる。
 が、座長のキャプテン・コックは非道な性格の持ち主。ムーシュに対して言葉の暴力から果ては性的暴力にまで及んでしまう。それでも行き場の無いムーシュは、人形達に励まされ癒されながら、必死に生きてゆく。

 ムーシュを励ます7体の人形達がまたユニークで出色のキャラ!その人形達とムーシュの交流がとっても心温まる。キャプテン・コックに虐げられたと知るや、人形達はさらに優しく彼女をいたわる。そんな健気なやりとりが読んでいてついほろりとさせられてしまう。
 けれど、その人形達を操っていたのは一体誰なのか? ある時ムーシュはふと気付く。それは紛れも無い自分を虐待したキャプテン・コックに他ならないのだと。

 紆余曲折あって、ラスト、その真実を知ったムーシュの混乱が手に取るように辛く、痛い。そして幼少時の過酷な生い立ちのため、自分の感情に素直になれず屈折した性格(二重人格?)のキャプテン・コック。その彼の愛情を知るムーシュの心の変遷が見事に描写されていて唸ります。
 さまざまな個性を持つ癒しと愛情に満ちた人形達は、すなわちキャプテン・コックが併せ持つさまざまな一面であると同時に、彼の本質でもあり、人形を介して陰ながら自分を愛していてくれたのだと知るムーシュ。真の愛情を知り、彼を救おうと手を差し伸べる、子供から大人へと変わるムーシュの畳みかけるような心理描写も見事です。
 ある意味、人間の多面性を描いた作品かと。そこはかとなくファンタジックな作風で読ませます!

 そして、ギャリコ作品がこんなに面白いなんて! 思いがけずこのような小説に出逢えるので、やっぱり読書はやめられないです。
 あーあ、またもえらい長い(ウザい)駄文になっちゃったよ~! ここまでお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
関連記事
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ポール・ギャリコ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

こんですー^^ * by チルネコ
僕もこれ読みましたー。でももうスッポリ記憶から抜け落ちちゃってますが^^;;;でもギャリコはやっぱりジェニイとか猫語の~とか面白いものも多いですよね^^

Re: チルネコ様☆ * by 惺
こんばんは☆
> 僕もこれ読みましたー。でももうスッポリ記憶から抜け落ちちゃってますが^^;;;でもギャリコはやっぱりジェニイとか猫語の~とか面白いものも多いですよね^^
ギャリコ、面白すぎました。
作風がちょっと女子向き? と思ってしまいましたが。
他にもまだまだたくさん面白い作品あるんですね!
チルネコさんおススメの作品もいずれ挑戦したいです!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。